2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

十割蕎麦 坊主bar一休 滋賀県長浜市高月

一度、聞いたら忘れられない名前です。

ググルと 「坊主bar」という名前のお店は結構あるのに驚き!

昨年、現役?のお寺さんが始められた 十割蕎麦のお店

FBによりますと 地元の蕎麦(当日虎姫産)を 実抜き(ヌキミにする)ところからの

完全自家製とのこと

https://ja-jp.facebook.com/ikkyu.bar/

お寺の都合で臨時休業があるとのことなので 電話にて確認

蕎麦の取り置きはOKだが 席の予約はできないとのことでした。

場所は 北陸本線 JR高月駅のすぐ前の ご亭主が セルフビルドされたとのウッディな外観

電車は 昼間 1時間に一本、朝夕2-3本

北陸道 木ノ本から15分ぐらい

P_20170225_122546_vhdr_auto_r


P_20170225_114201_vhdr_auto_r


当日は カウンター5席 テーブル席4x3 椅子はあるので もう少し収容可能

P_20170225_113735_vhdr_auto_r


P_20170225_113908_vhdr_auto_r


蕎麦掻や 丼物もあります

配膳後 食べ方や 玄や抜きの粉のサンプルで 蕎麦粉の説明がありますが

最後は 早く食べてとの 少し矛盾したご案内(笑)

玄挽きもヌキミも 60メッシュの微粉

P_20170225_120819_vhdr_auto_r

蕎麦の実ごはんがつきます

細い目の綺麗な切りそろえ 皿に直接盛られている

水切りが良くされている関係か 少し蕎麦同士が引付いていた部分がありました。


P_20170225_121235_vhdr_auto_r

P_20170225_121241_vhdr_auto_r


ヌキミは 完全に抜いてないようで 多少 鬼皮の黒いところが残り、混じります。

P_20170225_114319_vhdr_auto_r

メニューの裏面には 十割を 「とわり」と書かれていますが

説明や電話では 「じゅうわり」といわれていました。

・・

開店の少し後に到着 先客2組、後客2組、帰るころには

待ち客1組、駐車場には 三重や岐阜の車が・・

2017年2月 6日 (月)

今年も変わらず・・

昨年 暮れに書いていた記事を投稿です。

・傾向・・・

リピート訪問が多い(分別が進んでいる)

新規開店のお店の見学(巡礼) ・・訪問時と状況が変わった時

旅の途中に訪問(昼ごはん)

味の良い悪いは書いても仕方がない(ご自身で確認くださいor想像して!)

=記事があっても美味しいとは限らない(汗)

自分中心主義で・・・混雑や 予約など 訪問にハードルがある場合は 避ける傾向、遠いのも難しい、営業日がはっきりしないでは行けないのでは、、

蕎麦が優れていることを第一と考える (蕎麦屋なら蕎麦が大事)

蕎麦+食事のレストラン的なお店でも 究極 蕎麦がどうか?です。

・・蕎麦についての考え方(個人の感想)

・・どんな蕎麦屋をするか どんな蕎麦屋に行くかは 店主、客の勝手

蕎麦屋めぐりから得た美味しい蕎麦の ヌキミの粗挽き を探す(二八 微粉は避けたい)

自家製粉以外のお店には行く必要を感じてない(蕎麦を第一と考えている。 蕎麦もある食堂、居酒屋なら訪問に値しない)

下調べで 蕎麦の切りそろえが悪ければ行かない。訪問して 出てきた蕎麦の切りそろえが悪ければ 再訪しないとする=ダメな店とする。(ガイドにある店、古い店でも意外と多い) 蕎麦打ちの技術は 蕎麦の味に大きな影響を与える。 技術のない蕎麦屋に 美味しい蕎麦は打てないとキッパリ言える。

コストパホーマンスの考えは 趣味の食べ物蕎麦にはありません。最初からCPが最悪の食べ物です。

・・・百年の恋も冷める

店内のディスプレーがホコリだらけ、

店の外は 草だらけ、暖簾は汚れ、

店主店員の衣服は 何時洗ったのだろうか?

雑誌やTVに出た時、見たくない物が映ります。(通常、見えないところも映す)

・・某寿司桶に黒カビのようなシミがあったのには驚いた!

・・エアコンのカビもよく見ます

・・厨房機器が汚れています

=味も大事だが 見た目も! まずは衛生的でなくては

・・・

何時も通りの主張が続いただけでした。(汗)

そんな 自己中心的な 頑固な考えで 書いていることを ご承知くださいませ。

感じた事を ありのままに書いて お店の営業妨害になるのも 心苦しい

でも 感じた事を書かないと 記事の意味もないとも思う。

さてさて、

でも、まず、行かないと始まらないのです。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »