2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

蕎麦 浜田 大阪吹田市山田 新星かも

お店の情報が東京方面からもたらされた。

8月16日開店 吹田市西山田の幹線沿いの マンションの1F部分

住所しかわかりません・・

本日、金曜日 蕎麦屋が最も定休日が少ない日に 行ってみました

和の古い引き戸を玄関に配している。奇抜です。

大きな看板は見当たらず・・・

Dsc_0583

左の端に 下の様な看板が見える。帰りに撮影。


Dsc_0585

これから 色々ということなのか?

右上の壁部分に 営業案内 紙ゆえに破れが・・

Dsc_0556

カウンター3席X2

Dsc_0576

↓こんな木のテーブルが 4(2+2)x2、2x2

組み合わせが いく通りも可能

レイアウトは ゆっくりと取られているから 席数を倍には出来る。

オープンキッチンだが 座った位置からは 厨房はあまり見えない


Dsc_0561

最初に戻って

表の営業案内で確認して 11時30分を回っていたので

声をかけさせていただきました。

時間になっていますね・・どうぞと、今日は お手伝いしてもらう方がお休みで・・・

実は 東京の○〇○○さんから聞いてきました。

お弟子さんなんですか?

・・・色々 教えてもらいましたが、弟子では在りません

その意味を図りかねましたが・・・

Netとかに情報が無いので 困りました

・・・密かにスタートしましたので

では、 ○〇○○さんのように 超粗挽きも在るのでしょうか?

粉は MOLAという電動石臼で挽いて 60メッシュ以下と上が 半々程度で 5%程度のつなぎを使っているとのこと。

(ヨーロッパ発祥で 小麦を挽くための電動石臼で 高回転のために 発熱による蕎麦の劣化が避けられないといわれている。故に、多様なそば粉を取るために 補助的に 使っている店が多いと理解。 粗い目にメモリを調整して使用する場合が多いかな?)

Dsc_0562


Dsc_0563


Dsc_0564

シャルキュトリーとは何かをお伺いしたら

ご主人は フレンチのお仕事もされていたとか

鴨焼きも気になったが・・本日は ご主人お勧めの蕎麦コース

まずは ビール

Dsc_0565

(エントランス部分が広いから 通行に問題は少ないが 新しいお店に このビールケースが積み上げられていたのはいただけない)


Dsc_0567

茄子の焼き浸しに静岡産のシラス 

自家製豆腐の味噌漬けと蕎麦味噌、

鰊の旨煮・・・説明聞きましたが、間違っているかも

これで 酒は二合はいけそう

見抜かれたのか お酒はいかがですか?という事で

ご主人お勧めの 無濾過 備前雄町 純米 しゅうほう

お一人ながら 時間はかかるものの 接客はソフトで手馴れている。

幸い、住宅街でもあるので せっかちな急ぐ客は見当たらない。

Dsc_0570

豚タンと 白金豚のハム きゅうりの酢漬け


Dsc_0574

ボツボツ 客が入りだして 満席近くになってきたので

だいぶ時間がかかってきました。

次回は 順番逆で 先に シャルキュトリーでビール そして 蕎麦屋のアテで酒

十二分に量もあって すこぶる美味しい

コース@1900-蕎麦@850=1050は バーゲン価格と言えよう。

店舗前に車を数台停められるので 多分 車族の客が多いだろう

駅からは 徒歩 15分はかかるので 酒の販売はどうだろうか。

・・私も含めて 3人が飲んでました(笑)

メニューの子鴨の鴨焼きが気になったので 同じ鴨の鴨汁に変更依頼

大きめな鴨が入るタイプで シャラン鴨使用 多少辛い汁

常陸秋蕎麦と 下記の鹿屋の合盛

Dsc_0577

鴨汁や 蕎麦の接写は 失敗しております(汗)


Dsc_0582

小さな小さな粒々が見える程度で 私の感覚では 30メッシュ上というイメージ

蕎麦の切りそろえは 95%以上で 技術の高さを感じる。

もっとお話できたら良かったのですが・・本日は無理な案配

話題に登るようになれば 再訪いたします。

2014年8月28日 (木)

百夜月 奈良市 手挽きの粗挽き蕎麦が目当てです。

また 行こうかな・・・みたいな店を リストアップしています。

近鉄奈良駅の前の大きな道路を北へ少し細い道を 2-30m入る。

開店時間 少し前でしたが、営業中のご案内がありました。

約2年ぶりの訪問

Dsc_0565

懐かしいテント張りのお店 少し前に新調したように青い

Dsc_0556

黒ビールが目に入った 二年前も同じものでした。(笑)

Dsc_0557

Dsc_0554

一品もあるが 今日は蕎麦を2枚食べる予定

最初は メインイベントの手挽き

惚れ惚れとする 粗挽きで 10割

Dsc_0555

見たところ 黒い鬼皮の残りも見えるのですが

ほぼ ヌキミ状態の実から手挽きしたと思われます。


Dsc_0559

お塩もつけられているので ほぼ お塩でいただく


Dsc_0560

冷たくしめているせいか 風味は 見た目ほど強くない

この辺が・・2年に一度としているせいかも

十二分に味も香りも高いのは間違いがありませんから ご安心ください。

Dsc_0562

鴨肉がわんさか入っていた 鴨汁 鴨肉を食べると言う汁ではありません

つゆの入った蕎麦猪口と蕎麦湯をいただきましたが・・・

鴨のつゆでも 蕎麦湯したかったので レンゲを所望しました。


Dsc_0563

厚みより幅が広い 二八と言う名前のそば(つなぎ1-2割)

通りは全面ガラス張りなので 双方から見える

厨房も ガラス張り部分が多いので 客席からもお店側からもよく見える

よって 注文や給仕のタイミングが良いといえます。

すでに10年以上営業、大きく内容が変わらない安心感もありました。

場所も便利なので 奈良観光の際には また訪れたい。






2014年8月22日 (金)

笑日志(ABC) 大阪市中央区 まもなく2周年でも進化中

1周年ぐらいからは 昼間から いろんな一品が食べられるようになっています。

天麩羅、温蕎麦などもあって 間口の広いお店です。

こう言う店は 蕎麦も料理も中途半端な場合が多いは、幸い、当てはまらない。

蕎麦の種類も3種あるなど ご主人は千手観音かもしれません。

テーブル2x4 カウンター6ぐらいを ご主人+2なので可能なのかも

・・大阪でお勧めは?と聞かれたら 何度 ABCをお勧めしたかわかりません

問題は ランチタイムは ランチとしての客が多いことで

場所柄、蕎麦を食べるため以外の人たちも多いのではと思われる

蕎麦と一品と酒を楽しむのは 時間帯を考えないと。。せわしいかも。。

ランチ客は 回数も多く 店の営業原資だから たまに行く客は 邪魔をしてはいけません。

もうすぐ 2周年ということらしい

Dsc_0572

                    ↑ ↑ ↑


本日は 久しぶりの別のお店にと思って居ましたが・・

遠いので 前日に電話で営業確認したところ、どうも休業らしく

(休業案内ぐらい 電話で流して欲しいところ)

良くある お盆後の夏休みだろうと思われます。

まさか 閉店ではないだろうと、、、(笑)

・・・

幸い ABCは 食べログに お店が定休日などを 明示されているので お伺いして臨時休業の心配は少ない。

・・・今週、大阪の蕎麦屋が 客と食べログでバトルしていたのを見て

    食べログは上手に利用しないといけないと感じていたところです。

・・・

本当に 蕎麦屋は臨時休業が多いと思いませんか?

色んなかたちで Netに情報を出している店はわずかですから

客の気持ちをどう思っているんだろうと・・怒り心頭です!

開店前に ちょこっとNetにアップすれば 免罪されるわけでもないのですが・・少しは 親切です

私が お伺いするお店は わざわざお伺いするお店だから 行くのは客の勝手だけれど そんなことが続くと いくら美味しい蕎麦も 不味く感じてしまいます

客のことが考えられないお店が 美味しいものが出せるとは思えませんね

・・・

Dsc_0556


二色せいろ 笑日志セットが新しく出来ています

ねぎ わさびが1セットですむ分安くなる勘定

Dsc_0557

なぜか 大阪の人は うどんにご飯 ラーメンにご飯 焼き蕎麦にご飯などなど

ざる蕎麦でもご飯を頼むみたいです。

Dsc_0558


お酒のあての種類も増えているようです

Dsc_0561

鴨のハツ焼き 時間のかかるものを頼みました。

Dsc_0562


Dsc_0564

お酒は 別メニューで 本日は 十九をグラスで


Dsc_0565

追加できる つゆも付いて しっかりネギもさらされています

本日 笑日志セットの 「日」

ヌキミの 絹挽き(=ヌキミの微粉)と ヌキミの粗挽きの粒せいろ

細くするためか 多少 太さにばらつきが見られる(切り揃え率80%)


Dsc_0568

はじめて気がついたんですが・・

蕎麦は 氷でしめられていません 氷が効かないほど暑いとか?

粒せいろの切り揃え率95% 

Dsc_0570

惚れ惚れとする 粒が見える

流石に2年、笊に年季が入ってきました等と あらぬ事を感じます(笑)

Dsc_0571

ほとんど テーブルの塩でいただいて つゆは 蕎麦湯の素となります。

メニューには 別製の蕎麦湯と 釜湯が選べると書かれていました。

どちらかと聞かれる前に 別製の蕎麦湯が供されました。あらかじめ、依頼しておく必要があります。

・・・どちらで?と 花番さんに聞かれても 選ぶのも 花番さんが説明するのも大変だろうなと思います。(汗)

客の目線で 色々対応できる柔軟なお店だから 今後も あらぬ方向?に 進化し続ける可能性を感じた。

粒せいろが食べられる限り お伺いし続けます。

まだ 人気が沸騰していないので 限定10食の粒せいろが無かったことはありませんが

ゆっくりタイムに お伺いして 粒せいろが食べられないことが無いように

取り置き可にしてもらえると 行ける回数が増えるのですが・・・

よろしくお願いいたします。

2014年8月18日 (月)

訪問、ありがとうございます

京都グルメタクシーさんにリンクしていただいたので・・

凄いアクセス数になっています。(汗)

・・・

もし、読者様が 行かれたお店の記事がありまして、

そして、貴方の感想と近かったら幸いです。

2014年8月10日 (日)

汚い店に美味いもの無し

先日 某お店で 待っている間に 読みました。

とても感動したので購入

Dsc_0582


のっけから・・「汚い店にうまいものなし」の話が始まります

かいつまんで書くと・・

入り口にゴミが落ちていた、トイレも臭い

・・・でも 汚いからといって 美味しくないとは限らない

衛生管理が出来ていない店が美味しいわけが無い

店の掃除に気を配れない店が 食材にまで気を配れるわけがない

更に第5章には 詳しく書かれています

是非 読んでみてください

ネタばれは これぐらいで、、、、

・・・

店が汚い訳は 色々あるだろうが

一番 如何しようもないのが 店主が気づいていない(汗)

2014年8月 5日 (火)

むら木 京都市右京区西院 こだわりも・・

開店当時に訪問

最近 評価が高くなって来ている様子

Dsc_0553

西大路高辻西入る南側 阪急西院駅より徒歩5分 マンションの1階

4x2 2x1 6x1のテーブル配置、 ご夫婦のお店です。

一人なので 6人テーブルに

タレントの色紙や 小物の飾りが 異常に多いとすぐ感じた。


Dsc_0557


Dsc_0555


Dsc_0560

突き出しのおからが美味

蕎麦の揚げんも 抜き色と田舎色 揃った太さ


Dsc_0559

鴨汁や イベリコ豚つけ汁は 少し時間をいただきますと

皆さんにご案内されていました。

その辺は 当たり前のことなので 客が蕎麦に素人過ぎるということか?

ほとんどの方が 勤め人のランチの様子

多分 近所の方だから わかって居るだろうとも思う。


Dsc_0558

十割と 九一田舎で粗挽


Dsc_0556

私ごと・・・

流行の逆流性食道炎で

ピロリ菌の除菌後は 更に胃液の分泌が増えて

パリエットを毎日飲んでいます

炭酸もの 脂っこいもの 食べすぎ、肥満などが 症状を悪くするので

天麩羅、フライものは 極力避けてはいますが・・

本日は 鴨の天麩羅という レアなメニューに 負けて注文

・・・修行が足りない(汗)

やわらかく 鴨の味で 美味しい

Dsc_0563

2色ざるという名前から あい盛りを想像したけれども

十割→田舎と順番に出る

奥様が 食べ終わるのを目視して 次の田舎をオーダーされた様です

一寸 こだわりに感動しました。

あい盛りは見た目綺麗だが どちらかの蕎麦が茹でたてでなくなるので

あいもりを出す店の神経を何時も疑っています。

私的には あい盛り=駄目な蕎麦屋です。

自家製粉で 十割は 常陸秋蕎麦 田舎は 鹿児島日置との表示

少し硬い目に打たれた 角の出るタイプの 微粉の十割

細くて綺麗な蕎麦打ちと言えるレベル


Dsc_0564

しっかり黒い殻も見えるものの その他の部分は 比較的玄挽きの微粉部分が覆うタイプの 硬い目、 ゆえに つゆが絡みにくい=たっぷりつけても大丈夫(笑)

口の中で 解けたり かみ締めても 蕎麦の味が出にくいという感じ

テーブルにある 塩をつけて もぐもぐと長く噛むほうが 蕎麦の本来の味を感じることが出来ました。お試しください。


Dsc_0566


Dsc_0568

蕎麦の味については どっかん!としたインパクトが無いけれども

ランチ客の多い 町の蕎麦屋と こだわりの蕎麦専門店の 間のお店としては 蕎麦が美味しい。。

漏れ聞くところによると ご主人は元料理人だからか?

蕎麦つゆが お出汁が利いていて 飲み物として美味しい。

今後 何処に注目して どんな客が来るかで お店の方向性は 変るかもと期待。

2014年8月 2日 (土)

名前は・・・ 大阪市  説明不要

Dsc_0564


Dsc_0567

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »