2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ミュラー 京都市伏見区  限定酒 | トップページ | 文目堂 大阪市中央区  粗挽きがすすんだ? »

2012年12月25日 (火)

蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦

最寄駅 京阪電車 淀(京都競馬場で有名)から 徒歩訪問を試みた

約1時間 気温は4-5度ぐらいらしいが 歩くと暑くなる。

開店10分ぐらい前に到着 一台の車が待機中

一寸 待つので 探検 すぐ右手には 安山岩の36cm電動石臼

1224_013


蕎麦打ち場の客席と反対側に製粉室があります。

奥のほうに 皮むき機が見えます

店と同様に綺麗です!

程なく 暖簾が出されて 半袖の白いポロシャツのご主人が

今日は寒いですねと・・招き入れていただく

徒歩なので お酒(英勲)を注文 蕎麦味噌がついてきます

ゆっくりと ご主人の 機械的な動きをも肴にして

カウンターに 片口を戻すと・・

蕎麦茹でましょうか?と

今回 細い目と粗い目を 各1枚ずつなので・・どちらからと聞かれて

最初は 細い目

1224_006

玄挽きなので 黒い鬼皮が混ざる 粉も細かいから 透明感がある

1224_008

ヌキミの粗い目 本日、比較細い目で長いめ(万歳!)

年が変わる実感が余り無いこのごろですが・・・

その季節 季節 押さえておきたい 蕎麦の逸品です。

これを超えるそば=または 甲乙付けがたい蕎麦は 私が知る限り多くはありません。

一年間を通して 膳さんでは 3種類ぐらいの産地の蕎麦が使われます。

勿論 私の狙い目は 本日の産地 福井です。

今年は 週4日営業の最終日が月曜日の大晦日なので 年越し蕎麦も 戴けるようです。

私の気分は もう年越し蕎麦を戴いた と、言うところです。

« ミュラー 京都市伏見区  限定酒 | トップページ | 文目堂 大阪市中央区  粗挽きがすすんだ? »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/48448836

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 気分は年越し蕎麦:

« ミュラー 京都市伏見区  限定酒 | トップページ | 文目堂 大阪市中央区  粗挽きがすすんだ? »