2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« みたに 滋賀県長浜市 土日訪問 | トップページ | 和 大阪柏原市 十割粗挽き田舎も・・ »

2012年2月16日 (木)

鴨鍋つけ麺 蕎麦でつゆが冷めない仕組みで鴨鍋蕎麦の提案

0215_090

手打ちそばではありますが ラーメンの領域

少し我慢して 読んで頂きたい→アイデアをいただきましょう(汗)

0215_068

各テーブルに IHのクッキングヒーターが埋め込まれています。

日本蕎麦屋では 鴨汁蕎麦、鴨せいろなどは

蕎麦は冷たいが つゆは温かい

蕎麦を何度かつゆにつけると だんだん鴨汁は冷たくなります

大きな入れ物でつゆが冷めないようにされていますが・・

こちらのラーメン店では つゆを 何時でも温められます

0215_074

尚且つ 鴨などの具材は 自分で調理

0215_072

ネギ、きのこは最初から 鴨は薄切りと言うこともあり しゃぶしゃぶとどうぞとのご案内

0215_085

IH器具の位置が テーブルの中央なので 少し食べ難い

つゆの容器は 鉄製、多分韓国料理のビビンバなどの容器ではないかと思われます。

0215_078

麺の量が多いので 確かにすぐに つゆが冷たくなる

鴨汁蕎麦好きとしては 是非 こんな仕組みで 鴨汁蕎麦を提供していただきたい。

具材を増やして、鴨鍋で一杯、「お声がかり」で 蕎麦を出していただければ

少し豪華な 鴨汁→鴨鍋蕎麦と成るのでは・・・

誰か 日本蕎麦に置き換えてみてくださいませ。。。

・・

〆は 雑炊かフランスパン

0215_088

チーズが載せてあって 味は濃くなってしまっていますが、美味

鴨鍋つけ麺が@880+パン@150

スープの味は 魚介系の濃厚な味で 流石にラーメンは・・満足感が最高です。

去年末 鴨汁の 投じる蕎麦を 年越しそば としたが・・

Dsc_0044_20111231_183824_1299x1038

« みたに 滋賀県長浜市 土日訪問 | トップページ | 和 大阪柏原市 十割粗挽き田舎も・・ »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
新しいブログがわからなくて伺うのに時間がかかりました。

私は基本はもり蕎麦なのですが、鴨汁蕎麦も一度だけいただいたことがあります。
そのときに感じたのが、まさにこの記事の通りで、半分ぐらいから汁がぬるくなってしまって、熱くもなく冷たくもないと言う中途半端な状態のお蕎麦を頂くことになってしまったからです。
この後は蕎麦は無しで鴨汁だけいただくようになりました。

この暖めながらいただくことができるというアイデアは良いと思います。
これなら再度頼んで見ようかなと思います。

こんばんは お手数をおかけしました。
こちらで 気楽にやっています。

鴨の味が溶け込んだつゆが美味しいのと、鴨の調理で お店の実力がわかるので
メニューにあれば 頼むことが多いです。・・単に鴨好きといわれています(汗)

最初 鴨鍋的に楽しんで 鴨汁蕎麦 追加で蕎麦を頼んで 鴨南蛮と
つゆを温める仕組みがあれば より料理として素晴らしいと考えました。

客に 調理を ゆだねてしまう事の危険もあると思いますが

・・・最近 蕎麦屋に行かれてないので・・・一寸さびしいです。
記事 楽しみにしていますので よろしく

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/44142199

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨鍋つけ麺 蕎麦でつゆが冷めない仕組みで鴨鍋蕎麦の提案:

« みたに 滋賀県長浜市 土日訪問 | トップページ | 和 大阪柏原市 十割粗挽き田舎も・・ »