2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月20日 (火)

蕎麦 はな 尾道市因島

多分 広島県の蕎麦屋に行くのは初めて?

元 名人のおひざ元ということもあり 広島県には二八蕎麦の店が多い

こちらのお店にも 名人の経歴などが張られていた。(関連不明)

名人のお弟子さん系では

大阪の 松下、なにわ翁では 完全自家製粉を行っている。

(石臼で粉にするだけではなく 玄そばをムキミにするまでを行う)

こちらの お店でも ムキミからの完全自家製粉である。

P_20170615_123714_vhdr_auto_r


P_20170615_123704_vhdr_auto_r

自宅型のお店で 大きな道路からは 細い道を50mほど入る

車はなんとか4台まで可能

座敷に 座卓が 大1(10人) 中1(4人) 小2(2人)

P_20170615_115024_vhdr_auto_r

P_20170615_122604_vhdr_auto_r


P_20170615_122558_vhdr_auto_r

定かではないが 30メッシュぐらいの 少し粗挽きの粉を二八にした感じ

名人のような 微粉90メッシュの粉を二八にした感じではなかった。

切り揃えや長さなどは 秀逸!


P_20170615_123416_vhdr_auto_r

メニューには無いが 振舞われる 蕎麦クレープ、マーマレード載せ




2017年6月17日 (土)

一心庵 岡山県真庭市 十割蕎麦の店 ⑬

「蕎麦が主食」といたしましては 新地、祇園などの接待にも喜んで対応いたしますので・・お声がけください。(笑)

思った事(主観)を述べるのも難しい世の中

思わないことを 利益誘導的に 述べるのも難しい

などと、思ってしまう今日この頃。

ましてや!人の言うことを信じることも・・人は平気で嘘をつきます。

・・

なんと!今回で 3回目の訪問 車で 3時間ぐらいかかりますが

こちらの オリジナル蕎麦 「十割無篩い無玄蕎麦」に魅せられて

・・

玄が入らない=無玄=ヌキミ

無篩=挽いた粉を全部使う=挽きぱなし

・・P_20170616_110255_1_vhdr_auto_r

先ずは 同じ粉の そばがき

P_20170616_110726_vhdr_auto_r

そして そばがきを蕎麦にしたような 無玄蕎麦

本日 信濃1号

P_20170616_111033_vhdr_auto_r


P_20170616_111045_vhdr_auto_r

本日も ごちそう様でした。



そばがき

注文後 粉を挽く

Arabonnpu2

荒凡夫 雑時はお受けできないとの但し書き ヌキミ ひたすらお願いしましょう。

Myura

ミュラー、夜のみ、混雑していなけれが 直接主人に頼みましょう ヌキミ

Sobagakiya


そばがきや ぐーちょきぱー ヌキミ 一番粗い粉(5)

P_20160622

十割蕎麦 さくら たまたま挽いていただけた。

・・・

蕎麦と同様に 微粉の蕎麦掻は避けています。

Bonngu_kyuu_taipu

凡愚 旧のお店の時

Ittshinann

一心庵 岡山

Kuge


くげ 兵庫

Kururi


来倫 岡山 天笑の弟子につき 同じ感じ

P_20160630

笑日志 

Shizuokanagaike_kohi_miru

ながいけ 静岡

Takeyabu

竹やぶ 箱根

Yamaoyaji


山親爺 神戸

Photo


吟香 兵庫 玄挽き

Fukuakari_tehiki

ふくあかり 神戸

Gennara

玄 奈良

Gurinnderu

ぐりんでる 松本

Edo

恵土

Sennba_tehiki

仙波 岐阜

Nagoyaittshinn

一心 名古屋

Tanigawa

谷川 福井

・・・おまけ

粉に対して 水3倍から2、5倍

20081004144009s


Ff778499953403099cb5eda35d3e63ea

2017年6月13日 (火)

いまふく 京都市伏見区 十割蕎麦の店⑫

新しくHPが出来て

http://teuchisoba-imafuku.com/

ぬきみの粗挽き蕎麦の写真がありました

ぬきみの粗挽きと聞いて行かないことは自分が許せません。((笑))

・・

まず、入口でショックを受けた

P_20170608_113157_vhdr_auto_r


何軒分の蕎麦があるのだろう・・恐れいりました

・・・

開店直後なのに 二組5人がすでに注文済み

「少しお時間掛かりますが・・よろしいでしょうか」

そりゃもう仕方がない・・逆に並ばなくてすんでよかった。

カウンター3席、二人掛けx2 四人掛けx1と 11席

奥様が花番、ご主人料理だが メニューは恐るべき多さ

元お寿司屋さんで 開店直後は 一貫から寿司が頼めた

今は コースには寿司もあるが 一貫のメニューは消えている

蕎麦の種類、天ぷら、鴨、そばがき、一品、お酒などなど・・

P_20170608_113208_vhdr_auto_r

熱いお茶と冷たいお茶とどちらが?というありがたいお尋ね

この発想は 今まで行った蕎麦屋でも珍しい。

メニューを見ると悩むけれど・・

そばがきと粗挽きは外せない。時間がかかるなら蕎麦前も良い

P_20170608_114445_vhdr_auto_r


珍しい 黒ビールもあった。

P_20170608_113556_vhdr_auto_r

日ごろ、雄町>山田錦>五百万石などと勝手に決めている。

原酒のアルコールが高いものより アルコール調整品の方が飲みやすい

京都の蔵では 中々美味しいところが無いと思っているけれど

微炭酸にひかれた。守破離 微炭酸を選択・・

お通し的にサービス頂いた ずり(鴨)の生姜煮がいけたので追加

半分以上食べたあとです。

P_20170608_115016_vhdr_auto_r

河内鴨との表示は消えて 京鴨となっいるみたい

P_20170608_120230_vhdr_auto_r

カウンターの手挽き臼で蕎麦掻用の粉が挽かれる。

P_20170608_120045_vhdr_auto_r


毎回 挽かれるんですか? 風味が違いますから・・

確かに確かに、

今回は そばがき小

P_20170608_120547_vhdr_auto_r


P_20170608_120551_vhdr_auto_r


本日 粗挽きは鳥取ですが 栃木で発芽蕎麦も加えたものがあるので

半量づついかがでしょうか?と、うれしいお尋ね

先ずは 鳥取

P_20170608_121217_vhdr_auto_r

P_20170608_121221_vhdr_auto_r

P_20170608_121550_vhdr_auto_r


P_20170608_121556_vhdr_auto_r

セットされるばら寿司の(一口サイズに変更可)


P_20170608_121821_vhdr_auto_r


P_20170608_122049_vhdr_auto_r

これは 聞いていなかったデザート 誰にでも出るかは不明


P_20170608_122249_vhdr_auto_r

昼は どうしても 一時になる

もし、取り置きが可能なら ランチタイム後に お伺いしたい。

・・・・カウンターには

P_20170608_113906_vhdr_auto2

比べると 粒の大きさが違うのが分かります。


P_20170608_114054_vhdr_auto


P_20170608_120359_vhdr_auto

コースもあるようです。HP参照

P_20170608_120255_vhdr_auto


2017年6月11日 (日)

十五 京都市左京区銀閣寺 十割蕎麦の店①の二

最近 十割蕎麦の店という感じでタイトルをつけ始めた時の 一番目のお店

http://soba-ishiusu.cocolog-nifty.com/alog/2017/04/post-9c62.html

前回は 少し お聞きすべきことが抜けていたので再訪

石臼の事を聞いた変なおっさんと覚えていただいた様だ(汗)

名前はこの辺りから

P_20170407_121244_vhdr_auto11

5立ては

P_20170606_111815_vhdr_auto


茹で立てで六立てになるのだろうか?

(日本人は 1 2 3 5 7 8 10などの数字が好き)

蕎麦の実も 鬼皮のついた玄のまま保存するほうが劣化が少ない

2の脱皮したて=脱皮機をお持ちであるということです。(完全自家製粉)

京都や大阪あたりで 脱皮機をもって居られるお店は 片手ぐらいしか思い浮かばない。

P_20170407_114550_vhdr_auto_r

元々、関東在住であったが 今回 蕎麦屋を始めるため上京

・・京都の人は いまだに 京都を中心と考えているので 上京は東京に行くことではありません((笑))

お聞きすれば 可也、長い間に、いろんな蕎麦屋さんに行かれているみたい

蕎麦屋巡礼で感動したご主人好みの蕎麦、蕎麦掻を 作られています。

・・

店舗カードに そばがき 蕎麦とことわられているように

そばがきを食べてもらいたいと言われていました。

・・関西で食べられる蕎麦掻のある蕎麦屋を幾つか申し上げました。

  (関西でも そばがきはあります)

そばがきのお店でも良かったのですが

・・その形態はすでに そばがきやとしてあります

  (そばがきや ぐーちょきぱー)

それは 是非行きたい

・・こちら 無休だから無理ですよね((笑))

  (最近、昼のみの営業に変更で 夜は無し)

P_20170606_113831_vhdr_auto_r

そばがきは冷め始めると固くなるから

作った鍋ごとだと良いし 皿に移すときのロスもない。

冷めない様に蕎麦湯などをはるお店もあるが 味が薄くなります。

P_20170606_111821_vhdr_auto_r

お抹茶そばがきは 抹茶を練り込んでいます。

・・

完璧に 脱皮せず 鬼皮付きをのこすから 色も茶色く皮の欠けらも見える

少し太い目の粗挽き・・綺麗で長い

店主の技術的には、通常の太さで十二分に打てると思う・・

これから おいおい お願いしてみることにしましょう。

P_20170606_114023_vhdr_auto_r

一人営業なので 客が落ち着いていたら

蕎麦屋のお話もたんと聞けるでしょうね。

2017年6月 3日 (土)

一心 名古屋市 十割蕎麦の店⑪

玄挽きの蕎麦ということで 余り興味はなかったが

チャンスがあれば お伺いすべき蕎麦屋さんである。

兎も角 粗挽きで十割、手挽きで粗挽きなど ラインアップが良い。

少し太めだが 手挽きの粗挽きは がんこそばと名付けられ

ある程度限定数があるらしい。

幸い、予約数のみ打つ、本日は無いということが無いらしいので

開店を目指す。

名古屋駅からは 4-50分の道のり それだけあれば 出発地点の京都に戻れる。(汗)

開店5分前 一組の待ち

P_20170531_105616_vhdr_auto_r

入口右側の小屋は製粉室と蕎麦打ち場の様で

ご主人が出たり入ったり 機械の音がしたりしている

ほぼ開店時刻に 順番に一組づつ席に案内される。

その後の客も必ず案内を待つスタイルである。

また、席はあるが 順番的に 時間がかかることを 後からの全ての客に説明されている。

P_20170531_110853_vhdr_auto_r

カウンターもあるようだが ボックス的に区切られている

メニューや蕎麦の事は HPなどで確認が可能

http://sobakokoro.fc2web.com/

P_20170531_110329_vhdr_auto_r


P_20170531_110320_vhdr_auto_r

P_20170531_110335_vhdr_auto_r


P_20170531_110522_vhdr_auto_r


P_20170531_110939_vhdr_auto_r

切子の猪口は箸を濡らして箸に蕎麦掻を引っ付かないようにするためのお水が入っている

テーブルに塩もあるが ミルも

・・・ミルの部分がむき出しにならない様な工夫が良い

P_20170531_110710_vhdr_auto_r

P_20170531_110608_vhdr_auto_r

蕎麦屋で70分はなかなか居座れないし 自分たちも並んでいたのを思い出せばよいだろう。

1000円程度の店で おもてなしを求めるのは酷です。

最低限のサービスを超える必要は無いと思います。

最低限のサービスが揃えば おもてなしレベルに昇華するものです。

・・・

蕎麦掻を食べたら どうしても箸に蕎麦掻がへばり付く

何時も隠れておしぼりなどで拭いて蕎麦に備えることが多い

または、言いにくいが 舐り箸を行っている((笑))

今回の最低限のサービスは 蕎麦掻が食べ終わったのを 何度か確認に花番さんが来られて いわゆる 「お声がかり」を行わず蕎麦が出てきました。

(笑) おしぼりで拭いていたお箸も下げていただけた

BOX式シートで アイコンタクトが出来ないから 見に来る必要があるのです。

P_20170531_112814_vhdr_auto_r

狭い店と謙遜されておられるが

ご主人と厨房一人 花番二人と贅沢配置に思える。

久しぶりに・・客が 最低限のサービスを受けられるお店でした。

席数と人員の兼合いは 永遠のテーマです。

・・

ボリューム感のある天ぷらも売り

蕎麦への取り組みも 素晴らしい、

口コミも高く 行列ができるのも納得です。

・・

がんこそば=手挽き

P_20170531_111901_vhdr_auto_r


P_20170531_111910_vhdr_auto_r

少し暑いこの時期 少し蕎麦の鬼皮の臭いが感じられた。

下は十割=電動石臼


P_20170531_111957_vhdr_auto_r

蕎麦粉を加えた蕎麦湯 熱々で良い。

濃いポタージュタイプは 温いと気持ち悪いものです。

P_20170531_112546_vhdr_auto_r

陶器にこだわって居られるようですね・・

蕎麦が良くて 最低限のサービスができる こんな贅沢なお店が有った(遭った)とは・・

ああ~最低限のサービスって 蕎麦を食べるものには とても贅沢なおもてなしですね。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »