2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

むらおか 大阪塚本 二次的な気持ち

JR大阪駅より 一駅

大阪駅周辺に用事があるとき 案外便利で

レベルの高い蕎麦が食べられます。

レベルの高い蕎麦だけだと 特に際立ったところはないが・・・

鯖か巻き寿司を頼むと 蕎麦屋であることを忘れる

駅前の商店街の一角で 駅から近い 幸い満員だったこともない。

Dsc_0400

更に 幸いなことに 本日 鯖寿司があった。

二八の系譜のお店だけど 何時も頼む十割を かも汁とする

かも汁の味も濃いので これで 一杯も可能・・残念 今日は私的にお休みです

いつものパターンで ここでは 蕎麦が相対的に霞んでしまう。

Dsc_0398

蕎麦屋では 蕎麦で客を呼べることが必要です。

蕎麦が客を呼ぶのか 客が望む蕎麦を店が選ぶのか?

Dsc_0399

CPの低い蕎麦を効率よく販売するのは なかなか難しい

私てきには 行こうという強い気持ちより先に 

目的地に近いという 二次的な気持ちが何時も強い。

二次的な気持ちが大きくても スルーする店もあるわけだから、

来店の客の訪問理由は何であっても・・・

更に何時も思うのは・・

行きたくないと思う理由が少ない方が 良いに決まっている

行きたいと行きたく無いのポイントが せめぎあって どちらかに軍配が上がると

私の訪問パターンが生まれる。

どんなに良いポイントがあっても 絶対駄目ポイントが大きすぎる場合もよく経験します。

2014年1月21日 (火)

大城 大阪市阿倍野区 夜の部

前出の 蕎麦屋さんで 珍しい方と出会って

長話が続いたのですが・・・

流石に 夜の仕込が始まって これ以上長居は無用となり

西田辺と長居の中間ぐらいのJR阪和線 藤が丘の 大城にむかう

・・・調べたら 3年ぶり 開業されて1年ぐらいのころ一度訪問

Dsc_0384


昼間でも 夜と同じメニューが出来て お酒も種類が豊富

蕎麦は 玄挽きの一手ではある。

蕎麦屋の酒膳が目に付く

お酒と 二品選択 そばのセット

Dsc_0388

蛍烏賊の酢味噌

Dsc_0390


Dsc_0391

長芋の梅酢

Dsc_0395

お蕎麦は 青森のそばとの事

・・・品種は・・・きたわせ・・・ここでも 地域と品種が合致しません。

食べ比べて わかるような味覚もないので

ただ 美味しかったとき 聞いたり 書き出されたときの品種は

福井や常陸秋蕎麦であることがほとんどであると言う経験が 体に染み付いています。

欲しいものが 手に入る時代ではありますが 欲しいものがわからないと

手に入れることも出来ない。

と、言って 手に入れたものを 捨ててしまうのも 勿体無い。

2014年1月19日 (日)

手打ちそば 和 大阪市住吉区 多賀の常陸秋蕎麦

何時もとおり 河内鴨 幻の板わさ お酒などをいただきました。

本日の 変わったところは・・・

蕎麦の品種で 多賀の常陸秋蕎麦。。。

多賀=滋賀県の彦根市の南の多賀町の辺りのことで

名神高速 多賀SAの辺りとイメージしてください。

よくわかりませんが・・なぜか?常陸秋蕎麦が栽培されているようだ

昨年の福井は 可也 出来が悪くて ほぼ流通は終わったらしい(もう無い)

本来であれば 一番 福井が美味しい期間ですが 残念です。

ゆえに 代替的なものでしょうか?

Dsc_0381


太い切りの十割は 食感は良くないが

幸いにも、常陸秋蕎麦の その美味しさを確認できました。

蕎麦の 穀物的な味よりも 穀物的甘さが大きい様な・・

色んな地方で 在来種以外の 蕎麦の種がまかれていますが

常陸秋蕎麦が 一番旨いと言えるかも(個人の感想です)

・・・心の中では 信濃1号やキタワセは地方での栽培が 上手に行っていることが 少ない気がするのは私だけでしょうか?? もともとの品種の持っている力なのでしょうけど

2014年1月15日 (水)

てる坊 長野県駒ヶ根市 蕎麦は家で食べるもの

大阪で営業されていて 数年前 今の 駒ヶ根市に移転

ご自宅の一部で営業されています→(前回の記事)

今回は 雪が少なくて お伺いしやすかった。

Img_0124


メニューなども ほぼ同じ

お髭のご主人と 綺麗な銀髪の奥様が 3年前と同じお出迎えしてくださいました。

こちらの蕎麦は 玄、ぬきとも 結構粗挽き

特に 抜きの粗挽きを 信州で食べられるところは 非常に少ない

今まで 訪問していないお店であれば 多少遠回りでも・・・探して行きたい。

Img_0130

鴨汁は 玄との組み合わせが必須ということで

別に 丸ぬきを注文

粗い故に多少太い目の切りながら 素晴らしい出来栄え

十二分に 粗挽きらしい 蕎麦の味が良い。


Img_0136
 

食後 歓談する機会がありました。

蕎麦は 自宅で打って食べるのが ここらのやり方で 食べに行くものではないと・・

お客様は ネットに書いていただいた記事から 地元以外の方が多いそうです。

2014年1月14日 (火)

蕎麦の隠れ家 おの 松本市平田 要予約粗挽き?十割

恒例の乗鞍スキーの 行き帰り

今回は 粗挽きという言葉につられて・・・

Img_0109


国道から少しだけ入った住宅街のなか ご自宅の一部を お蕎麦屋さんにされている様子。

HPによりますと 特別限定粗挽きそばは 前日までに要予約

年初のイレギュラーな営業も ハッキリと表示されていて 旅の通りすがりの者にはありがたい。

Img_0091

そばがきを食べると その店の蕎麦が想像できる


Img_0100

よく焼かれてスパイシーだが この時期ネギが旨い


Img_0103

お待ちかねの 粗挽きは 細い切りで

玄挽きということもあって 粗挽きには「?」がつきます。 

Img_0104

こだわりの7か条から望むのは 蕎麦本来の出来ですが・・・


Img_0106

食べやすいから よしという事で 今年の蕎麦巡礼は始まった。

・・・・

訪問前、長野の蕎麦屋を見ていると・・

昨年 オーベルジュ グリンデルが閉店

また グリンデルで聞いていた 一燈が閉店していました。

・・・・

貴重な情報のコメントを頂戴いたしましたので・・転載させていただきます。

「グリンデルさん、道路改良のための立ち退き移転で閉店されましたが、

別の場所でオーベルジュではなく蕎麦専門のお店を開かれるとのことです。」

楽しみなお店が増えると嬉しいですね。。。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »