2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年7月17日 (火)

そばのさと 長野県茅野市

長野にお伺いするなら・・

多少の無理をしてでもお伺いしたいお店

(遠回りしてでもお伺いしたいと思うぐらい)

P_20180708_123207_vhdr_auto_hp

諏訪ICで降りるので 関東からの方がとても近い

20台以上は停められる駐車場には 他府県が90% 関東方面が80%と

わざわざ 来られたらしいお客で 満員

P_20180708_121018_vhdr_auto


製粉の仕方で 大きく2種類に

先ずは どうづき

P_20180708_122058_vhdr_auto


P_20180708_122108_vhdr_auto

あらきりそばとどうづきを並べる 上の部分があらきり

P_20180708_122341_vhdr_auto


本日のみか? 大きな見た目の差はない

細い為か 水が切れていない 柔らかい食感

大混雑の為か 前回までのイメージとは違う感じ(汗)

やはり 混雑回避は必要

2018年7月14日 (土)

そば処 松晶 石川県小松市

長野の北部に車の時

中央道か北陸道かは 大した時間の差はないのです。

再訪したいお店の一つ

http://karajiru.web.fc2.com/sobaya-hokuriku-fukuiishikawa.html

自家製粉 ヌキミ 粗挽きと全てが揃っている

信州蕎麦とか 福井おろし蕎麦とかいう風に 決まりごとが無い分

独自に進化した蕎麦屋が多いと感じる。

お店のカードには

「石臼粗挽手打十割」と書かれています。

P_20180710_111813_vhdr_auto


蕎麦は 三産地から選べる(えちぜん ほっかい にっこう)

ただ 産地だけで どんな蕎麦かは 未確認

食べ比べたいところであるが・・当方の お腹の具合で

えちぜん産の鴨汁(鴨南蛮 つゆは温 蕎麦は温、冷選べる)

P_20180710_111937_vhdr_auto

P_20180710_112527_vhdr_auto


P_20180710_112539_vhdr_auto

大きな粒は見えないが 全体に粗挽き感がある。

多少 太い目というところ・・

次回は 3種類頼むぞ!


2018年7月12日 (木)

山の実(石臼挽き蕎麦香房 山の実) 長野県下高井郡

竜王スキーパークの ゲレンデ内で グリーンシーズンのみ営業のお店

P_20180709_113109_vhdr_auto

HPによりますと 土日の営業(+金曜とか+月曜とか)

http://hdayi.com/yamanomi/info.html

営業時間を外せば 電話で 蕎麦の予約が可能

遠くからお伺いするときは大変助かる

山の実というセットを頼む

下の写真でほとんど情報がわかる

P_20180709_113820_vhdr_auto

P_20180709_114411_vhdr_auto_hp


P_20180709_114830_vhdr_auto


六角のお箸 販売もあり

P_20180709_113953_vhdr_auto

P_20180709_115026_vhdr_auto


P_20180709_115825_vhdr_auto

細く長く角が立ちこりこり感の強い仕上がり

もっと粗挽きと思っていたのだが・・・

蕎麦の好みは 人それぞれだが お勧めしても 誰からも怒られないお店


P_20180709_115828_vhdr_auto


P_20180709_114407_vhdr_auto

蕎麦ピザ

P_20180709_122048_vhdr_auto


自家栽培もある

完全自家製粉をご主人一人で蕎麦打ちまで対応

超がつく本格派

やっと お伺いできました。

・・

雲海がみられるかも?のテラスにも行きました。

P_20180709_124916_vhdr_auto_hp_2

2018年7月 3日 (火)

土山人 天神 大阪市北区 天神橋筋商店街2丁目

自宅周辺を担当している心算なので

新店については お伺いしておきたい。

天神橋筋商店街の2丁目辺り 天満宮の西側に この6月に開店

最近は 食べログ(価格com)を公式情報と登録する店が増えて

大きく情報が違ってることは無くなりつつある。

・・・公式情報の場合 編集はできない。

何時ものように・・禁煙かどうかが訪問の分かれ目

分煙と書かれていたので・・お伺いする気はなかった

しかし、記事に 完全禁煙なるものを発見 やっとかと、、、

土山人は 分煙、禁煙席ありなどが多く  完全禁煙は 天満橋店 有馬店 のみとなっていたと思っているが 全て訪問したわけではない。

私の記憶は 良く間違うが(汗) タイヤガイドには グルマンの北浜が 禁煙マークがついていたようだが・・??価格com公式は分煙。

伺うと、確かに 灰皿は無いし 臭いもない

P_20180702_133246


お店の厨房の男性に聞くと 

昼は禁煙 夜は 座敷や奥のテーブルは喫煙可能の分煙との事

キッチリ分かれている訳ではない。

入口に 蕎麦打ち場と 電動石臼が見える

気を取り直して

どれもも生酒 風の森 ( 秋津穂の限定品?) 

P_20180702_134115

クリームチーズ味噌漬け

鴨せいろ 粗挽きで

そばがきもあったが 粗挽はないそうです。

・・・

チエーン展開ながらも 蕎麦は本格的

一品とか セットメニューも豊富なので

不思議な仕組みが出来上がっている。

ネタが尽きたら カンブリア宮殿でも

・・・

P_20180702_135043


P_20180702_135046

久しぶりなので お箸ももらう

P_20180702_151415

竹で先が蕎麦を掴みやすい

江戸東京蕎麦の会の同門の 笑日志も同じですね

・・・

という事で 何事も 自分で確認しないといけない

情報で動くと 授業料を払うことになる

人の言うことを 信じない 嫌な人にならないといけない((笑))

私の情報も いい加減なので 最後は ご自身で確認ください。

2018年6月30日 (土)

2018年6月の蕎麦       好きな事嫌いな事

人それぞれ好きな事嫌いな事があって

好きな人には 嫌いな人の気持ちはわからない

嫌いな人には 好きな人の気持ちはわからない

・・

遠出の時のランチ

自家製粉 二八蕎麦

P_20180607_111652_vhdr_auto


P_20180607_111656_vhdr_auto

横山大観展の無料入場券をゲット

三条通り 白川沿いに北へ

 (桝富さんの隣 行かなくてすみません

  最近は ランチタイム禁煙化と聞いています・・・)

自家製粉 十割(多分機械?)

P_20180628_113346

白川の見えるテラス席もある

P_20180628_111004


P_20180628_111616

・・・・

冒頭の文章に続き

予約の取れないとか よーいドンの和食の店には

懐具合と 

食べきれない量、

好き嫌いが激しい、

海老にアレルギー、

野菜に有難さを感じないなどの理由で 

お伺いすることはありません。

が、ご招待は喜んで 承ります。

・・・

煙草が嫌いで 

お酒は ほとんど飲めませんが好き

関西人は 阪神が好き?とか 視聴率が取れるとかの理由で

ニュースや ワイドショーで取り扱われますが 偏りすぎていると思います。

・・・

人それぞれ好きな事嫌いな事があって

好きな人には 嫌いな人の気持ちはわからない

嫌いな人には 好きな人の気持ちはわからない

・・・

蕎麦が第一番に好きではなく 牛肉や蟹となれば

何を置いてもと、言う感じです。

2018年6月 7日 (木)

荒凡夫 大阪市中央区

大阪市内の中でも 比較的 訪問に時間のかからないお店

手挽き粗挽き十割と日本酒を目当てに訪問している。

また、席の予約はできないが 蕎麦の取り置きをお願いできる。

ゆえに 売り切れです!の・・心配がない。

カウンターのみのお店で 現在は お一人の営業 満席の時には

順番的に 時間がかかる時がある。

開店前は 立ち飲み屋が営業していた場所。

蕎麦屋として設計されていないため、蕎麦打ち場は無い。

よって、奥まったところで 開店前に 電動石臼を回したり

テーブルで 蕎麦打ちをしたり 蕎麦の実の袋などが置かれたままとなっている。

・・

今回、お話では

製粉や、蕎麦打ちに別の場所を物色中とか

帰宅後 勝手に想像すると

その デッドプレースに 座席を置けそうだと気づく

上手くいけば 席数が倍増化が可能と思われる。

別の場所の経費がプラスされる分を増えた場所がカバーする。

ただ、場所が増えたら 一人では難しいかも (笑)(笑)(笑)

人員が増えれば メニューも増やせるから・・売り上げも上がる。

・・・

本日のお酒は

P_20180603_130242_vhdr_auto


P_20180603_130428_vhdr_auto

本日のみ 少し変わった肴

P_20180603_130635_vhdr_auto


P_20180603_134501_vhdr_auto

蕎麦は 何時もの 手挽き粗挽き十割 もちろんヌキミである


2018年6月 3日 (日)

蕎麦 市のせ 滋賀県甲賀市

情報としてお伝えしておきます。

・・・

昨年、秋ごろ

「生粉打 作美」が 甲賀市市役所甲南資庁舎の近くに移転

完全予約制のお店となっています。

・・

今年の2月 その跡地に 新しい蕎麦屋が開店

自家製粉で十割、粗挽きもある。車でしか行けないが・・新店は見ておきたい。

P_20180601_111556_vhdr_auto

P_20180601_111934_vhdr_auto


こんな形で 受付がされます。

札をとって なおかつ、記名する。

席は3席、 テーブル4x2 囲炉裏端(2-4)x1 こちらも希望可。

札は 12までしかないが・・終われば閉店なのでしょうか??

