2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 蕎麦の里 びばいろ 芽室町 | トップページ | 生粉打蕎麦 玄太 京都市伏見区 »

2017年9月19日 (火)

蕎麦カフェ 田伝(denden) 宮城県 大崎市鳴子

北海道からは 地道にて

自社栽培 製粉 鳴子産蕎麦粉 100% 自社製麺

国道沿いの所謂 路面店

田伝と書いて (でんでん)

https://ja-jp.facebook.com/sobacafedenden75/

P_20170918_114734_vhdr_on_r

席から見えるのは 栽培中の蕎麦 二期作目の秋そば

ゆえに 今は夏新


P_20170918_114011_vhdr_on_r

とんかつから ケーキまで 蕎麦の取り組み以上に レストラン的


P_20170918_112143_vhdr_on_r



P_20170918_112309_vhdr_on_r


P_20170918_112623_vhdr_on_r

蕎麦は本格的



P_20170918_113134_vhdr_on_r

玄挽き 透明感のあるこりこりした きれいな切りそろえの麺

P_20170918_113236_vhdr_on_r


P_20170918_113239_vhdr_on_r

大きなガレット

P_20170918_113244_vhdr_on_r

このシステムなら 一日中営業可能ですね

« 蕎麦の里 びばいろ 芽室町 | トップページ | 生粉打蕎麦 玄太 京都市伏見区 »

東北の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

初めまして。記事の内容に共感することがとても多く,数か月前からいつもチェックさせていただいております。
実はわたし,1年ほど前まで「蕎麦カフェ田伝」でスタッフとして働いていました。
まさか北海道から鳴子。しかも「田伝」とは驚きです。

鳴子の休耕田を何とかしたいと8年ほど前に,「蕎麦で鳴子の町おこし」を始めたのが田伝のオーナーです。
「田伝」をはじめ,岩出山の「愉多工房」,仙台の「鹿落堂」と,鳴子産の蕎麦を使って展開している蕎麦屋が存在します。わたしも「蕎麦小屋 はのきさわ」として栗原市で営業をしています。
宮城県は,山形や福島などと比べ,蕎麦に関してかなり遅れていることは否めません。
でも,これからも各店それぞれ,鳴子の蕎麦,宮城の蕎麦の美味しさをたくさんの方に伝えるべく頑張っていきます。
これからも記事を楽しみにしております!

コメントありがとうございます。「蕎麦小屋 はのきさわ」様

台風で フェリーが止まった日の19日 東北道をひたすら京都に向かっていました
鳴子でこけしを買いたいということで途中下車 たまたま見つけた 田伝さんです。

休耕田を蕎麦畑にという事だったのですね 強風の中 お客さんが多く
・・興味深い業態と感心いたしました。

少し、ブログも拝見いたしました。 手挽きで 好物のヌキミの粗挽きもある様子
情報があれば、近くまで来ていたので、お伺いしたかった、残念です。

どんな蕎麦かが分かれば 万難を排してでもお伺いする
蕎麦マニアも多いと思うので 稀有なヌキミの粗挽き今後ともよろしくお願いいたします。

お伺いできる機会はなかなかないとは思いますが、訪問予定リストに加えさせていただきます。


 

ブログを見ていただき,ありがとうございます。お会いできる日を楽しみにしております。

茨城方面の情報をお聞きする事もあるかと思います。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/71746695

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦カフェ 田伝(denden) 宮城県 大崎市鳴子:

« 蕎麦の里 びばいろ 芽室町 | トップページ | 生粉打蕎麦 玄太 京都市伏見区 »