2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017年3月21日 (火)

荒凡夫 大阪市中央区 西天満 + コーヒー店

粗挽きをお願いしておいて、開店時刻を目指したが

京阪電車の事故により 一駅手前の天満橋から 歩くことに・・遠い!

本日の計画は 軽く 蕎麦を食べた後は

お腹を減らすため歩いて

西梅田の ラーメンバトルに参加と思っていました

http://ramen-battle.com/

・・

三人一組が行列中 一席空いていたので 了解を得て もぐりこむ

7席あったつもりが 6席となっているようです?

こちらでは レアな日本酒が ある時無い時

私のお気に入りは まず他所でお目にかからない 而今がある

P_20170320_120801_vhdr_auto_r

P_20170320_120841_vhdr_auto_r

休日ということもあり わざわざ来店されたお客様は

皆さん寛ぎ中 私が素早く食べても席の回転は望めない

蕎麦屋の空席には 運不運が付きまとう

P_20170320_123124_vhdr_auto_r


P_20170320_123250_vhdr_auto_r

そんなこんなで・・本日は蕎麦のみで終了となりました。

ラーメンバトルは 何とか 後半戦に参加したいところです。

・・

オフィス街ゆえに 休日は空いている店は少ないが

店主が喫煙者で お店の空気の悪い

近くの有名 コーヒー店も 覗いたら客がいない=煙害が少ない?

久しぶりに

P_20170320_131450_vhdr_auto_r

P_20170320_130437_vhdr_auto_r

濃い、苦いものを希望して 抽出を見学

極深煎り 低温(60℃+)でネルドリップの 多分 マンデリン

 

2017年3月13日 (月)

笑日志 大阪市中央区

最近 いろんな蕎麦を打たれている話は 前回の記事にも書きました

P_20170312_113817_vhdr_auto2_r


本日は 「十割 絹挽きせいろ」 「笑日志の更科蕎麦 白せいろ」がラインアップ

通常メニューは 田舎、絹挽き、粗挽き粒せいろであるが・・

それぞれに 十割がある。

他にも 「星せいろ」という 玄挽きをブレンドした蕎麦もあるとのこと

全部で8種類?

お伺いしたら 奥の壁のメニューを 一度は見たいものだ。

・・

更科蕎麦の 白せいろと 粒せいろを注文

P_20170312_114207_vhdr_auto_r


サミットで有名になった 作+房島屋

たたみいわし

P_20170312_120115_vhdr_auto_r


P_20170312_120809_vhdr_auto_r


P_20170312_120813_vhdr_auto_r


お忙しいので、更科粉の秘密は聞くことが出来ませんでした。(汗)

定番の粗挽き粒せいろ↓

P_20170312_121315_vhdr_auto_r

本日もごちそう様でした。

2017年3月11日 (土)

そばカフェ ぐりんでる 長野県松本市

1月にも前を通ったが・・お休み

1年に一度は行かないと、何かカレンダーが消えない感じ。

・・冬は 不定休ということなので ご注意ください!

移転開店から3年半が過ぎて 3度目の冬が 来年も健康ならまた来ますとご挨拶して帰りました。

P_20170306_125554_vhdr_auto_r


ぐりんでるの蕎麦は 地元奈川在来の蕎麦の実を手挽きして居られます。

P_20170306_130017_vhdr_auto_r


あらびき蕎麦がき 黒=玄挽き

P_20170306_131209_vhdr_auto_r


P_20170306_132136_vhdr_auto_r


P_20170306_132145_vhdr_auto_r

P_20170306_130010_vhdr_auto_r


P_20170306_131808_vhdr_auto_r

もう食べすぎ感は否めないが・・

手作りケーキもたまには食べておきたい

次回は カレーなども

大雪や大雨や強風など スキーが出来ない時には

いつか おたずねしようと思いますが、幸い そんな日がありません。


P_20170306_130901_vhdr_auto_r


P_20170306_133530_vhdr_auto_r

P_20170306_133417_vhdr_auto_r


P_20170306_133410_vhdr_auto_r

今年も ごちそう様でした。



2017年3月 1日 (水)

2017年2月の蕎麦

1月新規開店

教室の校長が訪問されていたので・・ブログをみて訪問

P_20170203_132049_vhdr_auto2_r

今、得ている情報では 手打ち二八蕎麦 粉は購入とか

一般受けしそうな感じがする。

・・・・・・

・・・・・・

毎度おなじみ

P_20170205_134532_vhdr_auto2_r


P_20170205_134547_vhdr_auto_r

P_20170205_131016_vhdr_auto2_r


P_20170205_131023_vhdr_auto2_r

無濾過なので少し濁る!曰く 白い沈殿物

P_20170205_131917_vhdr_auto2_r


P_20170205_131925_vhdr_auto2_r


2017年2月26日 (日)

十割蕎麦 坊主bar一休 滋賀県長浜市高月

一度、聞いたら忘れられない名前です。

ググルと 「坊主bar」という名前のお店は結構あるのに驚き!

昨年、現役?のお寺さんが始められた 十割蕎麦のお店

FBによりますと 地元の蕎麦(当日虎姫産)を 実抜き(ヌキミにする)ところからの

完全自家製とのこと

https://ja-jp.facebook.com/ikkyu.bar/

お寺の都合で臨時休業があるとのことなので 電話にて確認

蕎麦の取り置きはOKだが 席の予約はできないとのことでした。

場所は 北陸本線 JR高月駅のすぐ前の ご亭主が セルフビルドされたとのウッディな外観

電車は 昼間 1時間に一本、朝夕2-3本

北陸道 木ノ本から15分ぐらい

P_20170225_122546_vhdr_auto_r


P_20170225_114201_vhdr_auto_r


当日は カウンター5席 テーブル席4x3 椅子はあるので もう少し収容可能

P_20170225_113735_vhdr_auto_r


P_20170225_113908_vhdr_auto_r


蕎麦掻や 丼物もあります

配膳後 食べ方や 玄や抜きの粉のサンプルで 蕎麦粉の説明がありますが

最後は 早く食べてとの 少し矛盾したご案内(笑)

玄挽きもヌキミも 60メッシュの微粉

P_20170225_120819_vhdr_auto_r

蕎麦の実ごはんがつきます

細い目の綺麗な切りそろえ 皿に直接盛られている

水切りが良くされている関係か 少し蕎麦同士が引付いていた部分がありました。


P_20170225_121235_vhdr_auto_r

P_20170225_121241_vhdr_auto_r


ヌキミは 完全に抜いてないようで 多少 鬼皮の黒いところが残り、混じります。

P_20170225_114319_vhdr_auto_r

メニューの裏面には 十割を 「とわり」と書かれていますが

説明や電話では 「じゅうわり」といわれていました。

・・

開店の少し後に到着 先客2組、後客2組、帰るころには

待ち客1組、駐車場には 三重や岐阜の車が・・

2017年2月 6日 (月)

今年も変わらず・・

昨年 暮れに書いていた記事を投稿です。

・傾向・・・

リピート訪問が多い(分別が進んでいる)

新規開店のお店の見学(巡礼) ・・訪問時と状況が変わった時

旅の途中に訪問(昼ごはん)

味の良い悪いは書いても仕方がない(ご自身で確認くださいor想像して!)

=記事があっても美味しいとは限らない(汗)

自分中心主義で・・・混雑や 予約など 訪問にハードルがある場合は 避ける傾向、遠いのも難しい、営業日がはっきりしないでは行けないのでは、、

蕎麦が優れていることを第一と考える (蕎麦屋なら蕎麦が大事)

蕎麦+食事のレストラン的なお店でも 究極 蕎麦がどうか?です。

・・蕎麦についての考え方(個人の感想)

・・どんな蕎麦屋をするか どんな蕎麦屋に行くかは 店主、客の勝手

蕎麦屋めぐりから得た美味しい蕎麦の ヌキミの粗挽き を探す(二八 微粉は避けたい)

自家製粉以外のお店には行く必要を感じてない(蕎麦を第一と考えている。 蕎麦もある食堂、居酒屋なら訪問に値しない)

下調べで 蕎麦の切りそろえが悪ければ行かない。訪問して 出てきた蕎麦の切りそろえが悪ければ 再訪しないとする=ダメな店とする。(ガイドにある店、古い店でも意外と多い) 蕎麦打ちの技術は 蕎麦の味に大きな影響を与える。 技術のない蕎麦屋に 美味しい蕎麦は打てないとキッパリ言える。

コストパホーマンスの考えは 趣味の食べ物蕎麦にはありません。最初からCPが最悪の食べ物です。

・・・百年の恋も冷める

店内のディスプレーがホコリだらけ、

店の外は 草だらけ、暖簾は汚れ、

店主店員の衣服は 何時洗ったのだろうか?

雑誌やTVに出た時、見たくない物が映ります。(通常、見えないところも映す)

・・某寿司桶に黒カビのようなシミがあったのには驚いた!

・・エアコンのカビもよく見ます

・・厨房機器が汚れています

=味も大事だが 見た目も! まずは衛生的でなくては

・・・

何時も通りの主張が続いただけでした。(汗)

そんな 自己中心的な 頑固な考えで 書いていることを ご承知くださいませ。

感じた事を ありのままに書いて お店の営業妨害になるのも 心苦しい

でも 感じた事を書かないと 記事の意味もないとも思う。

さてさて、

でも、まず、行かないと始まらないのです。

2017年1月29日 (日)

ももも 長野県駒ケ根市

昼には松本到着の予定が

高速の予期せぬ渋滞で 13時ごろやっと駒ケ根

予定していた蕎麦屋さんには何とか営業時間内に通ったが

本日休業との看板でした。旅には そんな事も・・・

P_20170123_131452_vhdr_auto2_r

何時ものように自家製粉十割を探して巡礼も

こちらは ご主人の主義で二八蕎麦

HPによりますと とてもリーズナブルな価格の 

栃木県益子の蕎麦屋さんが手掛ける

電動石臼が2台映っていた。 直接 拝見もしたいところ

http://momomo.grupo.jp/

厨房にあるのだろうか 石臼は見えなかった。

P_20170123_125956_vhdr_auto2_r

蕎麦の実のつけたれ

P_20170123_125906_vhdr_auto2_r


P_20170123_130112_vhdr_auto2_r


P_20170123_130029_vhdr_auto2_r


P_20170123_130602_vhdr_auto2_r

つけたれ完成

ほんの少し粗挽き感がある蕎麦

小盛の150gで 注文・・通常イメージしている1人前はあります。


P_20170123_130226_vhdr_auto2_r


P_20170123_130347_vhdr_auto_r

甘いだしまきもセットされる そばの実のつけたれは別料金なので 通常のつゆもいただける。


P_20170123_130352_vhdr_auto2_r

一般的に 長野の蕎麦は 微粉の玄挽きで太い目、自家製粉はしていない、

なおかつ、乱切りであるが・・・ 

幸い 大きく違うタイプの蕎麦で、

HPで調べていたから 承知してはいました。(笑)

・・・・

1月は 多分 前出の ABCと こちらの 2軒のみとなるようだ。







2017年1月17日 (火)

笑日志 大阪市中央区

新年蕎麦屋はじめはこちら

ご主人とお知り合いの蕎麦屋さんからのお誘いを受けて訪問

一言二言以外で初めてお話が聞けました。

ブログも見ていただいているとのこと、

多少は 影響も与えているらしい(汗)

・・当然、お話は オフレコです。・・久しぶりに蕎麦が打ちたくなりました。(笑)

幸いにも

細切りの十割 粒せいろがほぼ定番化

私が一番美味しいと考えている ヌキミの粗挽きを可能な限り細く切った蕎麦

この蕎麦が出来てから 訪問三回目も 粒せいろの食べ比べです

粒せいろ(15%のつなぎ有)少し太い目と おかわりで 粒せいろ十割 細切り

P_20170116_113753_vhdr_auto_r

P_20170116_114401_vhdr_auto_r

下は 同行者の 三色蕎麦の中の 田舎

P_20170116_114029_vhdr_auto_r

他にも 十割の絹せいろ、更科など 本日は6種類も蕎麦があります。

色々と食べる為には またまた お伺いしなければならないが・・

なんと贅沢な蕎麦屋さんなのか~!!

2016年12月25日 (日)

2016年12月の蕎麦

先ずは 蕎麦の切りそろえと 水切りが・・・

・・・名前は出せない(笑)・・・記事はありません

皆様の評価が高いのは 蕎麦以外の部分だと思うこととする。

・・・・・・

切りそろえも最低だが 2種類の蕎麦が混じっていた。

P_20161207_192506_vhdr_auto_r

P_20161207_192552_vhdr_auto_r

・・

大きなざる目を水がふさいで 蕎麦が浮いています。

P_20161209_134734_vhdr_auto_r


・・・・

・・・・

昼のみ禁煙とか?・・ゆえに 何年ぶりかで・・

粗挽きの蕎麦掻が久しぶりに食べたい。

P_20161209_125030_vhdr_auto_r


P_20161209_125918_vhdr_auto_r


P_20161209_125408_vhdr_auto_r


P_20161209_125221_vhdr_auto_r

本日の お蕎麦(十食限定) 粗挽き太切り


P_20161209_130402_vhdr_auto_r

・・・

2016年12月24日 (土)

荒凡夫 大阪市中央区

今年最後の蕎麦はやはりこちら

・・お隣は ☆一つの TVでもおなじみの 喜多川

P_20161222_132241_vhdr_auto_r


大晦日は 予約制の特別営業・・・だが・・予約満席らしい(汗)

正月は 2日から営業と。。。 ご主人曰く 私暇なので・・

P_20161222_134509_vhdr_auto_r

にごり酒 生

P_20161222_134517_vhdr_auto_r

年末の お酒のラインアップは ツイッター参照

P_20161222_134814_vhdr_auto_r


P_20161222_134809_vhdr_auto_r

本日 粗挽きだが 太きり

久しぶりに 顎が痛い


P_20161222_141441_vhdr_auto_r


P_20161222_141438_vhdr_auto_r


P_20161222_141444_vhdr_auto_r

では

«無国籍蕎麦会席 拓朗亭 京都府亀岡市