2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ブログの嘘 (最近の話題) 参考意見として・・ | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦 »

2012年12月24日 (月)

ミュラー 京都市伏見区  限定酒

竜馬通り商店街 お客様健康応援キャンペーンの チラシに

こちらのお店も 載っています。

やる気の無さと のほほんとした人柄を 上手く表現したイラストで、自称、へなちょこゴルファーのご主人です。

ランチタイムが終わり始めると

のほほん好きの 昼酒と ゴルフの話好きが 沸いてくるみたいです。

1219_013


昨年は 同名のTVドラマで 多少 にぎわった様だが・・・

人は 飽きやすい。

賑わいが無いのは・・・

商店街が悪いのではなく お店に魅力が無いのです。

イベントで人が集まるのは一時で かけた費用ほどの効果は無く

商店街の役員の 自己満足だけでしょうね。m(. .)m

さて、、、、、

今回は 珍しいお酒のお話から

花薫光・・

私が説明するより Netで確認ください。

1219_008

名前の通り 香りが凄い どのように凄いかと言うと

すぐ馬鹿になる人の鼻を 欺くかのように 

杯を手に持つたびに香りが 何度も何度も繰り返し 長く香ります。

日本酒に これほどの香りが必要か?は 議論もあるだろうが

過去に これほどの 香りを知らない

(・・・香る蕎麦が食べたいものだ)

ご主人が 正月用に仕入れたお酒で ついついお酒好きのお客様に提供してしまい もう少しになってしまったとの事でした。

1219_005


やまうに豆腐で 口の中を 何度もリセットして お酒を味わいました。

1219_012


〆は にしん蕎麦が 更に 体を温めてくれた

« ブログの嘘 (最近の話題) 参考意見として・・ | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュラー 京都市伏見区  限定酒:

« ブログの嘘 (最近の話題) 参考意見として・・ | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦 »