2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

笑日志 大阪中央区  今年最終の蕎麦はヌキの粗挽き

特に 今年最後を締めくくるという意味だったわけではなく

粗挽きを食べたい・・(抜きの粗挽きなら更に良いがみたいなところ)

変則的な 年末の営業が 確認できたので・・・はずれない

一寸 行きがけの駄賃という感じでもあり 後の仕事に差し障るから

よって 寛ぎは程々で終了予定

一年もの?のあらばしりはどうなっているの?の興味

Dsc_0335


Dsc_0336

最近は 一品もお昼でも大丈夫なようだが・・

粗挽き粒せいろを 二人前食べたいので 控える(汗)

Dsc_0338


Dsc_0339

少し太い切りなので十二分な長さがあるのも嬉しい。

クリックして大きな写真をみてうっとりとしてくださいね。

もう一枚は鴨汁で

Dsc_0342

お好みで 山椒をという事で お仕着せの味でないののも嬉しい

ご馳走様でした。

・・・今年の出来事を振り返ると。。。

すえた味のする蕎麦

ひねた実で 苦みのある蕎麦

必要以上に 辛い味付けの料理

異状にぬめっている蕎麦

切りそろえが悪いけど 味は同じと言われる蕎麦屋

製粉室が汚くて 入るのを躊躇う蕎麦屋

お客様のためと言って いろいろ押し付ける蕎麦屋

今日は製粉を間違った蕎麦を出していますと・・

色んな蕎麦や色んな蕎麦屋に出会えた一年でした。

多分 同じようの事が 来年も続くことでしょう。(笑)

2013年12月19日 (木)

麺坊 万作 大阪府河内長野市 実は達磨グループ

NHKの高橋名人の番組の後 蕎麦行脚の日程を見るために開いた 翁達磨HPにて発見

万作のページ参照ください。以下 抜粋。。

グループの中で唯一機械そば、うどんのお店との記事

達磨グループとは・・・・製粉とそば打ちの基本を教えた弟子は、短期修行者も含めて1,000人以上。
その中で、達磨グループのお店は以下の通りです。

・・

少し調べると ヌキミからの自家製粉で 二八という蕎麦は 手打ちで

その他 セットや ザルという部分は 機械式にて提供されているとの情報を得ました。

大阪南部に出かける用事のついでとして訪問できました。

住宅街のなかの 郊外型店舗で 10台以上可能な駐車場を備え

古民家のような概観 入り口には 製粉と蕎麦うち場、商品のサンプルのショウウインドなどがありました。

Dsc_0271


Dsc_0267

製粉室・・・これを見たら 蕎麦屋のイメージが出来てしまう。

Dsc_0268


折角来たのだから 

Dsc_0261

終日 喫煙可の様子 

お酒のメニューは そそられる。

薀蓄はこだわりを感じるけれども、

Dsc_0255

郊外型 大衆向け蕎麦屋店だが 一部 こだわりもある

地域 密着タイプのお店のようだ。。

Dsc_0260


二八のみ 自家製粉手打ちなので 鴨汁を二八蕎麦に変更していただく

Dsc_0262

開店すぐで お客は もう一組のみ

煙害に合わないために うせにけり~~

2013年12月17日 (火)

面壁九年

早いもので 丁度九年前 こんな書き出しで 書き始めてたのが2004年12月

面壁九年というほどの 打ちこみや努力もなく ひとつの物に向き合ったわけではありませんが 飽きしょうな私にとっては とても長く 向き合っていることだけは 確かです。

・・・

『はじめまして 最近食べたもの 食べに行った店 

行ってみたいお店、勝手に書きます。

あくまでも記憶と そのときの感想なので・・・

実在のお店などに迷惑が掛かるかもしれませんm(__)m

戯言と、聞き流していただければ幸いです

・・・

最初は ただお伺いして 独断と偏見、間違った知識で感想を書き

ある程度 自分の求める蕎麦や 蕎麦屋を感じるようになってからは

そんなイメージに近い蕎麦屋を探す巡礼の旅を続けています。

数だけはかなり食べたので おいしい蕎麦もこれだ!みたいな確信もできました。

それは 非常に少数派な蕎麦のため 『食べたい蕎麦は自分で打つ』との試みも・・・

良ければ これからも よろしくお願いいたします。

2013年12月 1日 (日)

そば切り 荒凡夫 (松阪市) 閉店ガラガラ 出た!→移転こそこそ

一昨年の今頃も 移転の話をしていました。(汗)

今回 現在の場所での契約を終了できる見込みとなったとの事で
12月31日の大晦日を最後に閉店されるとのことです。ブログ参照
一年前より 大阪に物件を探して居られますが・・・
何分 通常営業しながらということで まだ 新しい場所は見つかって居ないそうです。
お店を閉めることで 新しい場所の選定が加速度的に進むことを期待している
Dsc_0165

これが現在のメニュー
Dsc_0162


車海老の高騰で海老てんは終了 桜海老と野菜のかきあげ復活
金 土 日のみ鴨の料理などがあるようです。
ごはんものがあった時のかきあげ丼を彷彿とさせる
Dsc_0172


注文を受けてから粉を挽く
Dsc_0167


今年 不作といわれていてる 福井在来種になった
蕎麦掻に勝る蕎麦切りはなかなか難しい
高い高いレベルの比較ではありますが
蕎麦掻にのあとでは 少し・・・
Dsc_0173

極粗挽きなのに 通常の太さという
ありえないバランスの 粗挽き
・・・・これが 私には近い大阪で食べられる日は近い?
Dsc_0176

と、いうことは 多分 松阪で食べる粗挽きは最後になるだろう~~
三重 愛知などのファンの方は 急いで予定を立ててください(笑)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »