2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 和 (大阪柏原市)閉店  市内に移転情報? | トップページ | 斐川 大阪池田市 石橋駅 極(GOKU)粗挽き »

2012年8月31日 (金)

蕎麦見世 のあみ 大阪池田市 手挽きせいろは極あらひき

0822soba_014


阪急宝塚線 池田駅前を少し路地へ入るとすぐ

蕎麦見せのあみ=蕎麦見せ 『のあみ』 と切る

0822soba_002


当店と表示されているので 手挽きは自家製粉となる

ちらりと 北海道富良野と書かれていた

せいろ、田舎、手挽き、変りそばと 4種類も常時あるようだ

・・・

さて、ここで 考えると

自家製粉が 粉を買うより 十倍製粉において優れている説明は とても簡単です。

逆に 自家製粉でない蕎麦屋は 美味しい蕎麦に拘っていないと ハッキリと言うことが出来ます

更に 自家製粉にも色々あって その方法を 書き始めると 本が書けそう(笑)

その中でも 何故手挽きか?は 説明が大変です。

この蕎麦は手挽きでしか出せない

少量だから 高い電動臼が買えない

手挽きのほうが イメージ的に 良い蕎麦屋と思われる

等々、

ただ、言えるのは 作りたい蕎麦のためには その為の粉つくりが必要だから

その手段は何種類もあるはずで

手挽きだから 必ず美味しい蕎麦が出来るとは 言えない。

0822soba_006

夜は 居酒屋さん風のお店らしいので 生ビールもあり

一品も 昼、夜両方から選択が可能で メニューが豊富なので迷います

鴨の紅茶煮 薬味の 山葵、柚子、ネギのどれを選んでも美味しくいただけた。

1Fは カウンターと 2人がけテーブル3席ぐらいなので 一人だとカウンターになるが しっかりとした ホール担当のお姉さんが 的確な指示と配慮をしてくださるので 非常に 居心地が良い

つくりが 蕎麦屋ではなく 居酒屋風なのが少し残念

0822soba_009


手挽きには 薬味が無くて 塩とつゆだけになっているそうです

0822soba_012

可也細い 極粗挽きであると書かれていたので 肩透かしをくらった

極をつけるのは 一寸 不当な表示かも(汗)・・※個人の感想です。

少し粗挽きの蕎麦は 切り揃え 水切りも完璧で 極細切り

やはり 少し粗挽き程度の 香りと味わいとなってしまう。 

粉の出来で味は左右される。

しかし 最近食べた蕎麦の中では 殆ど100点満点

極という言葉から感じた肩透かしの分が減点に感じてしまうけれど

食べやすさと粗挽きを追求すると この辺かも

限定数の場合 当日は作られていなかったり、当然 売り切れのリスクを伴います。

10食限定だから もう少し極粗く 冒険された蕎麦も食べてみたいところ。

・・・※粗挽き好きの個人の感想です。

« 和 (大阪柏原市)閉店  市内に移転情報? | トップページ | 斐川 大阪池田市 石橋駅 極(GOKU)粗挽き »

大阪の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/46895544

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦見世 のあみ 大阪池田市 手挽きせいろは極あらひき:

« 和 (大阪柏原市)閉店  市内に移転情報? | トップページ | 斐川 大阪池田市 石橋駅 極(GOKU)粗挽き »