2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« やさしいお店(蕎麦屋) | トップページ | 蕎麦屋の師弟関係(関西) »

2015年12月19日 (土)

あまの凡愚 和歌山県かつらぎ町

和歌山の蕎麦屋のカテゴリーが今まで無かった。

以前、和歌山市内の蕎麦屋に一度訪れたが・・ご紹介できるレベルではなかった。(汗)

詳しくは HP http://sobakiri-bong.com/ (要予約・・予約システム有)

高野山に向かう 高野街道からすこし入った 

天野の里 http://www.katsuragi-kanko.jp/amanonosato.html

途中、1.5車線ぐらいになるも ことのほか 道路は整備されている

最終、農協前からは 里道に入るが 二箇所ぐらい凡愚こちら→の野案内板があり

間違って進んでいないことがわかる。

P_20151218_111729_r


P_20151218_111753_r

テラス席などもあり 手作りの山荘は 自由に散策くださいと・・

どれほど 時間をかけて 


P_20151218_111825_r

遠いところをありがとうございますと ご夫妻でお出迎えいただく

スリッパに履き替えて室内へ

P_20151218_112008_r


P_20151218_112205_r

ご主人(おとーちゃん)曰く

大阪では 何時も奥で仕事をしていて・・

お客様に接したことがないので こうして お運びすると 手が震えるんですと

最高級の ユーモアを・・

一気に 親近感を感じる。

@4000円の凡愚スペシャルという蕎麦ばかりのコースではあるが

@6000円の あまのスペシャルの4人のお客様と同時進行のため

本来 無い料理なども いただいた様だ。


P_20151218_113446_r

あてになる蕎麦として有名な 太切り

車での訪問ゆえに お酒は飲めない

九度山からタクシー、コミュニティバスなど なんとか

たどり着ける方法はあるとのこと。


P_20151218_113717_r

手挽き


P_20151218_114535_r

XX細切りそばが出たが 写真失敗XX

今年はあまり辛くないとの辛味大根

P_20151218_120126_r

コースには無いが 別注の蕎麦掻き


P_20151218_120941_r

鴨汁は 温かい、冷たい、釜揚げから選択

P_20151218_122607_r





P_20151218_122644_r


P_20151218_122649_r

蕎麦湯を 飲み物まで高めたと説明で、、、 デミカップでストレートで


P_20151218_123642_r


P_20151218_124419_r

蕎麦湯をいただいて初めてわかる文字

シホンケーキーは そば粉100%


P_20151218_125940_r


P_20151218_130102_r

コーヒーは ご主人が毎日飲むために 無農薬の豆を

自家焙煎されている

濃くはないが 苦味が多い目の味

ほぼ、2時間のコースになりました

大阪から 片道2時間なので ほぼ 1日をゆっくりとできる日程が必要です。


P_20151218_132112_r
懐かしい ヒコベーの電動石臼

P_20151218_132106_r

いたるところに 作品があります

P_20151218_132559_r

毎日は 多分 私には無理な生活だけれど

たまの一日ぐらいは 楽しめる。

一度、いかれたら、ほっと、癒しの一日になることでしょう。

素敵な ご夫妻には 『隣の人間国宝さん』を進呈しないといけませんね。

(関西人だけにわかる・・・)

« やさしいお店(蕎麦屋) | トップページ | 蕎麦屋の師弟関係(関西) »

和歌山の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/63039487

この記事へのトラックバック一覧です: あまの凡愚 和歌山県かつらぎ町:

« やさしいお店(蕎麦屋) | トップページ | 蕎麦屋の師弟関係(関西) »