2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

ミュラー 京都市伏見区

Dsc_0484


10周年ということで 綺麗なお花が

クリスマスと重なって・・・

何時ものように ご主人お勧めのお酒をお願いして

「なもなき酒」

伏見 山本本家 純米吟醸 60%

何時もは 食べないが、

辛み大根(ねずみ大根)の季節だから 食べてみてくださいと、お勧め。

おろし蕎麦をいただく

Dsc_0485

北陸地方のような ブッカケ方式

2014年12月21日 (日)

いんなーと みやびの 大阪府堺市西区 津久野

JR阪和線 津久野駅から 5分ぐらい マンションの1F

HP があるので・・まずは見てください。

Dsc_0484

L字型のカウンターと4席x2

カウンターの端に座ったら・・・

石谷さんの石臼がありました。

数日前に メンテナンスされたとのこと

DCモーターの回転数を制御して 蕎麦の実の供給量を調節する仕組みです。

Dsc_0486


Dsc_0488

黒龍 純米吟醸

Dsc_0491

通常 福井を仕入れていたが・・・不作(全滅)のため

今年は 福井が 入ってきても 2月ごろでとても少量になりそう

生き残った生命力の強い蕎麦は とても味が濃いといわれているが・・

定かではありません。

現在、北海道、茨城、青森などの蕎麦を使用中。

一部、農家さんから直接仕入れもされている。

鴨の冶部煮

Dsc_0493


Dsc_0489

ヌキミの微粉の十割、標準的な細さ

話題のお店も 色々、行かれているようで 情報をお聞きしました。


Dsc_0496

2014年12月11日 (木)

笑日志 大阪市中央区

お酒が美味しい季節ではありますが・・・

一口、飲みたい時もある

Dsc_0497


Dsc_0499

塩辛 黒つくり


Dsc_0500

神亀 ぬる燗にて

Dsc_0501


Dsc_0502

燗酒で 暖かい蕎麦が恋しくなったので 鴨なんばん


Dsc_0503

カウンター席に居ると 厨房の 鴨を焼く音が聞こえてくる。

2014年12月 8日 (月)

荒凡夫 大阪市

雨が上がって 少し日差しが 紅葉を照らし (11月末)

難波橋から 公会堂が こんな日は 遊覧船も楽しそう

Dsc_0521

而今のにごり酒が入荷したとのこと


Dsc_0502

Dsc_0504

番外メニューも 更に増えて

Dsc_0505


Dsc_0506

まだ 発酵中のため ガスを抜くのに 少しづつ栓を空けたり閉めたり

口に含むと プチプチとわずかに ガスがはじける。

そんな状態であることを知らずに居たので

菊姫のにごりのように 少し燗してもらおうと思っていた(汗)


Dsc_0508


Dsc_0509

蕎麦は 取り置きをお願いしておいた 粗挽き


Dsc_0510_2


Dsc_0512


Dsc_0513

ついつい 頼んでしまった

釜揚げつけ鴨・・売り切れた都合で 十割で

釜揚げは うどんの様に 文字通り釜揚げではなく

一度 水で洗い その後暖めて提供されている

ヌメリが多くないほうが良かろうとの判断です。


Dsc_0515


Dsc_0517

今年も 福井産の蕎麦の供給が ほぼ無いとのことでした。

2軒ほど 堺市方面の 新しい蕎麦屋の開店情報を お聞きしたので

行って見ようかと・・・


2014年12月 6日 (土)

そば切り 摂河泉 大阪府堺市(三国ヶ丘)

三国ヶ丘 徒歩5分、堺東 徒歩15分に 移転開店 けやき通りに面している

今までは

金剛 大阪狭山市岸和田→(大阪福島、そば喜邐山く=行ってません)→堺

Dsc_0517

定休日は木曜日だが 不定休とのこと

・・

誰から聞いてこられたと 聞かれたので 

私、蕎麦屋の気配を感じるんですと(笑)

・・

別に だいだい的に 知らせてないので・・・

幸い もう、地元の堺の人に 見つけていただいている

もう、土日などは 満員とのことです。

17時までの売り切れ終いだが 電話いただければ・・

取り置きも可能ですとのこと

特筆すべきは お運びの方が居られるということです。


Dsc_0500


Dsc_0499

壁やテーブルは セメントで塗られています

大きなテーブル 8人 4人がけテーブル1の 計12人まで

価格は 蕎麦の量減らして 安く設定、

今後の流れで 量と価格は変更する予定(150gで@1100)


Dsc_0503


Dsc_0509

純米酒は 本日色々あるのでと 

1年ぶり再会のご主人が瓶ごとご案内いただけたので 

飲んだことのない 山形正宗とする

Dsc_0507


Dsc_0508

蕎麦掻も 以前より柔らかい目に しましたと、

Dsc_0510


Dsc_0512

手挽きの玄挽きの細切り・・


Dsc_0513


Dsc_0516

師匠 凡愚、今年の蕎麦の出来のお話などを聞いて 帰りましたとさ・・

2014年12月 4日 (木)

手打ち蕎麦 いまふく 京都市伏見区

前回、予定せず 通りすがりに 車でお伺いしたが

そば前を 楽しめる店とわかり 今回は 電車にて訪問

Dsc_0497


Dsc_0500


Dsc_0498

期間限定 完造早槽48 所謂生酒タイプ?を 一合


Dsc_0501


Dsc_0503


Dsc_0504

カウンターの上にあったので 半合

Dsc_0506


Dsc_0507

昼蕎麦セットの ちらし寿司

Dsc_0505


蕎麦は2種盛りで 半枚づつ

ざる


Dsc_0508


Dsc_0509

粗挽き=玄挽き

粗挽きながら ざるよりも細い切り


Dsc_0510


Dsc_0511

蕎麦湯には 生姜を添えて居ますと・・


Dsc_0513

今回 カウンターに陣取ったので 厨房の奥に 電動石臼が見えた。

ミツカ 36cmに見えたが・・・

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »