2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 玄生(くろき) 大阪池田市 玄挽きそば玄生(くろき) | トップページ | いしだ 大阪市大正区 近くにあって・・ »

2013年8月 4日 (日)

ふくあかり 神戸市東灘区 幸福な時間をあたたかな明かりで

ささやかながらも こうふくなじかんを あたたかなあかりのもと お届けいたします。

阪急神戸線 御影から ロータリーを隔てただけの駅前

ビルの1Fだけれど 和風の入り口と 窓にしている開放感のある面の壁は白く塗られていて お店は 凄く 町並みに溶け込んでいる

731_013_2

ちなみに 御影は 石臼などを 多く作る花崗岩を産したところで ここで産したものを 御影石と称する。今は 何と無く 花崗岩を 御影石という場合も有りますね。

731_014

HPがあるので 何を頼もうか ほぼ決めていたのですが・・限定10食の言葉に負けました。

731_019


先付けの蕎麦豆腐

この時点で 生ビールは終了

・・・

奥様が 富久錦のご令嬢?とかで また ご主人も 一時、蔵のお店 ふく蔵でお仕事をされていたとか?

某氏曰く ふくあかりのメニューと ふく蔵のメニューは 良く似ているとの事です

ただし 蕎麦屋の基本は 土山人仕込みだそうです。

731_020

故に 富久錦のラインナップが凄い

731_022


一杯目は うすにごり 生

二杯目は Fu (フ)=低アルコール純米酒

・・・飲むと癖になりそうな美味しさ! 取り寄せなければ!

731_021

掻き揚げ以外は 予め仕込めるので 提供しやすいと思われます。

カウンター6席の向こうは 厨房なので 客の 食べる速さがよくわかるのだろう。

蕎麦をの声を掛ける必要も無く 良いタイミングで 蕎麦が出た。

混んできて 長居する雰囲気でなくなってきたが・・

もう少し 変わった酒を飲みたい気分だったので・・できれば 蕎麦の提供については聞いて欲しかったような・・

731_024


731_025

見慣れた 土山人系の 玄挽とヌキミ

本来 玄挽は 粗挽なはずであるが・・最近の馳走侘助(土山人)よりは 粗い目の部分が多いけれど

・・・

最近は 土山人系以外の蕎麦屋店でもいえることだが、だんだんと 微粉化して 太さも 口あたりも ヌキミと変わらない傾向になっているようだ。

一般的なお店では 二八、九一、十割の蕎麦の種類と 玄とヌキの材料の違いが 組み合わせられる訳ですが ほとんどが微粉なため 食べ手にとっては 大きな違いを見いだせない(大きな味の違いがない)

ま、色の違いぐらいは感じられますよ。。。。

こんな傾向なら よくできた機械打ちや 乾麺で十二分です。これなら 切り揃えの難も出ませんね(笑)

自家製粉、手打ちの意味をもう一度考えて戴けるとありがたい

色々 努力しても 美味しい蕎麦が出せるかは 異なる問題点でもあります。

« 玄生(くろき) 大阪池田市 玄挽きそば玄生(くろき) | トップページ | いしだ 大阪市大正区 近くにあって・・ »

兵庫の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/52695299

この記事へのトラックバック一覧です: ふくあかり 神戸市東灘区 幸福な時間をあたたかな明かりで:

« 玄生(くろき) 大阪池田市 玄挽きそば玄生(くろき) | トップページ | いしだ 大阪市大正区 近くにあって・・ »