2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

倖元 京都市左京区 手打ちそば酒家=名は体を表す

錦林車庫から哲学の道のほうへ登る道筋 市バスが便利です。

京都市バスに乗ったら 運転手さんが京言葉で「いごきます!」と(笑)

平安神宮、銀閣寺を通るバスは ほぼ満員、 確かに急に動くと危険

半年ぐらい前に新規に開店されたらしい

詳しいことは 判りませんが・・お酒と肴があるようです。

327_005

看板がお店の中身をあらわしている

327_003


327_004

玉川 純米無ろ過

327_006

ご夫婦のお店のようで カウンター10席ぐらいと

襖が閉まっているけれど 座敷がある様子

 327_010

チーズのかえしあえ
327_008

タタミいわし

お箸の封が箸置きに出来る すばらしいアイデアです(拍手!)

327_015


327_017

珍しいものが・・最初に一合飲んでいるので 半合でお願いしました。

327_012

壁にメニュー書きが ラミネートされているのか?とてもすっきりしています。

327_026

鴨汁(つけ鴨) 二八 滋賀県多賀

327_020

十割ざる 北海道

石臼挽きの蕎麦粉を 京都市内の製粉会社より購入

二八 10割とも 特別香りや味が濃いわけではありません


327_024

開店前には 東京の方へ お勉強に行かれたとか 何処?

昼間から お酒が飲めるお店でした。

2014年3月28日 (金)

蕎割鮮 井もと 大阪府東大阪市吉田 期待のお店かも

お伺いした蕎麦屋さんで ご存知ですか?と見せていただいた名刺のお店です。

地下鉄中央線から延長された けいはんな線 吉田から徒歩5-6分 マンションの 一階店舗の中の一箇所

前には 駐車場もありますし 環境的には 路駐もできそうなところ(汗) 駄目ですよ

自家製粉らしいとか・・電動石臼が見えました。

名前からは 蕎麦+割鮮のような・・生ものも扱うという感じ

325_023

入り口の 蕎麦打ち場に電動石臼が見えます。

325_024

・・・当店のお蕎麦は全て粗挽き田舎そばです。

ランチのお客様も多いようで ごはんものも豊富

よって、昼時ピークを避けたほうが 寛げそうです。

新酒と聞いたらまずは一杯

325_026

325_028

夜のメニューには それこそ山ほど肴があるようです。

やはり 蕎麦屋らしいものがという事で・・ だし巻きがお願いできました。

通常 4個の卵で巻きますが お一人なので 半分の2個で作りますと・・嬉しい対応

カウンター数席と あとは 小上り4という造りで 配置が広々としていいます

幸いカウンターだったので ご主人の様子が少し見えたり感じたり出来ました。

凄い 手際が良い

だし巻きなどは アッと、言う間 卵焼き器を 何度か振ったら出来上がり

調理は ご主人 お店は女性2人体制

325_030

私的には 出し巻きは 白身と黄身が完璧に混ぜられていることが好みで そうあるべきだと思います。

325_031

すごく細くは無いが 非常に綺麗な切り揃え 最後にも 細かい切れ端がほぼ残らない

久々に 感動できる仕上がり

写真以上に 粒粒が見える粗挽き感があります。

氷水でしめていないようだが コリコリとした歯ごたえが感じられました。

テーブルに お塩もあったので 山葵の皿に入れて 塩でもいただきました。

鴨は 近所で飼育されている鴨のモモ肉を使われているようです

葱や鴨を焼いたりしては居られないようですが 良い鴨のあじが口の中に残りました。

鴨焼きも食べてみたい!

また、大きなザルで 何度も水切りをされていたので 水切りも良い

ご主人と お話できたので・・・

開店が3年前で 当初は いろいろ蕎麦の種類を試したが・・現在に落ち着いている

福井大野産で 30メッシュ玄挽き 二八蕎麦

・・二八以外も食べてみたいと思ってしまいます。

以前、堺筋本町の独活庵に居られたとの事(それで 福井?)

お休みには 蕎麦屋めぐりもされているようなので お店の情報の交換もさせていただきました。

現在の 営業重視の蕎麦屋さんだが、 蕎麦だけでも楽しめる蕎麦の種類が増える可能性もお話の中から 聞き取れた。 

今後 期待できるお店だと 感じました・・・

2014年3月23日 (日)

手打ち蕎麦 和 大阪市住吉区 試作胡麻味噌だれ

しばらくすると 河内鴨が食べたくなる

幻の板わさで ビールとお酒をいただき

320_002

やはり 塩で食べるのが美味しいと思います。

蕎麦は 九一の玄挽き=細い切り

320_008

蕎麦だけ食べるか 少しだけつゆをつけるので

薬味なしでお願いしています。


320_010

お隣の方の 太い方

320_016


もう お腹が一杯 美味しかった満足感も一杯

お手すきになられた様で・・・・

試作品頂きました

320_017

詳しくは 間違っているかもしれませんが・・

胡麻をあたって 味噌と混ぜ 鴨鍋のつゆで(蕎麦つゆだと合わない)調整したもの

ついでに 1切れぐらい鴨を入れたら 十二分に メニューに出来るのでは 無いだろうか?と 感想をお伝えいたしました。

次回に残っているか? 更に発展しているかは こうご期待

私的には からい目の 蕎麦つゆより 九一には こちらが合うような気がします。

2014年3月15日 (土)

酒蕎麦 しゅばく 京都府宇治市 やはり蕎麦が良い

開店少し前に訪問 平日ながら 開店時には3組が並ぶことに

後回しにならない様に 並びの1番をアピールして 入店

その後は 4人がけはすぐに満席

310_042

石臼挽き手打ち十割 まだ 丸岡があるみたいな・・

310_035

別に 鴨やねぎが焼いているわけではないようですが

来るまでに 20分程度かかりました

やはり そば前をやらないと 待つ時間が長く感じますね(汗)


310_039

細く長いきれいな切りそろえで 蕎麦の量も多い目

見た目 35メッシュぐらい?の粉のようだ(粗挽きとのこと)

冷たいのと 多少 水切りが甘いので 味は その分弱く感じる

しかし ヌキミで これぐらいのレベルの出来の蕎麦を探すのは非常に難しい

蕎麦の出来は非常に良いと思います。

・・・

一人なので またまた カウンターの前です。

製粉と 蕎麦打ち場の前なので 見たくない 粉だらけの部屋の中が見える

前回のような こびりついた 粉の塊は 掃除されたようだが

長年の汚れは どうしようも無いのかも・・・が、掃除は可能です。


310_040

蕎麦が旨ければ 良しと考えましょう

・・・

見える蕎麦打ち場、見える厨房など 店内の 整理整頓、清掃も

お客様への お・も・て・な・し

2014年3月13日 (木)

雷屋(かみなりや) 大阪市中央区松屋町筋 生粉打=十割

生粉打とは つなぎを使わない十割そばのこと言う。

撮影禁止と 禁煙化の記事以来の訪問

もう 撮影禁止の 文言は消えていた。

(暖簾の 生蕎麦の文字も 通常 十割蕎麦を示す場合が多い)

310_020

310_024


310_023

「そばがきのかもじぶに」に興味を持ちましたが・・

梯子蕎麦屋のため かもせいろとする


310_025

玄からの自家製粉なので このような色の蕎麦になります。

急須には 鴨汁 茶碗蒸しに見える器には 蕎麦湯

310_026

店内の 一番奥には 電動石臼が 蕎麦打ち場に見えました。

・・・・

追伸

某、情報通から教えていただきました

生駒で営業されていた 春知さんは 飲み屋街 上本町ハイハイタウンにて

「ちょい呑み そば居酒屋 ええじゃないか」を、営業されています。

自家製粉ではないようですが 十割そばを出されているとか・・

2014年3月12日 (水)

きらく 大阪市天王寺 谷町9丁目 昼のみ禁煙化

今年になって 再訪したい店をピックアップしています。

こちらも 4年ぐらいのご無沙汰→喫煙可だから

昼間のみ 禁煙となったとの情報を得ていた。

地下鉄 谷町9丁目から 南へ もう一つ先の 四天王寺前夕陽ヶ丘との ほぼ中間辺りで 徒歩5分ぐらいでしょうか

310_001

赤い旗物がが無ければ 蕎麦屋とはわかりません

名前も きらくは 漢字の七を三つ書いた 難しい表記

310_004


310_006


昼という事で お客様は スーツ姿のグループ客で満席

なんとか カウンターに案内された。

310_007


本日のおすすめは 粗挽き田舎蕎麦との事

昼間の可能な一品のなかから

そばがきと鴨ロース

まずは お酒 菊姫にごり どのお酒も同じ価格だから 原価の高そうなものを選びたいところであるが 一番 原価の安そうなものになりました。

310_008

大きな甘皮が 目にも見える粗いそばがき

310_011


310_015


310_017

少し幅広で 前回より 切り揃えが甘いけれども

嫌な鬼皮の臭いなどが少ないのは幸いですが


310_018

土地柄 ランチ客が多い様なので そんなに蕎麦で勝負しなくても

十割 自家製粉だけで 十二分なのかも知れません。

前回 前々回の方が そばの完成度が高いと言わざるを得ません。

蕎麦が良い事と 商売が繁盛することは 必ず同じではないようです。

前回 前々回と 感じたことも 大きく変らないみたいです。

2014年3月 8日 (土)

草庵 石川県白山市鶴来 古民家でくつろぎ 蕎麦を楽しむ

キャッチフレーズは

「古民家でくつろぐ 蕎麦をたのしむ」

35_032_2

開店 10分ぐらい前に駐車場に到着

しばらくすると どうぞと開店を知らせにきていただけました。

その後 開店時間とともに 次々とお客様で 満席となりました

入り口には 香がたかれていた・・

蕎麦屋に臭いは問題があるけれども

広い空間で 席では感じなかった。


35_016_2

店の前の 割り木は 店内の 薪ストーブに使われるようです

十割蕎麦と 九一蕎麦に分かれている

更に あらびきと田舎に分かれているようです

35_010_2


35_011_2

お酒や肴も一通り揃っていて

蕎麦屋らしい 天麩羅もある

35_013

上は お勧めらしい

35_018_2

田舎蕎麦は 竹の容器に入れられて

可也太い目で あらびきのほぼ2倍の太さ


35_023_2


35_022

田舎は 外皮もひきこんだという表示だったので

あらひきは 抜きかと期待したけれども

結構 皮も混じる。

(玄蕎麦の産地を厳選し、鮮度を保つために真空低温貯蔵をして

必要量を毎日自家製粉しています)

九一も玄かな?

席が遠いので 隣のそばが見えません。

35_025

最近にない 近年にない 記憶にない(これはある)綺麗な切り揃えの蕎麦

蕎麦は こうで無くては!

食べなくても 美味しいはず。


35_026

微粉の玄ではないので 自分の趣味は置いておいて 美味い。

何故 今まで お伺いしなかったか 悔やまれます。

日本は まだまだ 広いのかなーー

2014年3月 7日 (金)

一滴庵 福井県あわら市  行っとか無くちゃ・・

また食べたい

来年も食べられたらいいなーと 前回思った。

行っとか無くちゃ・・今のうちに(汗)

何度お伺いしても 変らないそばがある

35_003


35_009

メニューも変らない

35_001


変らない味が一番大事

35_004

騙さないけれども

騙されたつもりで行ってみてくださいね。

誰か 弟子入りしないかな?


35_005


35_006

毎日行ったら 何日目に嫌になるだろうか(笑)

定休日が 水曜 木曜で 休蕎麦日があるから 5日続けては可能かも(爆)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »