2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« そばざんまい 荒凡夫 三重県松阪市vsじん六 京都市 結論は決まっていますが・・ | トップページ | 手打ちそば 和 大阪市住吉区 10年経ちました。 »

2013年3月16日 (土)

和豊(WATOH) 大阪北区 極太の玄挽き蕎麦

大阪地裁の北側辺り なにわ翁の近所と言えば 場所がわかり易い

他の方の情報によると 昨年年末に新規開店

自家製粉の玄挽き蕎麦とのこと

細長い店内には カウンター8-9席と 壁側には 2人席が3

ランチタイムで 結構な賑わい

Watoh_016_r

Watoh_010_r_2

後は ランチでご飯物がつくセット品

鴨とまと蕎麦を TVで紹介されているのを見ました。

鴨汁は 夜のみ(時間のかかるものは 昼は出来ないみたい)

Watoh_009_r_2

こちらのメニューは 今(ランチタイム?)は出来ませんと、

ま、オフィース街故に ランチタイムでは 寛ぎを求めるのも無理。 また、店が一品を作る時間も無いと思われます。

聞きませんでしたが お酒のメニューもあるのか無いのか?

喫煙可か禁煙か ご主人が どんな経歴かもわかりません。

11時から22時と通し営業と、店舗カードに書かれていますが

15時から18時は 中休みが出来ている様子 また 変る可能性も・・

で、、、、

食べるのは ざる蕎麦

Watoh_011_r

Watoh_013_r_2

大体 割り箸の一番細い先ぐらの太さで 量も 2人前ぐらいあります

量と太さの狙いどころはわかりませんが

玄挽きの微粉で打った蕎麦で うどん的コシがあって もちもちを超えた歯ごたえ、 つゆをつけて食べる蕎麦としては 食べにくい。

越前おろし蕎麦のイメージかも知れません。

微粉の蕎麦だから 細い蕎麦も十二分に提供可能と思われます。二種類あって良さそう?

反面、ランチでは混雑する場所柄 二種の蕎麦は合理的ではないと思うところもあります。

お店のやり方や蕎麦に色々言っても仕方が無いので

これが このお店の蕎麦ということです。

« そばざんまい 荒凡夫 三重県松阪市vsじん六 京都市 結論は決まっていますが・・ | トップページ | 手打ちそば 和 大阪市住吉区 10年経ちました。 »

大阪の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

あまり私の好みのお蕎麦のようには見えませんが、裁判所の近くなら結構行くことがありますので一度行ってみます。

「うどん的コシがあって もちもちを超えた歯ごたえ」と言うところが気に掛かります。

おはよう御座います。

忙しい時のランチとしては良さそうです。
うどんが 蕎麦の色と蕎麦の味がしていると言えばわかりやすいかも
卵焼きもありません(汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/50779214

この記事へのトラックバック一覧です: 和豊(WATOH) 大阪北区 極太の玄挽き蕎麦:

« そばざんまい 荒凡夫 三重県松阪市vsじん六 京都市 結論は決まっていますが・・ | トップページ | 手打ちそば 和 大阪市住吉区 10年経ちました。 »