2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

和 大阪柏原市  関係の無い未確認情報

少し前から噂で聞いていた話・・・未確認ですが

蔦屋移転の話(大阪 谷町 ミシュラン店)

 もう解体工事が始まっていたらしい

  郊外に移転とか? 何処でしょう?

仁王門 稜(そば) 奈良県当麻寺門前

  閉店・・理由はご存知の方も多いかと思います

  現在は 薬庵と名前を変えて 違うオーナーがよく似た蕎麦で営業

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

さて、本題の訪問記

20120627_124009

20120627_124849


山山葵で

当日の蕎麦と エージング蕎麦を食べ比べ

福井と大野の産地の違いがありました

20120627_134047

めじかとかつおのつゆと・・

手前 昆布中心のつゆ(返しが濃い) 

濃度がだいぶ違う分

4日目の においが 減らされて、その分味に甘みが増やされる効果が有るようだ。(=当日的蕎麦の香りでない全く違うにおいであった)

20120627_134301


薬味のネギも山葵も使わないので 代わりに二種のつゆをいただいた。

20120627_135107

4日目の蕎麦も 冷蔵庫で保存の間に 一度でも しっかり空気に触れるか触れさせるかで 風味が違うらしい

同じ日付のものを 茹でる時に 残りが空気に触れてしまうという時の違いだろうか?

中々 微妙で なんとも不思議な エージング蕎麦の世界

2012年6月14日 (木)

オーセンティック蕎麦 六香(ロッカ) 大阪堺市 本格的?

オーセンティック蕎麦 勝手に翻訳すれば 本格蕎麦という意味か?

石臼挽き 自家製粉 手打ち 禁煙 本格的な蕎麦屋としての条件をそろえている 営業も通し営業

惜しむらくは 蕎麦は二八らしい

店の前に駐車場のある店舗仕様の建物

20120613_132035

店の入り口には 電動石臼 奥には ガラス張りの蕎麦打ち場

小上がりもあるが テーブル席も

少し違和感の 

20120613_125942


詳しくないので ここはスルー

20120613_125911


蕎麦屋らしい一品もあり 昼は ご飯などとセットにも出来るようだ

20120613_125938


卵焼きハーフ

その後は お酒か 鴨焼きを注文予定であるが

・・・

20120613_130535


この時点で 考え直して 

ウーン、・・・、。。。、蕎麦へ

20120613_131339

20120613_131342_3


比較的綺麗で 鴨汁用に貝のスプーンの心使いも嬉しい

確かに 蕎麦は本格的?かも・・・

2012年6月10日 (日)

からに 大阪福島 蕎麦の味で客を呼ぶ

梅田に行くと 近くに蕎麦屋が無い

蕎麦屋が無い事は無いのだが 本格的な蕎麦屋が無い

本格的な蕎麦屋とは 蕎麦の味で客を呼ぶ店のことだろうか?

詳しく説明は出来ないが 私が行ってみたい店が梅田周辺には無い事は事実

JR環状線で一駅の福島駅から徒歩10分ぐらいと乗り越せば大きく時間的なロスは無い。

やはり少しでも歩くと ビールが恋しい

20120604_112354

奇抜な 天井画も 最近は気にならない

よく見ると 文字というか言葉の書かれていた(新発見)

蕎麦屋であれば 蕎麦以外に特に必要としない。

名前も覚え難いの 何か目印があるのもよいかも

もう何年もあるのに 訪れるたびに 意識する

20120604_113334

引き戸に向いて座ると 逆光になる

20120604_113337_3


本日、しいて言えば 切りそろえが雑

こちら↓↓の方が やはり からにでは食べたい

これは 天笑系列 ひいては 凡愚系にいえることかも

 

20120604_113800

お酒を一杯 蕎麦を一枚 究極の蕎麦屋的楽しみがある。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »