2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 樽屋玄助 大阪中央区 本に出ていたので | トップページ | 和食 縁(えにし) 蕎麦切り 河内鴨に誘われて »

2013年10月18日 (金)

蕎麦YUKI 京都市北区 アイデア溢れる

2013年12月21日 土曜日 関西ABC系 9:30より

夢のカタチ』で放送あり

・・・放送終了後は バックナンバーにアーカイブされます。

meets 11月号に載っていた 京都の新しいお店です。

味禅(京都の蕎麦屋)で・・のような記事だったので 9割と思ったら

信州の蓼科有機栽培の蕎麦を自家製粉して10割蕎麦を出されています。

京都植物園の北側、北山通りの 商業ビルの半地下1F

地上の通りには こんな看板が・・少し入り口が判り難い

看板のあるビルの地下へ降りましょう。

本に載っていた 女性店主(名前はYUKIさんではなかったです)と

もう一人の女性の二人体制

ビストロエプロンなどを見ていると 蕎麦屋かなと??

Dsc_0080

店内は こんな白い壁 ゆったりとテーブルが配置されて (2x4 4x1)

あと、2-3テーブルは増やせるスペースがあります

左上部に少しだけ写って居るのが HPにコンピューター制御と書かれていた

直径 50cm以上はありそうな大きな電動石臼が置かれている

(新潟の山一商会の電動石臼です)

Dsc_0093

お箸がセットされていたので 一瞬予約済みと思いましたが

お好きなお席でとのご案内

Dsc_0081

HPである程度メニューは確認していたが

ランチセットを注文 蕎麦に焼き味噌 ドリンクを グラス生ビールに変更していただきました。

焼き味噌とグラス生ビールがプラス300円とはお得ですね。

コーディアル飲料があるのも珍しい (ピザと組み合わせるのか)

頭の硬い蕎麦屋では考えにくい組み合わせに 驚かされる。

Dsc_0090

蕎麦屋で お水も珍しい。 温度が常温というのに 何か拘りがあるのかも・・

Dsc_0094

スプーン、赤みそも珍しい

滋賀県のお酒と京都のお酒

Dsc_0088

その他にも 焼酎や ワイン、ウイスキーなど お酒の種類は豊富

蕎麦が本格的でなければ バルのような、

Dsc_0086

蕎麦屋で サラダも珍しい

味噌を使った そば粉のピザもラインアップ

前回 ハチベー長屋 酒 そば まつもと で 飲みたいと思った 不老泉

Dsc_0095

パテやミートローフのように型で作っておいて

最後に温めて出されている 肉系の自家製つくね

Dsc_0099

最初はお塩で・・

Dsc_0105


色々 驚かされたり 関心したりしたけれども

蕎麦は 微粉の細い切り

切り揃えもよいし 器に直接盛られていても 水切り問題なし

微粉の蕎麦はどうしても 味や香りは おしとやか つゆは 甘い目

矢張り 驚き! 器 そば猪口がガラス器です。

Dsc_0101

平たく 一箸づつ盛ると食べやすい

Dsc_0103

蕎麦は半量になりますが 初めて食べる からすみ蕎麦

蕎麦に 削ったからすみがかけられています。

からすみの塩分で戴く、ご希望で蕎麦つゆをお掛け下さいと、

夜などで少し飲んだあと しめるには適量です。


Dsc_0110

珍しく そば湯の写真を載せています

蕎麦湯は濃度があって 垂れ易い ほとんどの蕎麦屋で 急須タイプは垂れます。

・・・何故 気付かないのだろう

垂れない様に 注ぎ口に工夫がされている

Dsc_0111

コンセプトが ある程度 見えるか固まったら・・

楽しみな店になるかもと・・

« 樽屋玄助 大阪中央区 本に出ていたので | トップページ | 和食 縁(えにし) 蕎麦切り 河内鴨に誘われて »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/53636213

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦YUKI 京都市北区 アイデア溢れる:

« 樽屋玄助 大阪中央区 本に出ていたので | トップページ | 和食 縁(えにし) 蕎麦切り 河内鴨に誘われて »