2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

2016年12月の蕎麦

先ずは 蕎麦の切りそろえと 水切りが・・・

・・・名前は出せない(笑)・・・記事はありません

皆様の評価が高いのは 蕎麦以外の部分だと思うこととする。

・・・・・・

切りそろえも最低だが 2種類の蕎麦が混じっていた。

P_20161207_192506_vhdr_auto_r

P_20161207_192552_vhdr_auto_r

・・

大きなざる目を水がふさいで 蕎麦が浮いています。

P_20161209_134734_vhdr_auto_r


・・・・

・・・・

昼のみ禁煙とか?・・ゆえに 何年ぶりかで・・

粗挽きの蕎麦掻が久しぶりに食べたい。

P_20161209_125030_vhdr_auto_r


P_20161209_125918_vhdr_auto_r


P_20161209_125408_vhdr_auto_r


P_20161209_125221_vhdr_auto_r

本日の お蕎麦(十食限定) 粗挽き太切り


P_20161209_130402_vhdr_auto_r

・・・

2016年12月24日 (土)

荒凡夫 大阪市中央区

今年最後の蕎麦はやはりこちら

・・お隣は ☆一つの TVでもおなじみの 喜多川

P_20161222_132241_vhdr_auto_r


大晦日は 予約制の特別営業・・・だが・・予約満席らしい(汗)

正月は 2日から営業と。。。 ご主人曰く 私暇なので・・

P_20161222_134509_vhdr_auto_r

にごり酒 生

P_20161222_134517_vhdr_auto_r

年末の お酒のラインアップは ツイッター参照

P_20161222_134814_vhdr_auto_r


P_20161222_134809_vhdr_auto_r

本日 粗挽きだが 太きり

久しぶりに 顎が痛い


P_20161222_141441_vhdr_auto_r


P_20161222_141438_vhdr_auto_r


P_20161222_141444_vhdr_auto_r

では

2016年12月20日 (火)

無国籍蕎麦会席 拓朗亭 京都府亀岡市

本年8月閉店 10月に移転開店の 拓朗亭は 蕎麦会席のお店となりました

・・・

まだまだ 情報がないので 唐変木蕎麦の会の方や直接電話して

お聞きしました。

P_20161219_190135_vhdr_auto_r

比較的 拓朗亭のFBが分かりやすい。

https://ja-jp.facebook.com/%E6%8B%93%E6%9C%97%E4%BA%AD-462395657123782/

訪問は 車でということで 地図的には JR亀岡駅から5kmぐらい離れています。タクシーを呼ぶことも可能とのことでした。

席と材料があれば 当日予約可とのことでしたので

朝 8時ごろ電話してみました。

P_20161219_111749_vhdr_auto_r

駐車場

すれ違い不可の 道路を通るところがあるので ご注意ください。

P_20161219_112014_vhdr_auto_r


P_20161219_112928_vhdr_auto_r


P_20161219_113300_vhdr_auto_r

今回 いただいたのは 「菊」というコース @3200+税

他に 「正」 「宗」 「別撰」コースが値段別であるようだ(完全予約)

ウエルカムドリンク 黒サイ(サイダー)

P_20161219_113647_vhdr_auto_r

懐かしい


P_20161219_113840_vhdr_auto_r

更科蕎麦

P_20161219_113954_vhdr_auto_r


P_20161219_113959_vhdr_auto_r

前菜

P_20161219_114638_vhdr_auto_r

こだわりの お酒もあるようですが ドライバーには無理


P_20161219_115956_vhdr_auto_r


P_20161219_120622_vhdr_auto_r


P_20161219_120626_vhdr_auto_r

30年ぐらい蕎麦屋さんだと思う・・・


P_20161219_122442_vhdr_auto_r

海老がだめなので・・鯛のみに 同行者と交換してもらう

P_20161219_122522_vhdr_auto_r

ご主人から 詳しい説明のあった コーヒー リム

P_20161219_124427_vhdr_auto_r


P_20161219_115017_vhdr_auto_r

P_20161219_124641_vhdr_auto_r

帰るまで 1時間30分を要しました。

・・・

まだまだ 流動的なのですが 訪問時の状況は・・・

予約制で 予約電話は 16時から20時

中学生未満入店不可

一部 11:30から13:00 二部 13:30から15:00

店舗入り口付近より禁煙(完全禁煙)

不定休の 休日の翌日は 蕎麦だけも可能?

15時30分からは かふゑ 「小茶朗」

情報はよくお確かめの上 ご訪問くださいませ。

P_20161219_114424_vhdr_auto_r

これらは コース後にも注文可能とのこと。

早めに予約される方は 食べられないもの コーヒー以外の飲み物の選択など お知らせした方が 良いのかもしれません。

2016年12月13日 (火)

生蕎庵(ききょうあん) 福井県越前市

自家製粉 十割 + 電動石臼は自作とか

わかりにくいが 50cmはあるだろう大きな石

製紛室を見ると ある程度蕎麦屋さんの考えが見える。

P_20161208_121035_vhdr_auto_r_2


玄蕎麦を そのまま挽く 玄挽き →おろし蕎麦・かけ蕎麦

少し 奥に見えている エンペラー式の抜き機もあって→もり蕎麦

P_20161208_121003_vhdr_auto_r


メニューは 3種のみと至ってシンプル 福井の蕎麦屋に多いお店

玄挽きは 粗挽きだが 幅も広いタイプ

私の好みは 鬼皮を挽き込まない もり、 荒塩も添えられる

P_20161208_121753_vhdr_auto_r

P_20161208_121805_vhdr_auto_r


P_20161208_121757_vhdr_auto_r

私が 福井で 最もお気に入りだった 一滴庵のように

もり蕎麦のヌキミ系の蕎麦で おろしそばもいただけたら・・

 

2016年12月11日 (日)

浄楽 石川県羽咋市

昨年 宿泊したところに パンフレットがありました

手挽きの蕎麦だとか

営業日が不規則の様子なので FBを参照ください

https://ja-jp.facebook.com/sobajoraku/

15時までの営業と安心していたら・・

駐車場に、13時少し前到着 奥様が出てこられて ランチは あと2食だけですが・・と

ということで 売り切れました。

・・・予約ができるようなので 

P_20161206_132251_vhdr_auto_r


P_20161206_131621_vhdr_auto_r


P_20161206_131401_vhdr_auto_r


今年の ぐるなび版 石川 富山に 掲載されたとか

玄挽き手挽き二八蕎麦

P_20161206_132359_vhdr_auto_r


P_20161206_132406_vhdr_auto_r


ご主人曰く 電動石臼は手挽き石臼に 風味、味的に 勝てないので

電動石臼もあるが・・今は 全て 手挽きであるとのこと。

2年ぐらい前の 雑誌から・・

P_20161207_100858_vhdr_auto_r

最後の客なので 色々 秘密のお話を聞かせていただきました。

そばがきぜんざいと 神音コーヒーもいただいて うせにけり・・

P_20161206_133006_vhdr_auto_r

美味しかったですか?

『美味しかったですか?』と、店主。

このように 聞かれたら Yes or Noで答えるのだろうか?

今後 関わらないだろうお店だから 

少し時間があって 「はい」

他に 答える言葉が見つからなかった。

客に 声をかけることは 良いことだと思います。

・・

繁盛店なので 夜に 予約をしてお伺いした。

〇〇です。

今日は 予約で満席なんです。と ご店主。

○○時 予約の〇〇です。

『予約でしたか・・』

女性店員にご店主が 『よく聞いてくださいよ』と お小言

・・自分や店の責任を 転嫁するのも 店員を叱るのも どうかと

旅の空、

その時点で 退却してもよかったのだが

・・

『何か 新しいものを作りましょうか?』と 席に来られたご店主の

紺色の 作業着には 白い粉が一杯

蕎麦打ちのあと着替えることも出来たはず。

もう少し したら 蕎麦をお願いいたしますので

もう少し 待ってください

(ゆっくりするな!と言われた気分。・・こちらの🐦よう)

『もちろん、もちろん』と ご店主

ごゆっくりどうぞと 普通は 言う

・・

最後の 蕎麦が 良かったら・・

終わり良ければすべてよしなのだが

蕎麦の水切りが されていないとしか思えない状況

種類の違う蕎麦が 混じっている(汗)

・・・

帰り際(会計時)

『美味しかったですか?』

(はじめの部分に戻る)

お味はいかがでしたか?ぐらい言って!

・・・

私 多分 ご店主より 年上、そして 客と 思われます。

全て タメ口に聞こえるのは、私の 気持ちの中だけ?

・・・

こんなおいしい蕎麦はじめて食べました

日本一 美味しい蕎麦でした

・・・・・

こんな 言葉を 残して帰ったら・・

私も 大人の仲間入りできるのでしょうか?(笑)

2016年12月10日 (土)

そば処 松晶 石川県小松市

蟹のシーズンには 日本海側へ行くことが多い

未訪問の掘り出しものの蕎麦屋はあるでしょうか?

粒がみえるような 粗挽きが好みなので

NET上の 写真を検索してから 店を調べます。

禁煙であること・・必須

自家製粉であること・・できればヌキミ

十割であること・・超粗挽きなら 多少はつなぎも可

以上 簡単な条件ながら・・蕎麦屋多しといえども なかなか見つからない。

P_20161206_115044_vhdr_auto_r

煙草可の蕎麦屋は蕎麦の味・香りを捨てた 名ばかりの蕎麦屋です。

P_20161206_112703_vhdr_auto_r

何を頼んでも 蕎麦は選べます。

P_20161206_113028_vhdr_auto_r

もり蕎麦 二枚目以降 520円

食べ比べてみたかったが・・・

こんなん 発見したので・・・


P_20161206_112827_vhdr_auto_r


太打に挑戦~~~

文章的には 私の 言葉の理解力を超えているので 想像ください!

P_20161206_113203_vhdr_auto_r

越前 大野在来 普通の切り

P_20161206_113555_vhdr_auto_r

P_20161206_113601_vhdr_auto_r


太打

P_20161206_113640_vhdr_auto_r

P_20161206_113648_vhdr_auto_r_2

サイズの比較

P_20161206_113714_vhdr_auto_r_2

幸先よく 良いお店に遭遇

要 bookmarkです。

・・・・

小松駅から 徒歩20分ぐらいだそうです

P_20161206_114818_vhdr_auto_r





2016年12月 4日 (日)

そばがき屋 (ぐーちょきぱー) 大阪市東住吉区

蕎麦の実の美味しいを 簡単に確実にいただくなら そばがき

ヌキミを挽いて すぐに蕎麦掻にしてもらえる。

篩わないから甘皮部分も全部いただけるのです。

下手な自家製粉だと 一番蕎麦としておいしい部分を使わないというか

粗い粒が混じるということで 篩い分けしている 勿体無いが・・

蕎麦粉は 挽きたてに 味のすべてがあるのだが

・・・

すでに挽いた粉(準備済み)を蕎麦掻にするをメニューとしている店は よくある

天笑、文目堂、摂河泉、蔦屋、山親爺などのグループ

笑日志、きらく、・・ほかにも多数。

客の顔を見てから 粉を挽いて蕎麦掻にしてくれるお店は稀有です。

・・・手挽きの石臼を使っているお店で

頼めるタイミングがほぼないが 荒凡夫、

一応、夜のみのミュラー、

ご厚意で 手挽きしてくれた 十割蕎麦さくら

また聞きだが 京都 ろうじな

・・・

一度、挽きたての粉での 蕎麦掻を食べてしまうと・・・

・・

私が 提唱している 粗挽きの十割蕎麦の ベース的味のイメージです。

『十割無篩無玄蕎麦』

・・・

大きな意味で 凡愚グループのお店だからか

木曜日定休の多い 同じグループの ご主人が 先客として居られた。

当然、いろいろインタビューしたが ここでは 書けない((笑))・・自主規制(汗)

・・

蕎麦打ちを練習していたころ(今は ほぼあきらめた)

20メッシュ上の粉を 繋げることのできない私は 篩い分けた粉を

蕎麦掻にして お酒のあてとしていた。

蕎麦掻で一杯は楽しい。

P_20161201_130818_vhdr_auto_r

お昼のセットメニューで一杯

冷やか常温かで数種選択可能

お好みの粗さの蕎麦掻と鴨汁がついてくる @1200と激安

某蕎麦屋なら 2000円以上まきあげる事でしょう・・何処の事??

だいたい 蕎麦掻だけで 一枚の蕎麦以上の場合がおおいから・・

P_20161201_130141_vhdr_auto_r

ちなみに じょうざん

P_20161201_131416_vhdr_auto_r
 

同じく くじらなみ(いつも ゲイヒと言ってしまう=『さんずい』あるのに)

P_20161201_132205_vhdr_auto_r

一番 粗い粉で 蕎麦掻

2016年12月 3日 (土)

2016年11月の蕎麦

P_20161109_120622_vhdr_auto_r


P_20161109_120535_vhdr_auto_r


P_20161109_122632_vhdr_auto_r

P_20161109_122637_vhdr_auto_r_2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »