2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 玄蕎麦の洗浄 | トップページ | 2016年5月の蕎麦 »

2016年5月23日 (月)

包丁 (・∀・)イイネ!!

『そば屋の旦那衆むかし語り』 藤村 和夫 編著から

第二部第二章 旦那衆昔語りの そば屋今は昔 芝巴町・砂場 萩原長康氏の項

包丁を 引用します


・・・・・

・・・・・

包丁はいつもの通り変わりありませんね。



そばの太さも、昔はそば粉粒子が粗いので、太打ち、中打ち、細打ち等、
粉に合った太さにしたもんです。



今のように粒子が細かいと、どうにでも打てますね。



昔の職人気質のせいか、どうも今はやりの手打ちそばといって売っている、
太いの、細いのの混じったそばなんぞ、そば屋として失格だと思うな。



お客様から「銭」もらう価値あるものなら当たり前だが、
対価として失格の物なら銭を帰してやるのが当たり前だよ。そうだろう。



銭もらうプロなら。機械と同じように太さ細さ同じように
切れるようになるまで修行することだ。



太いの細いのの混じったそばを茹でれば、片方は煮えすぎ、片方は生煮え、
そんなまずいそばを売るなんて商売人のすることじゃねえーよ。



職人として、経営者として、またプロとして、プライドを持ってほしいね。
山家のカーチャンがご馳走してくれるそばなら愛嬌があるが、
プロとして稼業としている者の恥だよ。



・・・・・・・・・

P_20160523_113629

« 玄蕎麦の洗浄 | トップページ | 2016年5月の蕎麦 »

蕎麦関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/65628801

この記事へのトラックバック一覧です: 包丁 (・∀・)イイネ!!:

« 玄蕎麦の洗浄 | トップページ | 2016年5月の蕎麦 »