2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

2016年2月の蕎麦

・・・

無性に食べたくなる 粒せいろ

P_20160206_114128_r

P_20160206_114128__r


・・・

奈川在来 ただし、北海道黒松産に釣られて訪問(笑)

十割

P_20160206_140715_r

粗挽き 手挽き十割

P_20160206_141954_r

P_20160206_135826_r


日本酒も 爆発します。


・・・

旅の空

P_20160215_180125_r

自家製粉(微粉)十割、+福井丸岡


P_20160216_112626_r


P_20160216_112842_r


P_20160216_113527_r


P_20160216_114252_r

福井丸岡のヌキミ500g1000円とのことでしたので 購入

帰って測ったら750gもありました。ありがとうございます。

・・福井丸岡の粒はやはり可也小さい→美味しい可能性。

2016年2月18日 (木)

蕎麦酒房 櫟(いちい) 京都市北区 わら天神

わら天神からすこし下がったところに 昨年 新しいお店が出来たとのこと

名前の通り いろんなお酒が頼めます。

ネット情報によりますと・・

自家製粉で完全禁煙 河内鴨使用

にこらさんのブログ曰く、6年前に半年在籍後 実家の蕎麦屋さんで・・と、

P_20160217_113134_r


P_20160217_120623_r

蕎麦の 英訳が面白いので・・

P_20160217_120642_r

昼でも 鴨の塩焼きがありました。

蕎麦は二八の北海道


P_20160217_113520_r


P_20160217_113906_r


P_20160217_113914_r

色々あるので 半合で 2杯


P_20160217_113837_r

厚く切られた鴨が4切れ 所謂CP高い


P_20160217_114348_r


P_20160217_115516_r


P_20160217_115520_r

鴨の量は 不明だが・・所謂CP高そう

大阪まで行って 煙害のあるお店で 一人5000円だすことを考えると・・

P_20160217_113548_r

大阪松原のツムラさん 京都まで配達してくれるのかな?

2016年2月17日 (水)

和(なごみ) 兵庫県姫路市

姫路市内といえども 結構 山の中へ(失礼)

カーナビだと 通れない道を案内されるので 県道413号線の

電柱看板を入る必要があります。

HP↓には 電柱看板を入ると 記載されていました(汗)

http://www.nagomi-itasoba.com/

土山人、藤枝-ながいけ、大阪-笑日志などなど

『江戸東京そばの会』 出身?のお店は 注目に値することが多い

http://www.edotokyosoba.com/pro-ob.html

そのほとんどが自家製粉ではあるが

こちら 和は HPによると 自家製粉ではないらしく 板そばの形態をとられて居られます。

更に 完全予約制とのことですが 当日、そばがあれば 当日予約も可能とのこと。

P_20160215_115950_r


P_20160215_120416_r

P_20160215_124222_r


古民家を大胆に改造した 大きなスペース

色んなイベントもされている様子。

P_20160215_124216_r

P_20160215_122059_r


P_20160215_122149_r


P_20160215_122717_r


P_20160215_122720_r


P_20160215_122733_r


幅広の蕎麦

そんなに混んでいないと考えていたが・・

迷っている間に すでに3組の先客 がありました。

2016年2月14日 (日)

そば処 ミュラー 京都市伏見区

2016年6月に移転開店済み

昨年12月に 移転のため閉店とお知らせしました。

ついに 2月29日(月曜日)で 閉店

・・・月曜日は定休日ではあるが、臨時営業の予定とか

さて、

P_20151225_120503_r


ミュラーの場所は どうも 車でお伺いするほうがよさそうなので

最後の 一杯となるかもしれません

何時ものように 店主お勧めのお酒

P_20160213_130603_r

P_20160213_130756_r


P_20160213_134920_r


では 6月ごろの 新店舗の 記事をお待ちください。

2016年2月 8日 (月)

粗挽き

現在 食べている ヌキミの粗挽き

・・・

電動自家製粉 多少繋ぎあり

P_20160206_114128__r

手挽き十割


P_20160206_141954__r

一番 めんどくさいのが↓


Dsc_0487_r

2016年2月 7日 (日)

中之光庵 なかのこうあん 京都市下京区

京都にも 今までに無いタイプの蕎麦屋が出来ました。

広くて おしゃれ?で メニューが豊富

京都 中之光庵

http://nakanokoan.com/

四条から寺町を下がったところに 昨年10月ごろ新規開店

11時開店 17時までが 昼のメニュー

17時から23時までが 夜のメニュー

11時からの通し営業で 使いガってがよいと思う。

軽井沢の川上庵が元のお店

http://www.kawakamian.com/about/

基本は

http://www.fonz.jp/about/

P_20160204_144250_r

自家製粉で わざわざ電動石臼に アクリルのカバーをつけているところが

他の蕎麦屋で、そう多くは見られない。

蕎麦うち場といえども クリーンルームではないので・・

清潔に保つ努力は どれほどあっても ありすぎる事は無い。

P_20160204_183424_r

場所やコストの問題で

石臼を店の中や カバーをかけて放置するなど

製粉室はあるが・・何時 掃除したかわからない 粉粉の店などなど(汗)

特に うち場を見せるなら、綺麗であることは 必須です。

一応、見なかった事にしています。(笑)


P_20160204_172545_r


P_20160204_173226_r


P_20160204_173937_r


P_20160204_174803_r


P_20160204_175217_r


P_20160204_181442_r


P_20160204_181502_r


P_20160204_181506_r

十割の 福井とどこか?のブレンド蕎麦で 太い。

技術的には 二八と同じような太さに出来そうだが・・


P_20160204_181555_r

2016年2月 5日 (金)

最近のわからん事

関西では ぼやき漫才というのがあって

言葉尻を捉えて 妙なツッコミをして笑わせます。

長い人生を送って居られる方なら 人生幸路という漫才師をご存知でしょうか?

『責任者出て来い!』

勿論、故人ではありますが、 ご存命なら・・弟子にしてもらいたい。

ぼやきが増えるのは 加齢による認知症の始まりらしい。(汗)

・・・・

田舎そばの定義

・・・田舎の反対語は都会

  蕎麦で言う都会=江戸

  江戸は二八そば ヌキミを細かく挽いて 2割の小麦粉を入れて打つ

故に 江戸二八蕎麦以外のことであって

太い、黒い、粗挽き、などなどが原因で田舎そばとされるわけではない

・・・

私のお店は そば粉に拘っています。

では、何故、そば粉を買っているのか?

・・・

自家製粉しています。

では、何故、蕎麦の味がしないのでしょうか?

・・・

蕎麦屋始めました。

お金を取るなら・・・

では、何故、綺麗に切り揃えたれた蕎麦が打てないのでしょう

・・・

飲食店

では 何故、店が汚いのか

・・・

何でだろう!何でだろう!何でだ、何でだろう!

そば処 井川城 長野県松本

スキーの帰り

HP参照 http://igawajyo.jp/top/

全ての蕎麦を手挽きとして3年目とのこと

住宅街、

大名そば=更科蕎麦の粉も 自家製粉とか?

P_20160129_113419_r


P_20160129_113454_r

長野方式では・・最初に 色々な一品がついてきます。

P_20160129_113557_r

手挽き十割 60メッシュ

P_20160129_113933_r

塩で食べると 蕎麦の味が甘く感じられるので・・と、


P_20160129_114102_r

粗挽きは繋ぎ有の 30メッシュ 粗挽き感は薄い

P_20160129_114127_r

食べる順番的には そばがきから~

お願いしたいところ・・・

言わなかった 私が悪い?


P_20160129_114809_r

信州そば大福

P_20160129_115653_r

2016年2月 1日 (月)

そば カフェ ぐりんでる 長野県松本

今年も 雪が やっと積りました。一年ぶりの訪問。

昨年の訪問記 参照

『スキーですか?元気ですね!』と オーナーのお出迎えを受けて・・・

・・・事実、平日のスキー場は 老人化しています(汗)

この日も含めて 連続4日間 ドピーカンでリフト待ちなし

リフト券も 色んなサービスで半額となります。

P_20160125_133623_r


P_20160125_133052_r

P_20160125_125331_r

粗びきは 玄蕎麦からの挽きぐるみとなります。

乗鞍溶岩の手挽き臼で 地元奈川在来を 自家製粉で繋ぎあり

ウラメニュー(笑)単にウラにもメニューがあります。

P_20160125_131748_r


山盛りの 京鴨の鴨汁は健在

フレンチ系 オーベルジュのオーナ シェフの 料理は 完璧

P_20160125_131753_r





P_20160125_125338_r

剥き実も気になったが・・ぐりんでるは玄挽きの店!!

P_20160125_130728_r


掻き揚げ半分 蕎麦半分の

P_20160125_131353_r


店名のように カフェとしても・・

P_20160125_125724_r

サービスしていただいた

P_20160125_132514_r

蕎麦だけではないお店です。

またまた、『乗鞍にお伺いするときは来ます』と、

オーナー御夫妻と 再会を約して・・・






« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »