2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 芦屋川 むら玄 芦屋市 最近はやりの秘境蕎麦 | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 開店即売り切れ »

2013年9月30日 (月)

薬庵 奈良県葛城市(當麻寺) 甘い玄挽き

一年前ぐらいに訪問

もっと 訪問できたはずですが・・意欲は強かったが・・どうも 京都からは遠い

暑さも 一服したので

Yz_002


當麻寺の門 見難いが左の電柱あたりがお店です

Yz_003


Yz_004


2名から要予約で夜のコースが出来ていました。(右側)

Yz_008

大根に蕎麦味噌

歩くと ビールが飲みたい。

Yz_010

蕎麦徳利の口が掛けている?。


Yz_011

見難いですが 金接ぎ施されていた。

蕎麦のタイミングを見計らっていただいた様で タイミングよく登場

可也 細い目に切られていて 口どけも良い

一口 食べると 蕎麦なのに甘い

Yz_017

勿論 味も濃い

何か テクニックを感じるが・・秘密はわからない。

最近は しらみつぶし的に 未訪問のお店を訪問して ある程度消しこみが出来ました。

これからは 新店の情報以外は ぐるぐるお気に入りを周ることになると思います。

残念ながら

箕面の 大久庵 よしかわ 京都三条 たくみやが閉店など

また、先日開店したばかりの 『京都 なかじん流 鴨音』が閉店され 元のなかじんに戻るなど

目まぐるしい移り変わりも有った。

ぐるぐるまわるお店も減ったり増えたり やはり、行ける時に 行っておかなければと、思う。

予備校先生のギャグのように 今でしょう!というのは 本当ですね。

« 芦屋川 むら玄 芦屋市 最近はやりの秘境蕎麦 | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 開店即売り切れ »

奈良の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

膳はすぐに売り切れですね。

そんなことだと要ってみようと言う気がなかなか出ないですね。
せっかく行って売り切れは避けたいですからね。


大久庵 よしかわ 京都三条 たくみやが閉店ですか?
なかじん復活ですか。
なんだか回転が早いですね。
最近はあまり行けていないのですが、なかじんなら行ってみたいですね。

確かに 蕎麦を食べるハードルが高すぎます。
ラーメンなら並べば 必ず食べられますもの・・

割烹 なかじんが リノベーションで 今年5月蕎麦メインの「鴨音」開店→9月末閉店しました。

新しく 京都 なかじんとして 以前の 割烹なかじんに戻る予定とのこと。
詳細は判りませんが 鴨音で出していた お弟子さんの蕎麦を食べられるかも

数年前の 蕎麦屋のなかじんの復活は やはり ご主人 そばアレルギーのため無理な様子です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/53433349

この記事へのトラックバック一覧です: 薬庵 奈良県葛城市(當麻寺) 甘い玄挽き:

« 芦屋川 むら玄 芦屋市 最近はやりの秘境蕎麦 | トップページ | 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 開店即売り切れ »