2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

10年経ちました 11年目からは・・・写真と説明で

10年経過、

2004年12月ブログを始めて丁度10年経過、12月の11年目からは写真と説明だけで。。

11月から試験的に 説明と写真だけで 記事を書いています。

・・・・・

過去の経緯は、

最初は 次に行く人のために 感想文を書こうとして

または、行って良かったので、お勧め店として書いていました

有名店なのに 記事が無いと指摘されて とりあえず行った店を書くことと変更した事も

書いてあるから 美味しいと思って行ったと お叱りを受けたり

感想から お店を悪く書いていると またまた、お叱りを受けたり

(正直な感想の1割も書いていないのですが・・・)

・・・

10年経つと 妥協的に 身近な蕎麦屋さんで 行きたい店がほぼ固定されてきて

ここ1年は その中から ぐるりぐるりと 回っているだけで 

書くことは同じで、あまり書くことも無い。

(書くことは 実は山ほどあるが 文章には出来ません)

・・

karajiru net (美味しい蕎麦)を 修正して 私の意見、感想を少し反映する予定です。

・・

今後は 存在していることの証明と、訪れたお店のことなどを、

写真と説明だけで 少しだけ書いていこうと思います。

自分の 書きたいという 欲求のみに 素直に従うことといたします。

読んでも面白くないから bookmarkなどは はずしてください。(笑)

・・・・

美味しいものは 誰が食べても美味しいと思うけれども

私が 美味しくないとした店でも 大いに繁盛して 

皆さんが美味しいと言われることもあるので 

私が 美味しい不味いと感じたことは 私の中だけで決めればよいだけ、、、

個人の感想でとどめておけばよい=個人の感想は表明しなくて良い

・・・

やはり ご自分自身で 行かれて感じられることが一番だから

人の意見は 参考程度で 良いのではないでしょうか?

・・・

・・

さてさて、どうなるか?

2014年11月24日 (月)

そば切り 山親爺 神戸市

三度目の正直? 振られ振られて 久しぶりの訪問となる。

蔦屋の師匠 凡愚と 続いたので 凡愚孫弟子山親爺へ

Dsc_0513_2


Dsc_0507

数種類のお酒の中から 壱を選ぶ


Dsc_0497


Dsc_0499_3

三種もり


Dsc_0502_3

蕎麦掻


Dsc_0503

ヌキミ系で少し粗い程度


Dsc_0505_2


Dsc_0509

一応 手挽きを選択(玄からの手挽きの細切り)

凡愚からの系譜的なそばではある

師の 蔦屋では 現在提供されていないから

凡愚が移転してしまうと ここだけとなるのだろうか?


Dsc_0511


Dsc_0512_2

2014年11月20日 (木)

そば小舎 (鴨神そば) 奈良県御所市

以前 同じ名前のお蕎麦屋さんを大和高田市で営業されていて

葛城の道歴史文化館に移転開店されて 約1年半

高鴨神社から 歴史文化館を池越しに望む

Dsc_0513

手挽きは玄挽き


Dsc_0500_2


Dsc_0499_2

数人可能な大きなテーブルと 普通のテーブルもい3席ほど


Dsc_0502_2


Dsc_0501


Dsc_0505


Dsc_0508


Dsc_0506

2014年11月14日 (金)

凡愚 大阪市大正区 We are moving to amano

以前から お持ちの田舎家へ移転開店されるらしいと情報をえていたが。

今年中 閉店と聞いたので 5年ぶりに訪問

Dsc_0521

注文の後 このようなチラシをいただいた。

来年3月一杯で閉店 夏までに 和歌山県伊都郡かつらぎ町 天野に移転

すでに 設計事務所が 概要を報じています

1991年開店 1945年生まれ

Dsc_0523

Dsc_0517


Dsc_0513

お酒とさば鮨


Dsc_0500

テーブルの塩やスパイス


Dsc_0498


Dsc_0499

定番メニュー化された そばがき


Dsc_0503


Dsc_0504

手挽きの細切り


Dsc_0505


Dsc_0507

満腹でしたが かも汁も 食べておく

蕎麦は細切りで 冷たいを選択


Dsc_0508


Dsc_0510


Dsc_0511

3月までなら もう一度ぐらい お伺い可能かも・・・

2014年11月11日 (火)

そば切り 蔦屋

大阪で約25軒、京都で約10軒、兵庫と奈良で数件あまり。

再訪すべくリストアップして どうも足が向かないみせもあるが

ほぼ 6-7軒を残し 再訪できた。

更に 来年以降再訪リストに残っているのが 25軒程度ぐらい。

・・

何時でも行ける安心感と安定感から 最後の方になってしまったお店です。

手挽きがなくなったことも また 混雑のうわさから避けて

Dsc_0509

メニュー書きができて キャンパス地に絵のように書かれていた

メニューが増えている様子。

広島 宝剣

Dsc_0510


私的、蔦屋定食

お酒+豆皿3種、さば寿司、蕎麦

Dsc_0512

黒豆の枝豆がおまけ?

Dsc_0513

大阪風 バッテラ風の 鯖の身の薄いタイプとなっていた。


Dsc_0514


Dsc_0515

と、いうことで・・・

2014年11月10日 (月)

玄蕎麦が含む問題点の一つのお話

蕎麦屋の美味しい不味いは 書かないけれど

蕎麦のあれこれについては・・・一般論だから。。個人の感想として。。(汗)週刊誌的に。。

・・

玄蕎麦(玄挽き)=鬼皮のついたままの蕎麦の 危険性について

少し 蒸し返しておきます。

大昔の記事を参照ください。

熟成すると蕎麦の味が変わるところや

夏の暑いときの 玄蕎麦から製粉した蕎麦が 臭いのも ひとつの原因

幸い 必ずそうだということが無いので 一つのお話です。

続きもありますので・・よければ

2014年11月 6日 (木)

蕎麦 浜田 大阪府吹田市

8月新規開店 今回2回目の訪問

駅から 徒歩15分ぐらい

facebookも出来ています。

Dsc_0497


Dsc_0499


Dsc_0500

本日、それなりに寒くなってきたので 日本酒からと考えたが

歩くと それなりに 喉が渇く

鴨は時間がかかるらしいので 豆腐の味噌漬け


Dsc_0501

お酒は 今月のお酒

豚耳と豚足の白味噌煮込み? ご主人お勧めの一品 小皿にて

思わず 残ったスープも飲んでしまいました。丼でも良かった。

(この表現=美味しいと書いたのと同じかな??)

特に これが食べたいというメニューが 無いときは ご主人に お勧め(メニュー外)を 訊ねるのも良いかも。


Dsc_0507


Dsc_0505


Dsc_0508

仔鴨の塩焼き 

クッキングホイルなどに 包んで寝かしたりして一気に加熱しない方式

ゆえに 少し時間がかかるが、鴨の味が残っている。

Dsc_0510

お箸は 上下とも使えるタイプ


Dsc_0511


Dsc_0515


Dsc_0513

多少 太い目 初回よりも 可也 粗い目


Dsc_0514

十二分にお客が入ってきて 花番さんは居られたが やはり 時間がかかる。

(時間がかかる=良くない感想と捉えられるのかな??)

ウーン~ 中々 感想を書かないは難しい

褒める、または、美味しいだけ書くなら良いのかな~~?

2014年11月 4日 (火)

荒凡夫 大阪市中央区

本日、日曜日。

周辺の会社が休みということで 空いているかと・・

土日で 骨董市のようなイベントがあって 少し人が多い

蕎麦専門店ということで 温かい蕎麦が出されるとは思わなかったが

鴨の モモ肉を利用した お蕎麦が出来ている様子

Dsc_0507_2

日本酒が 色々と・・

Dsc_0504_2

酒盗チーズなども出来た

お酒は 而今 純米吟醸

Dsc_0508_2


Dsc_0505

鴨汁のみもいただいて お酒を飲む

杉錦という静岡のお酒も試飲として 半合でいただく

製法が 明治ながらのやり方で 濃さを加水して薄めているらしい


Dsc_0509_2

お蕎麦は 粗挽き十割

Dsc_0514_2


Dsc_0515_2

ここで 十二分に満足であったが

新しいメニュー 鴨だし温蕎麦(ゆず抜き)をいただく


Dsc_0517_2

以上 味やお店の感想は書いていません。







2014年11月 3日 (月)

いまふく 京都市伏見区

情報によれば 元々 おすし屋さんだったとか

師団街道に面しているのでわかりやすい。

京阪 藤森と深草の丁度中間点

3階建ての1F部分の店舗 8月開店ゆえに 新しい店構えに工夫が見える


Dsc_0517

カウンター3席 2x2 4x1と 席数は少ない

奥様が お運びの様子

HP参照


Dsc_0514

皮むき後 真空パックで保存との記事

所謂、完全自家製粉と思われる。店舗からは 装置などは見えなかった

Dsc_0498_2

つなぎは 出来るだけ少なくなので 十割

熟成などもメニューにあるなど 可能な限り トレンドにしたがって居られた

Dsc_0499_2

Dsc_0501_2

鴨は河内鴨

Dsc_0502

出来るものが 半端ではないので 色んな使い方が出来よう・・・


Dsc_0504

流石に おすし屋さん

表の表札にもあった様に

『手打ち蕎麦・鮨』のお店です

お酒も 有名どころが 揃っていて エバンゲリオンの酒(ダッサイ)も可也ラインナップ


Dsc_0503

肉厚な鯖鮨


Dsc_0509

2種盛りは ざる 粗挽きと別々に提供される


Dsc_0507

2種盛りを 鴨汁にしてもらう

河内鴨が 数枚 河内鴨の原価を知っているので・・・

こんなに 入れて大丈夫?と、うれしい悲鳴

鴨汁の容器が カップ状なので 後ほどの蕎麦湯のとき 蕎麦猪口に移しやすい

鴨を焼いた後がないようなので 焼かない方式みたい ネギにも焼き目は無い

つくねも 3個も入っている


Dsc_0508

粗挽きは 玄挽きからとの事 多少黒い皮が見えていた

ざる 粗挽きとも 蕎麦がとても柔らかいことを お知らせしておかねばなりません


Dsc_0512

マドラーまで付けられた 蕎麦湯


Dsc_0513

下は 昼蕎麦セットのちらし鮨


Dsc_0510

お外の メニューです。

Dsc_0515

以上、

出来るだけ 味やお店の感想を書かずに 写真と説明に 徹した心算です。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »