2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 百夜月 奈良市 手挽き粗挽きバンザイ! | トップページ | 蕎麦切りmasa 大阪本町(靭公園)  時間とともに »

2012年9月 7日 (金)

ミュラー 京都伏見区 信濃1号原種?

お買い物の帰り お伺いしました。

本日、中休みの時間帯に 蕎麦打ちを習いに来られている方が居られるとか

大分 進んできて 今日は 10割の玄挽きの粗挽きの太打ち

最初に手本を見せられるとの事なので その時間を待っていると、

すぐ近くの 蕎麦屋さん 京の四季のご主人が用事で来店

(今年から ミュラーでも 他人任せながら 蕎麦の栽培を手がけるらしい・・)

京都の美山で大々的に蕎麦を栽培されている 京の四季さんに どんな蕎麦の品種かと聞いたら 京都大学に保存されていた 信濃1号の原種を もう三年ほど栽培していて 連作して 在来種化を 目指しているとのお話

・・・この蕎麦も味わってみたい

そうこうしているうちに 見本打ちが始まったので 携帯でビデオに撮影

一部 粉作り、篩も見せていただきました。(詳しいことは内緒です)

自分では 玄挽きを最近しないので 一寸 新鮮です。

やはり 上手に 鬼皮を取り除くかが 味を決める様だ。

今回 写真は有りません。

ビデオや写真をPCに転送しようとして 全てボツにしてしまいました(汗)

« 百夜月 奈良市 手挽き粗挽きバンザイ! | トップページ | 蕎麦切りmasa 大阪本町(靭公園)  時間とともに »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/46985310

この記事へのトラックバック一覧です: ミュラー 京都伏見区 信濃1号原種?:

« 百夜月 奈良市 手挽き粗挽きバンザイ! | トップページ | 蕎麦切りmasa 大阪本町(靭公園)  時間とともに »