2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 店主と顧客 | トップページ | 蕎麦屋と言って良いのか »

2011年12月23日 (金)

千角 京都東山 十割もありました

Dsc_0021

まだまだ 紅葉が綺麗な京都です

今月になって5軒目の蕎麦屋訪問

最近は行きつくした感と書くべきことが見つからない、書けないお店が多い

大概、通り道や他の目的のついでが多いですね

昼と夜とで一品のメニューが違うので 二回目は夜にと考えていましたが 同じ地区の 三文銭が どうも昼の営業を止めたようなので、四条に行った時は こちらになるのかも知れません

先日のTV 矛盾にて 山口県『獺祭』の社長が

自然水と 浄水器を通した水道水を見抜くと言う企画があって

香りで判ったという凄さに驚いたのですが・・

(万一、見抜けなかったら・・お店には大打撃があったかも)

その獺祭のしぼりたてのポスターが目に入った

Dsc_0008

何か有り難味が違うわけではないが・・

Dsc_0011

不思議においしく思えた(笑)

肴に困っていると

これも出来ますと・・

Dsc_0007


好物牡蠣のおすすめが有りました

Dsc_0014


変に塩辛くなく 可也の個数が有ってお徳感がありました

寒い間 ずっーーとメニューにあると良いのですが・・

海老とか揚げ物が もう一つ好きではない私には嬉しい

Dsc_0009


放射性物質検査に合格したの文言が今時風です

十割もありますとのご案内

メニューに定番化されているわけでは無いので

有る時、無いときが有るのかも知れませんが

Dsc_0017

Dsc_0018_2


兎も角 綺麗な角のある そして短いものが無い

素晴らしい出来栄え

此処に来ると ミシュランの蕎麦屋が なんなの?と思えてしまいます。(笑)

Dsc_0012

夜の営業はなくなりますが・・ずーーっと営業

確かに 八坂神社の近くで お客が望めます

京都のお正月は店が開いて居ないか 開いていても特別メニューの場合が多いので ありがたい

この写真の下のほうには 粗挽きそばなので 家庭では茹でられないから 年越し蕎麦の販売は有りませんとの事

拘りが感じられて またまた 嬉しくなりました。

弐になってはじめての蕎麦屋の記事になりましたcoldsweats01

« 店主と顧客 | トップページ | 蕎麦屋と言って良いのか »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/43475882

この記事へのトラックバック一覧です: 千角 京都東山 十割もありました:

« 店主と顧客 | トップページ | 蕎麦屋と言って良いのか »