開店10分ぐらい前に到着、もうすぐ開けますので・・と

また、開店を 車までお知らせいただきました。(感謝)

P_20180601_112130_vhdr_auto

メニュー写真は FB参照ください。

https://www.facebook.com/soba.ichinose

駐車場に面した蕎麦打ち場に

P_20180601_111755_vhdr_auto


100Vから400Vに変換のインバーターと、 ギヤモーター 元は手挽き臼だっ物を電動化した 電動石臼(FBの映像あり)

・・甲賀市に眠っていたいつの時代か分からない石臼を、自分で目立てし、

  電動で回るようモーターでリメイクしました。と、、

P_20180601_111702_vhdr_auto

セットのみのメニュー構成、雪・月・花

花と単品 炙り鯖寿司、そばがきを注文

P_20180601_111650_vhdr_auto

そばがきがどんな粉か?聞いたら、ご主人が来られて、

細切りは北海道、粗挽きは 福井と広島のブレンド

そばがきは 広島ではあるが 細かい粉との事

粗挽きをご希望でしたら・・粗挽き粉で作りますとの嬉しいお言葉

メニューに無いので・・ご注意ください。

P_20180601_113230_vhdr_auto


P_20180601_113430_vhdr_auto


季節の蕎麦に変更可能で 当日 梅おろし蕎麦

P_20180601_114020_vhdr_auto


P_20180601_113833_vhdr_auto


P_20180601_114025_vhdr_auto


P_20180601_114649_vhdr_auto

卵ぐらいの大きさ 大きなヌキミの割れも入って

温かいつゆも添えられていた。

P_20180601_115440_vhdr_auto

粗挽きがお好きなんですか?

・・微粉は何処にでもありますから

・・作美さんの弟子?

お手伝いしたことがあります。

元は 料理人という 若いご主人と奥様のお店です。

2018年5月31日 (木)

手打ち蕎麦 藤村 京都市山科区

前出 玄太さんで聞いた蕎麦屋さんに

P_20180528_124550_vhdr_auto

店舗前に駐車場があります。

JR、京阪電車の山科から バス(昼間40分に1本ぐらい)10分

不定休との表示だが 食べログを公式ページとして休日は表示されている。

P_20180528_121650_vhdr_auto

主に福井産を使用

・・

はじめての訪問に際してはどんな蕎麦屋か?どんな蕎麦かを知ってから行きたい。

蕎麦屋めぐりは巡礼だから・・苦難を伴うことを恐れてはいけないが

情報があれば 容易い。

巡礼される方々にも出来るだけの情報をアップ期待しています。

・・

蕎麦打ち場が無いが

石臼はケースに収められている。これは嬉しい。

・・

ディスプレーかどうかは知らないが・・・

むき出しで 店舗に石臼がある感覚は私には理解できない

食品を扱うという自覚が乏しいお店である。

スペースの関係か よく見かける。

名前を挙げると。。〇X蕎麦屋などなど多数。。

仮に蕎麦打ち場があっても 恐ろしく汚れて居たり。。

・・

P_20180528_121655_vhdr_auto

自家製粉で十割

冷たい蕎麦は 「田舎そば」と書かれている。

(江戸二八蕎麦以外は 全て田舎蕎麦と言う場合もあり)

鬼皮を剥く方法が無くて 玄そばごと石臼で挽いたことから

玄挽きを田舎そばと考えている。

一時在籍されていた 「じん六」の 田舎そば(粗挽き)の表示があったあたりから来ているのかもと 想像したが???

私的には ヌキミの粗挽き十割蕎麦である。

P_20180528_120646_vhdr_auto

挽きぐるみ(玄そばから石臼で 鬼皮を取り除きながら製粉)は 温蕎麦用となっている。

私の理解では 玄挽き十割蕎麦となる。

P_20180528_121414_vhdr_auto

ざるセットには ざる(850)+50で 豪華なおかずがつくので

これを肴に一杯 後でそばをもらう。

にしんも 「じん六」から

・・

先人が アップしてくれていた写真が注文に役立った。


P_20180528_114710_vhdr_auto

特に 酒のメニューが無かったので

カウンターの空き瓶から注文

私はわかりませんが 

これを見てピンときた方は 本当に日本酒通

・・・ご主人の地元の酒がラインナップ 

貴、五橋がお勧めとの事

私 大失敗で 聞いたことのあるお酒 東洋美人とした。

最初に聞いたら良かった。

カウンターと小上がりの店なので、迷惑ない程度に

ご主人とは話せる。


P_20180528_120339_vhdr_auto

それなりに 粗挽き(写真ではわからない=ごめん!)

百の言葉より 一枚の写真が 真相を示すと思ってはいるが 上手く撮れてないことが 少なからずあるのです(汗)

篩わずに 全て使うので メッシュはわからないとか

粗挽き度には 不満があるが・・

大きなくくりでは 私の理想の「十割無篩無玄蕎麦」となる。

玄が入らない=無玄=ヌキミ

無篩=挽いた粉を全部使う=挽きぱなし

http://soba-ishiusu.cocolog-nifty.com/alog/2017/06/post-a846.html

P_20170616_110255_1_vhdr_auto_r

・・

以前、もっと粗挽きであったが つながりと長さ、口当たり、

蕎麦つゆと食べるバランスで 現在の粗さとなったと

しっかりとした蕎麦打ちの考えをお持ちです。

写真に粗挽き感が出ていなくてすみません。↓

P_20180528_120903_vhdr_auto

追加で

温蕎麦用の 挽きぐるみを ざるとしていただく

無論、最初から ざるで選択も出来ますので

温蕎麦に適している粉で 蕎麦と言えば 黒い点が見えるという

一般的蕎麦らしい?イメージかも

蕎麦の好みは好き好き イメージもそれぞれ 蕎麦屋は 蕎麦が売れてなんぼ

期待としては わざわざ蕎麦を食べに来てくれる お客が増えて来れば あるいは蕎麦も、

蕎麦のお好きな方々の訪問を期待しています。

本日、

・・私以外の 3組5名は ランチ客でした


P_20180528_121828_vhdr_auto

・・・

店主の思う蕎麦を出す、客が望む蕎麦を出す。

対立している様に思える二者のバランスは 最終的に 客次第だ!

2018年5月28日 (月)

生粉打ち蕎麦 玄太 京都市伏見区

再訪予定のある蕎麦屋 約20軒余りの中ので

私の最寄り駅から 一番近いお店

駅に拘っているのは 所謂 蕎麦前を楽しむため

最寄り駅から 80-90分というと どうしても足が遠のく

60分以内のお店は 再訪予定の中の 約半分余り

卵が先か鶏が先か 行きやすい店が 再訪予定の店となりやすい。

私の気持ちでは 車でしか行けないお店は 更に足が遠のく

それでもというお店は 旅行としてお伺いするお店となります。

旅行的に 2-3度お伺いしているお店もあるが 稀有なお店だと感じます。

・・

どんな 日本酒があるか?と、思ったら 生ビール始めましたと・・・

確かに暑い

P_20180518_113530_vhdr_auto

肴は 自家製の板わさ 半分食べたところ

P_20180518_113907_vhdr_auto


P_20180518_114701_vhdr_auto

酒酒という割に 余り量は飲めないので グラス(豊香)

P_20180518_120219_vhdr_auto


手挽きは 100%の玄挽きとなったので

機械挽きの ほぼヌキミの蕎麦で

本日、師匠筋からの 福井産蕎麦の実

久しぶりの 福井産だ!

P_20180518_121047_vhdr_auto


P_20180518_121332_vhdr_auto

・・・

新規開店のお店の情報を頂いた。

とは言え、約1年前に開店の 自家製粉 十割のお店とか

電車、バスで 約60分ぐらいと 通いやすいお店だ!

最寄り駅からだと 15分ぐらい歩く。

お伺いしなければ・・・

2018年5月22日 (火)

〇☓蕎麦屋 

20181

お店の落書き帳

蕎麦打ち場とか 石臼が 粉などで 「コテコテ」でした。

・・・・

・・・・

TVなどでの お店の紹介ビデオをよくみるが

☆の店でさえ 店主、従業員、厨房、外観など 見るに堪えない汚さがあったりと、

飲食店として・・・・

«きみなみ 奈良市