2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« そば切り 玄山 静岡市駿河区 ご自慢の手挽きせいろ | トップページ | そば切り ながいけ 静岡県藤枝市 超粗挽き蕎麦 »

2013年10月 8日 (火)

手打ちそば ながいけ 静岡県藤枝市 粗挽き蕎麦 蕎麦打ちの技法

粗挽き三兄弟に 究極の 超粗挽き が完成いたしました

私的には ながいけ流』と名付けたい

Shizu_100

DVDが発売されます。11月ごろ予定。

付属します 冊子(解説)の目次の一部です。

映像作家の ご子息がプロディユースとか

Shizu_099

そこいらの 粗挽きなら・・裸足で逃げ出すほど

使われた粉は こんなものです。

Shizu_079


こんな 粗い部分(ほぼ実のまま)も 全て蕎麦にしてまう・・・ げ!

蕎麦の麵線の直径を超えているから そこから切れて 長くならないはず

切る前の 延した状態の蕎麦の一部

Shizu_094

厚さはキッカリ2mm

2mmを超える粒も 含んでいます。

まず 長い蕎麦は無理です。そう感じます。理屈はそうでしょう?。

簡単なダイジェストは

完璧な水回しが出来たら ながいけ流で 切れない麵体に仕上げていく

包丁で切って 何とか40cmから50cmの長さを維持する。(折り返しで切れない)

編集前の DVD映像を 拝見させていただきました。

2009年2月初訪問時に たまたま 見せていただいた ながいけ流蕎麦打ちに 更に工夫が加わり進化していた。

明日からは 私も ながいけさんと同じ蕎麦が打てる事となりました。

・・・そんなんで 打てたら苦労はしません(笑)

ある程度の 技術(たとえば、1kg以上の二八蕎麦が問題なく打てる)を お持ちの方には 2日間の指導を 有料で 実施する予定もあるそうです。

関西にも 出張でデモンストレーションをしていただければと思いますが

詳しくは 11月以降の HPを参照

そのころには 太野氏の周辺からもアナウンスがあると思われます。

« そば切り 玄山 静岡市駿河区 ご自慢の手挽きせいろ | トップページ | そば切り ながいけ 静岡県藤枝市 超粗挽き蕎麦 »

静岡の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
この記事をみて、HPを見てみました。そこで粗挽きに関する取組と打ち方についてびっくりしました。
殆ど私がやってることと同じだったのです。
粗挽きをそれ用の石臼で行うのと珈琲ミルで行う違いはありますが私の石臼も珈琲ミル用に開発したものですし、粗挽きの割合も35%、私は30~40%とほぼ同じでした。
又、粗い粉はあらかじめ水を含ませる(これが一番重要)という点も同じでした。
違いはハンマーで締める点が無いということだけでした。
追いかけると同じ結果になるということを知りました。
いずれ、粗挽き好きの辛汁さんのお蔭で私は努力することが出来ました。お礼申しあげます。

こちらこそ・・ご無沙汰しております。

打ち方を両方知っている者といたしましては
同じ様に見えても いくつか大きな違いがあるように感じています。

粗い粉を打つためには同じでも 
考え方や 方法も・・・・

ただ 結果のみ同じでした。

美味しい蕎麦が粗挽きだとするなら
私は 幸いにも 
そばんち師匠にも ながいけさんにも 美味しい蕎麦を食べさせていただけました。
あらためて お礼申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/53507730

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちそば ながいけ 静岡県藤枝市 粗挽き蕎麦 蕎麦打ちの技法:

« そば切り 玄山 静岡市駿河区 ご自慢の手挽きせいろ | トップページ | そば切り ながいけ 静岡県藤枝市 超粗挽き蕎麦 »