2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

生粉打蕎麦 玄太 京都市伏見区

前出の グリンデルの訪問は 1月末

今回 訪問まで 約1か月 蕎麦屋の訪問はできなかった。

単純に 体調不良という事であるが

遠くまで出かけてみたいな気持ちが 湧いてこなかった。(笑)

と、言うことで 2月の蕎麦屋は1軒のみ

・・・

リハビリもかねて そろりそろりと、

P_20180223_132946_vhdr_auto_r

P_20180223_122836_vhdr_auto_r


表に こんなディスプレーが・・(ご主人曰く 今日出したところとか)

手挽きは 玄挽き

盛りそばは 今まで通り 玄の皮を店内で脱皮させて 9割がたヌキミにしたものを 電動石臼で挽いた蕎麦

P_20180223_123430_vhdr_auto_r

壁に書かれているメニューから 根菜の醤油漬け

蕪、人参、牛蒡、長芋などを 醤油などにつけ1週間ぐらいとか

お酒は ご主人の 試飲されたレアな銘柄がずらり 壁のご案内の

豊香を注文

https://shimizuya.info/houka

当日 何があるかは それは 行った人だけの楽しみ

FBやインスタに載せてもらえるとありがたい。

P_20180223_131847_vhdr_auto_r

上は 冷蔵庫の一部 東山酒蔵の閂、魯山人。

http://www.fushimi.or.jp/brewery/higashiyama.html

太い目でも もっちりした蕎麦を目指しているとの言葉通り

気持ち太い目となっています。

P_20180223_131939_vhdr_auto_r

手挽きは 玄挽きとなったので ほぼヌキミの盛そばとの食べ比べが楽しめそうな・・・


P_20180223_131943_vhdr_auto_r

以前 お伺いされることを お勧めしていた 「いまふく」さんにも行かれたとの事

その後の 交流のお話や 師匠筋 福井 谷川のお話やら・・お酒の事を教えていただいたり・・

やはり 蕎麦屋って良いな~

 

2018年2月 4日 (日)

蕎麦カフェ ぐりんでる 長野県松本市(奈川あたり)

幸い、 今年も 恒例の乗鞍高原でスキー

昼は こちらにて

P_20180129_135844_vhdr_auto_r

P_20180129_132124_vhdr_auto_r

玄蕎麦、手挽きの粗挽き蕎麦掻

P_20180129_132935_vhdr_auto_r

ヌキミで微粉の

P_20180129_135018_vhdr_auto_r


玄 手挽きの 繋ぎあり

P_20180129_132130_vhdr_auto_r

P_20180129_134347_vhdr_auto_r


P_20180129_134356_vhdr_auto_r


P_20180129_132034_vhdr_auto_r

本格的な 蕎麦だけで十分だが

超邪道な カレー蕎麦の季節限定という言葉に負けた。

ご主人は 料理やお菓子にも・・腕を発揮されるのが悩ましい。

天かすやカツオなどもトッピングされていて

ビーフカレーと玄挽き蕎麦が融合


P_20180129_134012_vhdr_auto_r

カレーのメニュー(うらメニューという)もあるから

お腹が空いていたら食べてみたい。

P_20180129_132328_vhdr_auto_r

と、いう事で 一年で一度ぐらいの訪問では

グレンデルを味わいつくせない。

・・・

警告!

P_20180130_111152_vhdr_auto_r




« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »