2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 生粉打玄太 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑤ | トップページ | 2018年11月の蕎麦??? »

2018年11月28日 (水)

手打ちそば いまふく 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑥

なんやかんやで 1年ぶり

私的には 行きやすい場所ながら・・タイミングが・・足向きが?

P_20181127_115344_vhdr_auto


P_20181127_113304_vhdr_auto

乗鞍由来が気になるところ

以前は

P_20171118_114403_vhdr_auto_r


蕎麦粉の割合があったのですが・・

https://teuchisoba-imafuku.com/

十割蕎麦と 最初からうたって居られたので

全て 十割に なったと 勝手に解釈しておこう


P_20181127_115328_vhdr_auto

席は多くないが(11席やったかな・)・・メニューが多く、天ぷら、寿司まであるから・・

時間がかかるのは仕方がない。

客的には 早い目に 注文を通しておく方が良いのかもしれない。

ポールポシションだったので ビール→日本酒+一品の予定でしたが

後の客が 全て 天ぷらという事で 次は 蕎麦とした。

P_20181127_113558_vhdr_auto

白あら・白あらが(二産地ある時) 理想的だが 本日のラインアップなら 白あら・黒あら

P_20181127_114015_vhdr_auto


P_20181127_114006_vhdr_auto

栃木益子 秩父在来

P_20181127_114421_vhdr_auto


P_20181127_114423_vhdr_auto_3

鬼皮の臭い(少し過剰な表現)が どうも苦手だ

(お前が ポリシーに反して 頼んだのが悪い!!)

神石高原 天空そば?

・・

白あらを もう一枚か半量頼みたいところだが

・・

小サイズでお願いの バラ寿司(通常は お茶碗一杯ぐらいとか)

P_20181127_114233_vhdr_auto


P_20181127_115043_vhdr_auto

+蕎麦湯と 昼は 自動的セットとなるので

追加の蕎麦を頼むのは 少し無謀かも・・

・・

店のコンセプトと私の希望を 次回は、よく考えて注文しよう

« 生粉打玄太 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑤ | トップページ | 2018年11月の蕎麦??? »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

 この写真を見てしまうと、飛んでいきたくなります。こちらに玄太、大阪の笑日志・・・
 「いまふく」さんの店の前の産地リストは、東京は西八王子にある「いっこう」さんを連想します。技術屋上がりの店主は産地、石臼の回転速度、メッシュの種類、配合など詳細なデータをもとに、、蕎麦を提供しています。東京に遠出されるなら、既訪問されたいるかも知れませんが「いっこう」さんはお勧めです。そうそう西国分寺の「きぬたや」さんも~

全国、食べ歩きされておられるそうなので、いっこうさんにも行かれたと、思います。

私の訪問は 約10年前で 閉店されるまでに もう一度行きたい。
(勝手に閉店させてはいけない 汗)

のんびり暮らしていると 東京の喧騒が・・・足を止めさせる。

関西にも ヌキミの粗挽きが食べられる今日この頃・・・更に足を止める。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/74679494

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちそば いまふく 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑥:

« 生粉打玄太 京都市伏見区 ヌキミの粗挽き⑤ | トップページ | 2018年11月の蕎麦??? »