2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

薬庵 奈良県葛城市(當麻寺) 甘い玄挽き

一年前ぐらいに訪問

もっと 訪問できたはずですが・・意欲は強かったが・・どうも 京都からは遠い

暑さも 一服したので

Yz_002


當麻寺の門 見難いが左の電柱あたりがお店です

Yz_003


Yz_004


2名から要予約で夜のコースが出来ていました。(右側)

Yz_008

大根に蕎麦味噌

歩くと ビールが飲みたい。

Yz_010

蕎麦徳利の口が掛けている?。


Yz_011

見難いですが 金接ぎ施されていた。

蕎麦のタイミングを見計らっていただいた様で タイミングよく登場

可也 細い目に切られていて 口どけも良い

一口 食べると 蕎麦なのに甘い

Yz_017

勿論 味も濃い

何か テクニックを感じるが・・秘密はわからない。

最近は しらみつぶし的に 未訪問のお店を訪問して ある程度消しこみが出来ました。

これからは 新店の情報以外は ぐるぐるお気に入りを周ることになると思います。

残念ながら

箕面の 大久庵 よしかわ 京都三条 たくみやが閉店など

また、先日開店したばかりの 『京都 なかじん流 鴨音』が閉店され 元のなかじんに戻るなど

目まぐるしい移り変わりも有った。

ぐるぐるまわるお店も減ったり増えたり やはり、行ける時に 行っておかなければと、思う。

予備校先生のギャグのように 今でしょう!というのは 本当ですね。

2013年9月13日 (金)

芦屋川 むら玄 芦屋市 最近はやりの秘境蕎麦

芦屋市から有馬に抜ける 芦有道路の 芦屋側入り口あたり

芦屋市というには山の中(地名も奥地と言う)=秘境です

コシノ ヒロコさんの ご主人のお店ということで、有馬温泉のむら玄の兄弟店です。

芦屋川のむら玄では オーナーが蕎麦を打って居られるとの噂です?

正しくない場合があるので 他人には言わないでください(汗)

Muragen_062

大きな敷地に テラス席もあり 場所柄 車でしか無理なので駐車場も広い

左手の建物には

Muragen_058


Muragen_057

抜き機もある製粉室と蕎麦打ち場

流石に 綺麗に整理、掃除がされていて ミシュランもうなずける。

・・・整理 整頓 清掃が行き届いていなくても ミシュランはいただけます(笑)

  うなずいて戴ける方も居られると思います。

・・・喫煙可でも いただけます

高い天井 ゆったりとした席が30席以上 4人2人のテーブルのほかに 8ぐらいの大テーブルもあります。

花番さんも手馴れた感じで サービスが行き届いていますね

Muragen_045


Muragen_048


Muragen_051


Muragen_052

蕎麦については 普通以上だが 特に コメントが出来るレベルではありません。

・・・なかなか 普通も少ない 

特に 駄目だしする必要もありません

蕎麦湯とつゆのマッチングが良かったのが記憶に残る。

卵焼きも よい仕事がされています(当たり前なのですが 一度 卵汁を濾してあります)

プロの仕事がされていると認定できます。

Muragen_054

落ち着いた雰囲気、それなりにマナーをお持ちの客に見える方々、、、ほぼリピーターかな?

私だけが 写真を撮ったり キョロキョロしていました。すみません。 

2013年9月 5日 (木)

蔦谷 大阪市中央区 谷六 普通に流れて落ち着いた時間

移転の噂があって 移転前に訪問しようとしたのが1年前 噂は噂?でした。

近くに用事があって この周辺だと 文目堂 月山 きらく 雷屋・・と迷います。

Tutaya_014

最近 周辺が開発されてきていて このイメージのお店も周辺に少なくなってきました。

私的・・・蔦谷定食

ビールorお酒 豆皿 鯖寿司 蕎麦

手挽きの玄挽きが無くなって寂しいが もう少し客が減らないと難しいのかな?

本日 鯖寿司が欠品

Tutaya_015

だだ茶豆 ○Xさんのお豆腐とか 説明をしていただいて

Tutaya_017_2

ビールがおわったので 秋鹿 山

Tutaya_018

何時ものように 猪口は10種類ぐらいから選択

花番さんの目が良く届いていて 

お茶だし 蕎麦だし 傘の管理など 心地よいサービス

Tutaya_019

Tutaya_026

多少 粗挽き感があるも 綺麗な蕎麦

席は 待ち客が出来て来ましたが 再訪の方々の様子で

食べている客 待っている客の両方にも 落ち着いた時間が流れているように 思えた。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »