2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月26日 (月)

荒凡夫 大阪市中央区

桜はまだまだ 卒業式のシーズン頃

可也 久しぶりに訪問、月一の訪問を予定をしているが・・

店舗前の 中華 エスサワダと、 隣の喜多川がTVに出ていて

なんとなく刺激されたような。

大きくメニューや仕組みが変わったわけではないので

(本人は昨年大きく変わられたらしい・・が・・)

お酒と手挽き粗挽き蕎麦という組み合わせにて

P_20180312_130042_2


P_20180312_131335_2

P_20180312_131514


P_20180312_132447

目新しい蕎麦屋さん開店情報も 特になく

有名、料理人さんが 蕎麦屋を始められた(喜心)お話などさせていただきました。

「いまふく」で行われた蕎麦会のながれでの遠来の蕎麦屋さんとの交流など少しお聞きしました。

2018年3月20日 (火)

百夜月 奈良市(近鉄奈良駅)

西大寺で乗り降りする予定なので 近鉄奈良まで・・寄り道

近鉄奈良駅からは2-3分

木製の看板が営業中のサイン

P_20180315_115202_vhdr_auto_hp_2

今後の予定から ビールのみ かまぼこがついてきた。

P_20180315_113340_vhdr_auto

十割には 二種類

数量限定の 手挽きには 塩も


P_20180315_113829_vhdr_auto

電動石臼の十割

十二分に粗挽き


P_20180315_113921_vhdr_auto

手挽きは 更に とても粗挽きで 粗い粉の割合が多いと思われる

ゆえに 短い?

蕎麦の実を食べているという感じ


P_20180315_114102_vhdr_auto


P_20180315_114105_vhdr_auto

粗挽きであることを こちらは 特に主張されていない。

ご主人の表現される 十割、手挽き蕎麦が 粗挽きだっただけ

・・・

粗挽きは 単に比較による表明

ご主人が 他と比較して 粗挽きと言えば そのお店の粗挽き蕎麦

(=定義は無いので 「自称粗挽き蕎麦」と 思っています。)

粗挽き感を求めているので 多少の粗挽きを 粗挽き蕎麦と認められないことが多い

2018年3月18日 (日)

手打ち蕎麦割烹 喜心 大阪市旭区 森小路

昨年、一茶庵の卒業生が開店と情報を得ていたが・・

詳しい事は 全く不明、やっと 食べログにも記事が出た。

京阪電車 森小路 (京橋から普通電車で数分)から 徒歩3分程度

住宅街にありました。

P_20180307_133033_vhdr_auto_r


第一印象、ご主人見た事あるやん

そういえば FBに「ちちんぷいぷい」(MBS関西ローカル)が出ていた

https://www.facebook.com/kishinsoba

数年前 キッチンぷいぷいで 毎週、料理をしていた人だ!

一応、確認したら、その通りとの事

病気をされて 体に負担の少ない 小さな個人のお店を始められた

P_20180307_133049_vhdr_auto_r

P_20180307_142538_vhdr_auto_r

P_20180307_133508_vhdr_auto_r

本日は まだまだ 温かい蕎麦が出るので 繋ぎありのみとの事

なにやら 繋ぎ1.2?と言われていました。(外一でもない?)

P_20180307_134734_vhdr_auto_r


P_20180307_134742_vhdr_auto_r

以前 訪問された ( 慈久庵 )のような蕎麦を目指されているそうです。

残念ながら 私、未訪問でイメージできず(汗)

また、元々、料理人でもあり 割烹を名乗られているように

料理が可也あるようです。お酒の取り揃えも可也。

・・

生粉打ちの日を知る方法が・・

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »