2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 奈良 薬師寺と唐招提寺の間の蕎麦屋 | トップページ | ミュラー 京都伏見区 信濃1号原種? »

2012年9月 6日 (木)

百夜月 奈良市 手挽き粗挽きバンザイ!

0903_063


ほぼ 2年ぐらいご無沙汰

近鉄奈良駅からすぐの立地からか すでに 4-5回は 訪問しています。

今回 タイミング的に お店が空いていたので ゆっくりしました

0903_065

0903_064

0903_062_2

お酒は ぐい飲みがあるのが嬉しい

鴨のそば粉焼きと 山鶴ぐい飲み

0903_073_2


右端の 竹のお箸が 蕎麦向きで 非常に 蕎麦をつまみやすい

鴨は 少し食べ始めています。 完璧にアルデンテながらも

ある程度の 柔らかさと鴨の味が残っている

返しでの味付けと思われるが 濃い味で 酒がすすむ(汗)

0903_074

塩でもどうぞと・・

0903_076_3

少し太い目 長さと切り揃えは十二分

黒い鬼皮の星は少ない目 

これだけ粗いと 玄挽きだと もっと星が入るはず

ブレンドか 玄がある程度残るヌキミを 手挽きしたのかも知れない?

粗い粒を 可能な限り 長く繋ぐ技術は 二年前より 数段アップしている。

勿論 味が 十二分に残り 塩味で 蕎麦の本来の味も引き出され、

もちもちと かみ締めると 更なる香りと味が 脳天に響く・・・

本日の結論・・・

やはり 粗挽き度の高い蕎麦には 美味しいところが 溢れてくる.

« 奈良 薬師寺と唐招提寺の間の蕎麦屋 | トップページ | ミュラー 京都伏見区 信濃1号原種? »

奈良の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/46950389

この記事へのトラックバック一覧です: 百夜月 奈良市 手挽き粗挽きバンザイ!:

« 奈良 薬師寺と唐招提寺の間の蕎麦屋 | トップページ | ミュラー 京都伏見区 信濃1号原種? »