2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« そば工房 膳 京都市伏見区 | トップページ | 笑日志 大阪市中央区 »

2019年5月17日 (金)

いまふく 京都市伏見区

美味しい蕎麦、楽しい蕎麦を求める+ブロガーでライターの

”つれづれ蕎麦” yukaさんが 京都に出陣

私が 初めて 東京の蕎麦屋に行きたいと思うきっかけの記事

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/blog-entry-934.html

”八王子 いっこう” ご夫妻が 

蕎麦のお弟子のような 祇園 もりわきに 行かれるのに同行するとの事

・・何にでも きっかけはある

https://www.facebook.com/祇園もりわき-340034306173288/

コースの締めに蕎麦が出る ミシュランに掲載されたことのあるお店

・・蕎麦と言う文字があるなら行かねばならないのかも?

・・

またまた きっかけだと

”蕎麦遊楽”の Dr.oldmoon(月旧一)さんの 蕎麦屋の記事を読んで 

リスペクト+インスパイア―していた自分がいた。

・・記事は このように書かねばならないのだと、思う。

http://home.att.http://home.att.ne.jp/sigma/oldmoon/tuki/tukipage/soba_list2.htmlne.jp/sigma/oldmoon/tuki/tukipage/soba_list2.html

幸い 同じ関西圏という事で 4年ぐらい前に 面識を得ていた。

もちろん、yukaさん月旧一さんは 大昔から交流があったわけで・・・

・・・

+わたくしの 蕎麦砦の3悪人(笑)

・・・

P_20190512_175517_1

 

P_20190512_175525_1

どんだけ 頑張られるのだろう 情熱の源は?

・・いまふくさんは 千手観音みたいに 手がたくさんあるのかも? or寝なくても大丈夫なnewtype?

 

P_20190512_180142_1

酒の肴盛り合わせ

P_20190512_181009_1

私以外は 大酒豪ゆえに お酒の選択は 大酒豪にお任せ

先ずはビール

P_20190512_180148_1 P_20190512_181708_1

 

P_20190512_184641_1 P_20190512_192228_1

作は お代わりしています

伏見の酒は嫌いだなどと大騒ぎしていたのに 蒼空も頼んでいます(写真無し)

P_20190512_182954_1 P_20190512_200742_2

ついには メニューにないお酒なども注文⇒初亀

P_20190512_194158_1

ウニ、蕎麦米の入った 茶碗蒸し (写真なし)

筍、にしん、白子、鯛の子などの炊き合わせも・・鯛の子と鰊の炊いたん (写真なし)

更に追加で 蕎麦掻も頼んだ(写真無し)

・・

いまふくさんには 長尻で ご迷惑をかけ 

貸し切り扱いにしていただいた様で営業的にも大迷惑をおかけしました。

また、また

発言はほぼ 人間辞職に値する話ばかり、大暴言、大声で話していたのだろうと反省中

次回訪問時に 大謝りしなければならない=行きにくいな~ 酔っていた事にしておくしかない

・・

P_20190512_180315

P_20190512_202859_1

 ②等外 赤土村 1割玄入り ↓↓↓

   蕎麦も作物なので 検査で分類 1-3等の分類に含まれない蕎麦の事らしい

   水分量、大きさ、実の量などで 色々 選別されるとかで 兎も角、流通しない蕎麦

   蕎麦のかたちにするのに苦労されたとか 10%の玄が肝らしい 加水も多めとなっているらしい。

   説明、写真では理解できない一品でした。そ!食べてみるしかない。⇒ある時、無い時あります。

古くは 宇治 しゅばく、10年前に千葉流山 すず季 以来の 今回、提供されただけで 香る蕎麦に出会った。

(蕎麦も一期一会) 

P_20190512_203643_1

③ 私の 超お気に入り 粗挽き 手挽き 十割 もちろんヌキミ

  その昔の様に 粗い粉だから 蕎麦が太いとか つながりにくいから二八だとか

  そんな ぼーっとした話は ありえません。(チコちゃんに叱られてください。)

P_20190512_204711_1

④ 少し長い目に 発芽をさせる

写真無し

⑤熟成 季節にもよるが 5日寝かし

P_20190512_210359_1

P_20190512_211611_1

どちらかと言えば 蕎麦前はちょっとだけ そして お気に入りの蕎麦みたいな行動が多いが

人数が多ければ 好きな物を食べ、好きなお酒をのみ、好きな蕎麦を食べる。

(嫌いなものは押し付ける(笑))

そんな贅沢が出来るんですね。

関西に 私の好きな蕎麦が 多くあるので・・

東京に行く必要性を最近は感じていませんでしたが・・

色々、オフレコの話を聞いてしまうと やはり行かないと・・

お店も 変わっていきますものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

« そば工房 膳 京都市伏見区 | トップページ | 笑日志 大阪市中央区 »

京都の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

今回の旅行は内容が多すぎて、ブログが大変です〜💦(笑)。
でもって、本当にお世話になりました!
念願のお店二つに同行して頂いて、
濃密濃厚な二日間でした。
本当にありがとうございます!
是非、東京にもいらして下さい。
又お会いできるのを楽しみにしています。(そして私も又上洛いたします〜)

ようこそ、おいでいただきました。

色んな事をお聞きして 楽しかったですね。

最近、興味をなくしている 蕎麦屋さん巡りに 気持ちが・・

近いうちに 再会出来たらと 希望しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そば工房 膳 京都市伏見区 | トップページ | 笑日志 大阪市中央区 »