2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« そば切り 荒凡夫 三重県松阪市 順番 | トップページ | 手打ちそば ながいけ 静岡県藤枝市 粗挽き蕎麦 蕎麦打ちの技法 »

2013年10月 7日 (月)

そば切り 玄山 静岡市駿河区 ご自慢の手挽きせいろ

何かの蕎麦屋さんの HPにリンクされていた。

しっかりした HPがありました。

58歳の時に 早期退職 

年間 300食の蕎麦を食べ ご自宅兼お店で開店とかで

特に 師匠筋はないとのこと

趣味が高じてという=高いレベルで高じてしまった 嬉しいお店です。

Shizu_038

靴を脱いで 板間にテーブルというスタイル

余計な飾りなども少なくて きれいなお店です。

食べ歩くことで 蕎麦以外の 蕎麦屋の体裁についても 見てこられたから・・か?

茨城産を 農家から 年間契約で仕入れておられます。

純粋種であること 色々な常陸秋そばが混じらないから

ただ 年による 出来不出来を 感じることがあるそうです。

Shizu_049

Shizu_041

こちらも 予約が可能だったので ヌキミ好きの私は 粗挽き十割せいろを予約

Shizu_044

折角のブランド鴨も 解凍の問題があるようです。

Shizu_053
返しの効いた 甘くない卵焼き 半分食べてしまいました。

Shizu_054

すぐに出来ます イカの三升漬

Shizu_051
国香 純米

Shizu_055

そろそろお蕎麦ということで

Shizu_056

手挽き 

まず 11メッシュで 鬼皮を取り

再度 挽いて 三種類に篩い分け 夫々の粒度の粉を 秘密の 配合でブレンド

Shizu_057

比較的 鬼皮がよく取られていて 透明感が強い

細く 長い切りも 素晴らしい


Shizu_062

粗挽きというには 問題が・・

本日のみ ヌキミの落とし込み量を失敗とかで 基本 少し粗い程度の

普通の 十割そばとなったとのこと。

これを 食べに来たのにという 気持ちは抑えておきました(汗)

自分の美味しいと思われる蕎麦を出されているのであろう。

粉から 道具から 一通りの蕎麦談義をお聞きすることが出来ました。

« そば切り 荒凡夫 三重県松阪市 順番 | トップページ | 手打ちそば ながいけ 静岡県藤枝市 粗挽き蕎麦 蕎麦打ちの技法 »

静岡の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/53502240

この記事へのトラックバック一覧です: そば切り 玄山 静岡市駿河区 ご自慢の手挽きせいろ:

« そば切り 荒凡夫 三重県松阪市 順番 | トップページ | 手打ちそば ながいけ 静岡県藤枝市 粗挽き蕎麦 蕎麦打ちの技法 »