2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き④ | トップページ | 手打ちそば いまふく 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑥ »

2018年11月12日 (月)

生粉打玄太 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑤

昨年 9月開店なので 1年余が経った。

 

調べてみると 2か月に一度ぐらいのペースでお伺いしています。

 

・・・基本データ

 

 生粉打=十割蕎麦

 

 もり→ヌキミ (自家脱皮の為 5%程度の玄がのこる)

 

         やはり 色彩選別機かな?

 

 手挽き→玄挽き→ご主人の食べてもらいたい蕎麦

 

         当初、手挽きもヌキミであったが 近頃 玄挽きにシフト

 

 二八もあり→温かい蕎麦の為に

 

 ご主人お勧めの 辛口のお酒が 色々

 

 蕎麦が綺麗で、元料理人ゆえか 一品が美味く幅広い。

 

・・

 

P_20181027_132355_vhdr_auto


P_20181027_132400_vhdr_auto


なんと!先月よりも 一品が増えている

 

P_20181027_132814_vhdr_auto


P_20181027_133957_vhdr_auto
豆腐の味噌漬け 奈良漬、クリームチーズはさみ

 

量があるので・・お酒が足らなくなる

P_20181027_134042_vhdr_auto

 

鴨汁を頼むことが多いが・・

 

火の通し方で・・鴨の味は決まる。

 

(ブランド鴨に頼るお店もあるが・・出来上がりのいまいちの店が多い)

 

こちらでは 火が通しにくい厚さ(厚みがある)ながら 上手に火が通る

 

・・

 

火の通し方の上手なお店の No2は 乃田ではあるが 薄く切ってあるので

 

・・

 

鴨は 出汁なのか 鴨を美味しく食べるのか?

 

議論が分かれるところであるが

 

出汁もでて 鴨の肉の味があれば 満点です。

 

P_20181027_141121_vhdr_auto

 

P_20181027_141512_vhdr_auto

 

これからは 鴨のハイシーズンゆえに 楽しみ楽しみ

 

 

« 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き④ | トップページ | 手打ちそば いまふく 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑥ »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

 そばもさることながら、この蕎麦前の数々~気持ちが飛んで行ってしまいました。こちらは2度ほど伺いましたが、「いまふく」と合わせて梯子したいです。

凄い! もう2回も、距離からすると 毎月以上、毎週未満?
少しずつ、私の理想になってきている予感があるような 無いような(笑)
もう一軒より気軽な感じがしています。
昼、夜みたいな梯子も いいかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生粉打玄太 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑤:

« 蕎麦工房 膳 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き④ | トップページ | 手打ちそば いまふく 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑥ »