2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月24日 (木)

そば工房 おもか 東大阪市 次回乞うご期待

近鉄 河内小阪の駅から少しのところ

1年ぐらい前訪問→以前の記事

完全自家製粉で そん所そこいらではお目にかからない 祖谷の蕎麦使用ということ、ご主人が 酒好きで 珍しい酒があるなど 再訪を予定していた。

Gaomo_019

Gaomo_021

辛い 甘い すっきりなら どれですか?聞いていただいたので

すっきり系の 伯楽星の特別純米

Gaomo_020

本日の肴は 鯨系が豊富

さらし鯨などもありました。

何十年ぶりかで 鯨ベーコン

Gaomo_022

祖谷の蕎麦のことなどを話していて・・

蕎麦の写真をとり忘れました。(笑)

・・

饂飩や田舎蕎麦(玄)なども 常連さんのリクエストで少量打たれるとか

私、、粗挽き好きなので 甘皮の多いそばを 次回 打ってくださるとのこと。

残念ながら 20メッシュぐらいの 粗い篩が無い為、全体が粗い目の蕎麦は無理。

60メッシュぐらいの篩いで取り除いた(60メッシュ上)を ブレンドして打ってみるとのことでした。

それは それで食べてみて 少し粗い蕎麦のファンもいることを 知ってもらいたいものだ。

2014年4月23日 (水)

月山 大阪中央区谷町9丁目 4年ぶり

4年ぶりにお伺いした。

全面喫煙可のお店との 食べログの記載があるが・・

今回 テーブルに灰皿は無く 未確認だが 昼は禁煙になったのだろうか?

ご存知の方は 修正をお願いいたします。

当日は 喫煙人口も減っているのか タバコを吸う方はいませんでした。

名前のとおり 月山といえば 山形です。

 

Gaomo_017

入り口には こんな言葉も 望むところです。

昼は 近隣の方の ランチが多いようで セットメニューの注文が聞こえる

昼ごろには 満席になりました。

Gaomo_014



Gaomo_001

扉を開けると すぐに製粉室

Gaomo_011

そば前のそば前は グラスビール

お蕎麦を頼むと出される 自家製豆腐

Gaomo_004

すごく甘辛いつゆの鴨汁


Gaomo_005

少し粗挽き感のある玄挽き

Gaomo_009

通いたいお店ではあります。

一品も豊富 お酒も豊富 またお伺いしたいお店ではあるが・・煙害の件が気になります。

2014年4月18日 (金)

鼓動 大阪府豊中市 遅い目の訪問が・・

阪急電車 箕面駅から 箕面公園へ続く道沿いに 新しい蕎麦屋が出来たとのこと

箕面の大滝もついでに見てこようと出かけた

目的の蕎麦屋さんは 数日の慰安旅行の旨の張り紙があって 食べる事が出来ませんでした。

その後 阪急電車の沿線の 豊中駅から5分ぐらいの このお店にお伺いすることとなりました。

Toyonaka_038


入り口には 2つの電動石臼がある

座敷や 大きなテーブルもあって 30人以上は座れる大きなお店です

テーブル シートの間隔が広いので 一人でも 居心地は良い。

お昼でも 花番3人が対応 厨房にも2人ぐらい居られる

もう1時半になろうとする時刻でしたが 何とか相席で 座らせてもらえるぐらいの 満員な状態

荷物を降ろしかけると すかさず 荷物かごを お持ちいただいた

ウォーキングの後 さらには 20度を越える暑い日だったので

最初は ビール

Toyonaka_028

三種盛り(日替わり) 子持ちこんにゃく 蕎麦味噌 鴨のしょうゆ漬け

仕方なく お酒を追加

毎回 用意しようかと聞いていただけるのが うれしい

Toyonaka_029

秋鹿 辛口
Toyonaka_031


Toyonaka_025

一日 限定15色の 荒挽き蕎麦を 鴨せいろとしてもらう

写真とは 若干見た目が違うが 河内鴨の火のとおりがベスト

つゆは 超辛口です。

Toyonaka_032

前回と同じ感想だが 荒挽きというには 物足りない

蕎麦湯には 別の蕎麦猪口とレンゲが届けられて 全体のサービスに遺漏はありません

Toyonaka_033

あっ!、座敷を片付ける方が 裸足で降りてから スリッパを履いて居られました(汗)

2014年4月15日 (火)

竹花 soba-ya 京都市東山区 soba miso

四条花見小路を 突き当たりまで下がる(南へ)と 建仁寺に突き当たる

その門前に 多分4年ぐらい営業の(記事無し)蕎麦屋があって 貸し店舗になっていたのを 昨年、見ていた。

12月暮れあたりに この新しい蕎麦屋さんになった様だ。

石臼挽き 本格手打ち蕎麦で 二八とのメニュー書きがあった。

11時からの通し営業で 21時30分閉店

蕎麦打ち場が見えないので 自家製粉かはわかりません・・ 情報としてはこの位。

Dsc_0898

Dsc_0914

間口の狭い 京都風のお家だったので 客席も 細長い

Dsc_0913

入り口付近は 2人がけテーブルが4席

写真の部分は 建仁寺が見えるカウンターで8席

以前は 古い建物のままの座敷を お店にされていましたが 変れば変るというところ やはり多少は金をかけないといけません

窓には 蕎麦湯とお茶がセットされていた

場所柄 英語と中国語の表記・・

そば味噌は sobamiso  蕎麦豆腐は Tofu made of soba powder

お酒の説明なども 面白い

Dsc_0908


Dsc_0904

ぐい飲みで頼めるので 大治郎から 玉川へと 

飲めない私でも 2種類楽しめます

Dsc_0903

Dsc_0902
soba miso (練りみそ)

Dsc_0909

江戸風の二八蕎麦 綺麗で長い 蕎麦の味も 少し感じられた。

祇園のお店は 観光向けで 馬鹿高いところが多い(ここからは、個人の感想)

ま、旅のことだからと 財布も緩む、折角だから 京都らしい物を食べたい そんな方も多かろう。。 京都にも 色んなお店があるので がっかりしないでください

しいて、蕎麦屋を選ぶ何かが・・・あればよいのだが。。

ガイド本に取り上げられないと 客を呼べないと思う(店が多い)

HPや たべログの記事は 今のところ無い(そろそろ 噂に上らないと)

蕎麦好きが通うには 二八では 普通過ぎる(普通であることも難しいけれど)


Dsc_0911


Dsc_0912

テーブル席には 蕎麦湯がセットされていないので

湯桶で さらさらタイプの 蕎麦湯が届きました。

2014年4月12日 (土)

喜の字や 京都市上京区 自宅開業方式

京都 北野天満宮の北門から 数分の住宅街の中

まだ 出来てから半年ぐらいらしい。。。

ショップカードには 十割そばと お喜楽料理とありました。

・・

地元 京都で新しい蕎麦屋が出来たら 何とかお伺いしたいと努力しています。

予め 店の情報が得られて 私の基準からは 特に行かない場合もあります。

昨年には 基準以上のお店らしく 喜び勇んでお伺いする。

蕎麦粉の管理や品質に問題がありそうな味がしていたので 現在 記事は保留中です。

蕎麦屋が余り新しく出来ない状況が続いています。

色々 考えられるが 商売が難しいのかも・・・

ご自宅をお店にされているので 固定費は多少安いかも

そして いつでも辞められます(汗)

Hirano_020

入り口の右手 八畳ぐらいの部屋に 4x2のテーブルと 壁に向かったカウンター

Hirano_016

入り口の左手は 厨房

Hirano_009

可也 多くのメニューがラインアップ 当日お尋ねしたら ほぼできるとか

Hirano_010
場合によっては 蕎麦は食べなくても大丈夫でしょうか?

Hirano_012

お酒なども 揃っています。

ランチ会なども 便利かもしれません
Hirano_015

半身の半身サイズ

Hirano_018

微粉の玄挽き 十割とのこと

幅広の出来で 特に 蕎麦の味が濃いわけではない

中央と端の色が違うけれど 写真の問題です。

Hirano_019

どうも 見たところ 親子さんでの営業のようだが・・・・

2014年4月 4日 (金)

土山人天満橋 大阪市中央区 久々の蕎麦掻

一番良く利用する 京阪電車の駅 天満橋の駅ビル 京阪シティモールの中の店舗

便利で何時でも行けるという気持ちと 休みがないという安心感がある。

しかしながら 前回 シティモールが改装で休業中と 肩すかしを食らった。

それ以来 気になっていた。

Dosanjin_020


いわゆる食堂街ながら 土山人らしい荒壁と 陶器の置物がお出迎え

とても 土山人らしい

Dosanjin_023


お昼ということもあり ランチ的セットが豊富なので

家族づれも多い。大きなテーブルもあるので 一人客も入りやすい

Dosanjin_001

Dosanjin_002

蕎麦は 三種類が選べる

Dosanjin_005

急に春めいてきて ビールも美味い

手挽きの蕎麦掻があったので・・

下は 薬味など

Dosanjin_006

へたの赤いところも見える粗挽き感(少し食べました)
Dosanjin_011

のり箱入りの のりもついてお得、いろんな食べ方が・・

熱源は 温めた石でした。


Dosanjin_010

私的には あれば必ず頼む 鴨せいろ 田舎で

Dosanjin_013

表面が乾き始めているので ほぐして 表面を変えてやるほうが

おいしく食べられた。


Dosanjin_014


またまた 竹のお箸を もらって帰りました。(表示が無かったので 了解を得ました)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »