2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

物味遊山 京都市右京区京北 間違い探し

店名 丹国蕎麦 物遊山

ん! 物遊山と違うのか?

更に 『ものみゆうざん』と言うらしい

物見遊山=ものみうさんという

・・・山に遊び 物を味わう 京から若さへ続く、丹国蕎麦紀行

ご主人の 造語との事。

丹国は にのくにと読んで 丹波地方を表すらしく

亀岡の 丹乃国蕎麦 拓朗亭とは 何も関係ないそうです。

今回 名前と HPを見て訪問

HPの哲学のところ 蕎麦の三タテは出来ていないが努力中の文字が気にいった。 挽き立てを準備中とか。

道の駅 ウッディ京北から 亀岡方面に向かい 初めてのの点滅信号のところで橋の袂です。JRバス 周山駅の南50m付近

1226_001

1226_019


靴を脱いで板間にテーブルが

1226_002

1226_003

産地 栽培者名まで拘られています。

日替わり御膳 ボリュームがありました

1226_013

玄挽きの蕎麦 切り揃えに難があるが 玄の香りがしている。

綿利蕎麦製粉?の粉(玄挽き)は 結構 粗挽きでした。

下の写真は 可也 失敗なので 参考程度に

1226_014

たぬきではなく きつね蕎麦

おだしとキツネの炊き具合が絶妙で美味しかったとのこと

1226_016

最近 開業との事なので 今後の 蕎麦への取り組みに期待

情報を チェックしていきたい。

2012年12月27日 (木)

京蕪庵 京都市右京区 右京区でよいの?

京都市も最初は 上京区と下京区の二つの区から始まったらしい

もともと、洛中は 御所から九条 東と西大路までと 比較的小さくて 今のような大きさでは無かった(今の中京 下京ぐらい)

その後 周辺の村などの 洛外を合併して 区も増えていったとの事

純粋には 京都と言えども ありがたい京都はわずかです。

上賀茂村とか 下鴨村 伏見市 大原村 太秦村 下鳥羽村 等々京都らしい地名は 全部 周辺の村でした。

統合に統合を重ね 最後の統合は 2005年で 桑田郡京北町が 右京区となった。

まさに 今回訪れた所

市内中心からは小一時間車でかかります。

雪が降っていても不思議ではありませんね

1226_031


隣の レストランけいほくと同じ経営者らしい→参照

1226_033


ご主人によると 蕎麦は自家栽培で 製粉は業者に依頼

京北では 余り蕎麦は作られていないそうです。

1226_023

微粉の十割が 綺麗に長く打たれていた

残念ながら 自家栽培のそばが生かされた味にはなっていません。

ありふれた 良くしまった蕎麦で そばの味は薄い。

昨年 開店で まだまだやる気十分に見えるので 今後に期待・・・

市内中心から一時間と言えども 蕎麦つゆは 口に合う薄味でした。

・・名物の

お正月に食べられる 焼き納豆もちもいただきました

1226_029

塩や 甘い蜜をつけて 黄な粉で食べます。


納豆を名物として 町おこし中とかで 

納豆プリンを試食させていただきました。現在、納豆の割合を研究中との事で余り 納豆の味はしませんでしたが 美味しく戴きました。

別席で ちらり見える 天麩羅は山盛りでお得感満載

西の鯖街道だから 鯖寿しも有名らしい

いろんな 甘味もあるようなので 余り蕎麦屋として期待せずに

蕎麦もある お店として 利用できそうです。

雰囲気もいいですよ 下はおくどさん 古い杵つき風の石臼も展示されています。

1226_022

2012年12月26日 (水)

文目堂 大阪市中央区  粗挽きがすすんだ?

以前 大阪地下鉄谷町線は 蕎麦街道だと書いたことがあります

一時は(昨年)には 蕎麦屋でのミシュラン店がひしめいていた

今年度からは 可也 絞られたので・・40%減

参考: 2012年版 文目堂 そば紀行 からに 蔦屋 凡愚 masa 

     たかま  ないわ翁 まき埜 (赤字は2013年度版にも掲載)

14年度版では 更に減るべきだろうと 私は思っている。(?)

蕎麦屋にミシュランは似合わない。

それはさておき・・・

梅田周辺から移動して 良い蕎麦屋を探す時に 非常に便利な 地下鉄線となります。・・・他にも 数店ありますし(月山、きらくなど)

お酒があって 肴もある 居心地が良いお店の一番は ここ文目堂かな?

そうそう 蕎麦掻が美味い

1225_009


すぐに硬くなるのでお早めにと

1225_013


甘皮や 赤いへた 具合の良い粗挽き そもそも、ヌキミなのが良い(汗)

・・・これを食べると 蕎麦の味が 口中に広がる

何故か けち臭く 蕎麦掻は 忙しい時は受けられないとしている店が多い、または、 蕎麦掻を出さない 作れないは 粉に自信のある店なら あってはなりません。

逆に 美味しい粉を作れない店は 蕎麦掻を出さないで欲しい。

と、言う事で ここで 蕎麦掻を食べないのは 大変失礼なお客かも

・・私の家では 同じレベルの粉で(粒度分布)もう少し水を加えて お箸で持ち上げるのがギリギリの柔らかいめに練っています。

1225_004

十旭日 を注文

1225_007_2

1225_008

鴨の塩焼き

1225_014

キツイ目の焼きで ウエルダンながら 薄くスライスされて固さを和らげている。噛み締めると ジュウシーな 鴨の味も出てきます。

そろそろ 蕎麦をお持ちしてもと、

1225_016

結構 粗挽きです。そこいらの 蕎麦屋なら 粗挽きと書かれているかも(ヌキの粗挽きが少ないので 相対的に こんな表現ですが 私には 微粉蕎麦です)

次は 玄挽きの蕎麦です・・

師匠の天笑などは 私の基準では 粗挽きといえないほどに 微粉化されてきているが・・・

こちらでは 今回だけか? 粗挽き度が進んでいる

しかも 細さと長さがあるので 食べやすい

残念ながら 氷で冷やしすぎたのか 口の中で 味が広がるのに難があります。

細いから つゆは辛い必要もなく 食べやすい。 大阪だから?カツオのだしが効いていました。

1225_020

粉が粗いので 角が崩れているのが判りますか?

多くの店が 流行ると 手を抜くのに・・

初回訪問時の記事で 粗挽き度を比べていただければ

文目堂初回記事  その他の文目堂記事

 蕎麦掻も より粗くなってましたね

2012年12月25日 (火)

蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦

最寄駅 京阪電車 淀(京都競馬場で有名)から 徒歩訪問を試みた

約1時間 気温は4-5度ぐらいらしいが 歩くと暑くなる。

開店10分ぐらい前に到着 一台の車が待機中

一寸 待つので 探検 すぐ右手には 安山岩の36cm電動石臼

1224_013


蕎麦打ち場の客席と反対側に製粉室があります。

奥のほうに 皮むき機が見えます

店と同様に綺麗です!

程なく 暖簾が出されて 半袖の白いポロシャツのご主人が

今日は寒いですねと・・招き入れていただく

徒歩なので お酒(英勲)を注文 蕎麦味噌がついてきます

ゆっくりと ご主人の 機械的な動きをも肴にして

カウンターに 片口を戻すと・・

蕎麦茹でましょうか?と

今回 細い目と粗い目を 各1枚ずつなので・・どちらからと聞かれて

最初は 細い目

1224_006

玄挽きなので 黒い鬼皮が混ざる 粉も細かいから 透明感がある

1224_008

ヌキミの粗い目 本日、比較細い目で長いめ(万歳!)

年が変わる実感が余り無いこのごろですが・・・

その季節 季節 押さえておきたい 蕎麦の逸品です。

これを超えるそば=または 甲乙付けがたい蕎麦は 私が知る限り多くはありません。

一年間を通して 膳さんでは 3種類ぐらいの産地の蕎麦が使われます。

勿論 私の狙い目は 本日の産地 福井です。

今年は 週4日営業の最終日が月曜日の大晦日なので 年越し蕎麦も 戴けるようです。

私の気分は もう年越し蕎麦を戴いた と、言うところです。

2012年12月24日 (月)

ミュラー 京都市伏見区  限定酒

竜馬通り商店街 お客様健康応援キャンペーンの チラシに

こちらのお店も 載っています。

やる気の無さと のほほんとした人柄を 上手く表現したイラストで、自称、へなちょこゴルファーのご主人です。

ランチタイムが終わり始めると

のほほん好きの 昼酒と ゴルフの話好きが 沸いてくるみたいです。

1219_013


昨年は 同名のTVドラマで 多少 にぎわった様だが・・・

人は 飽きやすい。

賑わいが無いのは・・・

商店街が悪いのではなく お店に魅力が無いのです。

イベントで人が集まるのは一時で かけた費用ほどの効果は無く

商店街の役員の 自己満足だけでしょうね。m(. .)m

さて、、、、、

今回は 珍しいお酒のお話から

花薫光・・

私が説明するより Netで確認ください。

1219_008

名前の通り 香りが凄い どのように凄いかと言うと

すぐ馬鹿になる人の鼻を 欺くかのように 

杯を手に持つたびに香りが 何度も何度も繰り返し 長く香ります。

日本酒に これほどの香りが必要か?は 議論もあるだろうが

過去に これほどの 香りを知らない

(・・・香る蕎麦が食べたいものだ)

ご主人が 正月用に仕入れたお酒で ついついお酒好きのお客様に提供してしまい もう少しになってしまったとの事でした。

1219_005


やまうに豆腐で 口の中を 何度もリセットして お酒を味わいました。

1219_012


〆は にしん蕎麦が 更に 体を温めてくれた

2012年12月22日 (土)

ブログの嘘 (最近の話題) 参考意見として・・

お店に行って不味いときは・・なんて書きましょう!

不味いと書くとお店に迷惑がかかるのでと言うのは 表向きで。

読んでくれている方の数も少ないから 影響はほぼ無いと思います。

お店や、お店のファンから 逆恨みを受けるのも怖い 

読み手の、読み間違い、 読解力に違いも有るだろう。=中々 真意は伝わらない。

よって、不味いと書かずに 何と無く匂わせるか 味について書かない

又は 全く記事を書かない方法も使っています。

・・・可也、小心者です。

(記事を書かない基準を最近緩めているので、意味の解らない記事が増えているかも等と思っています。)

・・・言い訳としては

自分では 嘘だとは思っていないのです。

見てきた様な嘘でもなく 主観的に そう思った、主観的事実の積み重ねの記事です。

・・・しかし

何度もお伺いしていて 面識もあるなどの場合 

良く書いて欲しいと頼まれることはありませんが 自主規制的に 次回 訪問時に 嫌がれないように それなりに書いたりしたりしています。

幸い、どの方とも 利害関係がない立場に居る心算です。

実は、お酒のサービスとか これ味わってみてとか出される レベルの低い買収に、滅法弱いんです。

読み手が 可笑しい、嘘だ、変だと思われたとしても、故意に主観を変えて 書いていないことを 明言しておきたいと、思います。

  自分の事は棚に上げて置くと 知識不足の勘違い記事や 

  明らかに関係者が書いたと思われる記事もよく発見しています。

以上、その程度のブログなので 惑わされずに 参考意見としてお読みいただきたいと思っています。

・・・・

PS.

お店や 商品に良いことが一杯書いてある記事には 裏があって

ネガティブなことも書かれている記事には 真実も書かれていると思うんですが・・如何でしょうか?

2012年12月15日 (土)

酒と蕎麦 こなから 大阪豊中市 半合のふくらみ・・

こなから=二合五勺だから 私の能力では ちとしんどい。

できれば 『粉から』ですと言う意味ならよいのですが・・・

1213_031


昨年 秋に開業で すぐに訪問記がでて 今は 多くの記事が存在している

阪急豊中駅から またまた googleナビで訪問

ナビが薦める街中を抜けるより 南口から国道を南下して街中に入り込む方がわかりやすい。

何時もコメントを頂いている チヌ太郎氏の記事では 昼間から それなりの肴ができて 一杯やれるとか

店の外には こんなメニューが

1213_010


入り口の 左側の ランチメニューより 日本酒のラインアップがとても気になる。

1213_016

コートなどを掛ける ハンガーラックがあって 冬は便利です。

ほぼ一杯のカウンターに誘導された。

まずは 最近売り出し中の 伏見の蔵 蒼空(そうくう)

お酒の瓶をカウンターに置いてワインのテースティングのような表示をしてくださいます。

呑み終わったころに 板わさと鴨ロース煮

1213_022

1213_023_2

お酒は 十酒(とき) 昭和63年仕込みで 平成24年に瓶詰めの25年もの 恐ろしく 黄色くなって お酢のような色合い 流石に 酸っぱい 

1213_018

女将の寄れば 燗も美味しいとの事 

どのように変るか興味があったが すぐに 飲みきったので 燗の超古酒は次回に

次は 濁り酒 扶桑鶴  濁り酒は良く見るが 純米は少ない

90mlx3で 270ml=一升のこなからではなく 1000ml=1Lのこなから達成(笑)

1213_026

1213_011

1213_013

女将によりますと ご主人は そばよしに居られて独立されたとか

・・・すみませんm(. .)m そばよしという蕎麦屋を知りませんでした。(汗)

肝心の蕎麦は 鴨汁で

二八レベルの 細かい切りの 綺麗な蕎麦

特長は無いけれども 無問題です。・・中々、少ない。。

1213_027

1213_030_2

蕎麦湯用の 蕎麦猪口も頂いて 何とか溢さずに 鴨汁を移せて良かったと、

昼は 完全禁煙ゆえに 昼にお伺いするとしても

これだけの お酒を順番に飲みきるには 10回以上お伺いしなければならない。

当然 お酒は入れ替わるから もっと時間がかかります。

これは 悩ましいお店ができたものだ・・

 

2012年12月14日 (金)

一笑庵 大阪豊中市(服部) 粗引き?は 解りませんでした。

阪急宝塚線 服部 梅田駅から10分余りの乗車

荒引き十割(一日5食限定)が有るとの事

1213_005


荒挽き 粗挽きの蕎麦は良く書かれていますが 粗引きは

変換の間違い?でしょうか。

先人の写真を見る限り 粗いという粉が使われているように見えない

しかし 粗挽き好きを標榜している私的には確かめずには・・

駅から 5分ぐらい 住宅街の中なので 初めてでは探しずらい。

しかし、結局 ios6でも採用しなければならなくなった googleナビなら、いとも簡単にお店まで案内してくれます。ここ1年場所の下調べが不要になって大変 重宝しております。

1213_001


カウンターの一面のみが席になっていて カウンターの中が厨房です。

多くは テーブル席で すでに 地元の常連らしき方々がランチ中

勿論、注文は 粗引き十割

1213_006

蕎麦塩でもどうぞと

1213_009_2

と、言う訳で 微粉で 一部鬼皮が残る田舎そばでした。

昼でもあり また 蕎麦が粗い粉ではありませんから、ご主人にインタビューは 試みませんでした。

2012年12月 8日 (土)

大坪屋彦七 京都市北区 お酒がすすむ

北山まで行ったので・・

今年 6月、新規開店された『手打ちそば 大坪屋彦七』にお伺いした。

富山で同じ名前の蕎麦屋さんを営業されていたそうで、 

東京浅草の蕎上人でお勉強され そのまま 蕎上人にお勤めされていたとか、

今回 生粉打ちを頼んでしまいましたが、きっとヌキミの二八の方が美味しいのではと、反省しております。

Ootubo_038


植物園や資料館などのある北山とおりを 北に3本入った一戸建てのお家の連なる住宅地の一部に 周りとは全く相容れない建物の蕎麦屋が・・

Ootubo_015

・・これまでの 2枚の写真をみて 良くないところが

富山の出身であるかはわかりませんが 富山の珍味とお酒が凄い

Ootubo_016

Ootubo_017


富山の珍味三種盛と お酒

Ootubo_023


Ootubo_020

これは 銀盤大吟醸と 突き出しの 山葵漬け

Ootubo_019

鴨抜き 天抜きが メニュー化されていることに 感動しました(笑)

手が空いていれば 卵焼き 鴨焼きもできるらしい。

その他の 肴はどんな時も可能と。

メニューには無いが 白えびのてんぷらもできるそうです

半合があるので 色々楽しめます お酒は いろんな蕎麦猪口で供されます。 困りますね 沢山のめないのに お酒がすすみます。

Ootubo_021

鴨せいろを 生粉打ちでとお願いすると

冷蔵庫から こんな太い蕎麦で 噛み締めて食べていただくお蕎麦なので

その組み合わせは できませんとのこと

・・・昔 自称 超粗挽きのお店でもいわれました。

鴨汁でも 一杯やりたかったが・・仕方なく 生粉打ちのもりを注文

Ootubo_032

北海道産のそば粉を購入されている

これからは 福井産になって 生粉もヌキミになる予定とか

Ootubo_033

経験の積み重ねを感じるまとまった蕎麦

店舗外のパネルにも書かれて居る様に お一人でされているので 混んでくると こちらは はっきりと 意思を表示して 次をお願いしないと 時間がない時は 客はしんどいかも 

混雑時を外して 北陸の味を楽しむ心算で・・

二八の鴨汁を次回は楽しもう。

奥に座敷が見えるけれど カウンターで ご主人と話せるお店のつくりも お一人なら いいですね。

全部、または一部、客から見える事が 問題を生むかも知れませんね・・・

2012年12月 5日 (水)

じん六 京都市北区  一日だけの情報

3-4年ぶり (私は 蕎麦の評価が低いので)に訪問

少し 骨折が気になって・・・

しかし 嫌われました。(笑)

Ootubo_040


12月7日からは・・ひょっとしたら 杉林オーナー復帰?

2012年12月 3日 (月)

乃田 大阪交野市 行きやすい蕎麦屋でいてほしい。

久しぶりに 枚方に用事があったので・・

より便利な 天笑にと思いましたが 撮影や携帯が禁止と大々的に

謳われるようになって 少し興味が薄れた。

・・・オムレツ風の形に成形された 蕎麦掻が気になるけれど

下手な百の文章より ピンボケの一枚の写真の方が本当の姿を見せると思います。

大きなテーブルに座る(基本相席状態)から 確かに周辺に影響を与える。

客のマナーが悪いのか?お店が 忙しいく満席なのが原因なのか?

卵が先か鶏が先か 本当のところは解りません。

大概 客のマナーが悪くて 規制しなければならない場合が多いとは思いますが 禁止ではなく お願い程度・・電車の中でアナウンスしているみたいに・・最初は 迷惑にならないようにぐらいから はじめるほうが 良いと思います。

アナウンスしても 電車内で 携帯が鳴ることも 自分から電話されるのが ある意味 人間なのではありませんか?(汗)

・・・お願いにも限界があります

色々 規制があるよりも 気分的に行き易い蕎麦屋が良い

天笑では テーブルの仕組み上、客同士の話、暇なときの 奥様と従業員の話の方が問題です。

自分が ズルズルと啜る音は気になりませんが 隣のオヤジのズルズル音は とても五月蝿く思う様に 立場が違うと 感じかたも色々違います。

蕎麦屋で酔っているのを見て 許せたり 嫌に思えたり・・

蕎麦屋は気楽なところで 矢張りミシュランみたいな評価は似合わない。

・・・ ・・・ ・・・

そんな訳で 少し足を伸ばして(もう7-8分電車に乗ります)みました。

Noda_001

鴨が薄切りにしてある為か 柔らかい

つゆは 大阪らしい甘いからいが強い目

何時もの様な何時もの蕎麦屋

何時もの ご主人と何時もの奥様・・

そんな安心感が心地良い

Noda_002_2

師匠筋の じん六さんが 骨折により (営業は続けて居られますが) 御主人はお店に出ておられない件を お尋ねいたしましたら

現在は 製粉作業を主にされていて 12月中にでも復帰したいと言われていたことを お聞きできました。 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »