2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

奈良の蕎麦屋

2018年10月 5日 (金)

きみなみ 奈良市

前回 お伺いしたときに 店の横にある 駐車場以外で

停めても良い大きな駐車場があることを確認

東側 手前 りらくる押熊店

P_20180929_113510_vhdr_auto

と、いう事で 車でも駐車場に困らない。

P_20180929_114136_vhdr_auto


粉の違いで そばがきが二種類

田舎そばがき

P_20180929_115743_vhdr_auto


P_20180929_115746_vhdr_auto


お箸では つかめないぐらいの柔らかさ 多分、蕎麦と同じ粉

本日、河内鴨の鴨せいろありという事で・・

蕎麦は 田舎を選択

P_20180929_120930_vhdr_auto

蕎麦前も出来るけれど 車の時は無理・・

P_20180929_114156_vhdr_auto


P_20180929_114720_vhdr_auto

前回の記事でその他もわかりまする。

http://soba-ishiusu.cocolog-nifty.com/alog/2018/05/post-c947.html

2018年5月20日 (日)

きみなみ 奈良市

再訪したいと思っていたお店の再訪です。(9年ぶり)

最近の 行動パターンです。

単純に 当方からの 訪問のしやすさと 当方の基準のクリアーレベルにて決まったり。自己都合の極み。

・・

行ってみると 昼のみの営業となり 夜は 違う場所で 親子丼と蕎麦みたいなお店に 進化?していたりとか。。

・・

さておき、こちらは、

蕎麦屋の楽しみ=蕎麦前が 場所的に難しい。

今回、検索に検索を重ねて、近鉄 学園前から バスにて10分程度と(20分毎)

どうにか徒歩での訪問が出来そう。混雑している情報も。

蕎麦の取り置きを頼めるらしいので、ピークを外すことも可能です。

P_20180515_120448_vhdr_auto

店主が選ぶ特選酒も気になるが

P_20180515_113934

花巴

P_20180515_113930


P_20180515_114234_vhdr_auto

黒板メニューのがんもどき


P_20180515_114400_vhdr_auto

P_20180515_114119_vhdr_auto


奥の 昔電話BOXだったところの石臼は 手挽き臼から電動に・・

12時前には 全席がうまる

P_20180515_113946


やはり 黒板メニューの 河内鴨の鴨せいろ

師匠筋の関係でか 玄挽と抜きがあるので迷うところだが

・・・二八<十割田舎<微粉十割・・・

蕎麦の量が ことのほか少量(個人の感想 (笑))

P_20180515_115109_vhdr_auto


P_20180515_115113_vhdr_auto

おかわり(半量)で 田舎を注文

これで 二種類味わえる。

P_20180515_115534_vhdr_auto


P_20180515_115539_vhdr_auto

蕎麦湯は 蕎麦猪口もレンゲも追加される親切さもある。


P_20180515_115841_vhdr_auto

つけ汁が温かいタイプの温蕎麦があるのは珍しい

http://kiminami.net/

・・・

思い出しました。(笑)話

行ってみたい蕎麦屋があるんですが?

車でしか行けませんよ

(酒飲めませんよ)

蕎麦屋に行きたいのか?酒を飲みたいのか? それが問題だ!

2018年3月20日 (火)

百夜月 奈良市(近鉄奈良駅)

西大寺で乗り降りする予定なので 近鉄奈良まで・・寄り道

近鉄奈良駅からは2-3分

木製の看板が営業中のサイン

P_20180315_115202_vhdr_auto_hp_2

今後の予定から ビールのみ かまぼこがついてきた。

P_20180315_113340_vhdr_auto

十割には 二種類

数量限定の 手挽きには 塩も


P_20180315_113829_vhdr_auto

電動石臼の十割

十二分に粗挽き


P_20180315_113921_vhdr_auto

手挽きは 更に とても粗挽きで 粗い粉の割合が多いと思われる

ゆえに 短い?

蕎麦の実を食べているという感じ


P_20180315_114102_vhdr_auto


P_20180315_114105_vhdr_auto

粗挽きであることを こちらは 特に主張されていない。

ご主人の表現される 十割、手挽き蕎麦が 粗挽きだっただけ

・・・

粗挽きは 単に比較による表明

ご主人が 他と比較して 粗挽きと言えば そのお店の粗挽き蕎麦

(=定義は無いので 「自称粗挽き蕎麦」と 思っています。)

粗挽き感を求めているので 多少の粗挽きを 粗挽き蕎麦と認められないことが多い

2017年4月21日 (金)

十割蕎麦のお店 ④ かわばた

出雲蕎麦を名乗って居られるので 見逃していた

自家製粉で 十割もある 一日 10食ぐらいらしい。

奈良 近鉄富雄駅から10分程度

P_20170412_121314_vhdr_auto_r

どちらかと言うと、ランチ客が多いと感じた。

丼もの 天ぷらもありました。

また、予約も受けて居られるので タイミング注意!


P_20170412_113445_vhdr_auto_r


P_20170412_114129_vhdr_auto_r

鬼皮も挽き込んでいます。

柚子の皮が 別添というのも 蕎麦湯に湯呑を出す気配りもうれしい。

P_20170412_120108_vhdr_auto_r


P_20170412_120114_vhdr_auto_r

サービスされるアイスクリーム

P_20170412_121046_vhdr_auto_r

HPがあって メニューやお休みがはっきりしているのもうれしい。

http://www.kawabata-soba.jp/

2016年5月 3日 (火)

三たて蕎麦六根亭 奈良県生駒市(宝山寺)

P_20160502_113928_r

久しぶりの新しいお店です。

まず、この写真をじっくり見てください

・・・懐かしい 名前が見えますよね

どうも その方のお店のようです。

生駒には縁があるようです。

堂島(話に聞いた程度)生駒(蕎麦コース)上六(居酒屋)と「春知」の高本氏が店主とのことらしい。

・・20cmの小型の電動石臼が2台見えます。

場所は

生駒ケーブルで宝山寺下車

P_20160502_112703_r

門前の 参拝道を上る

遠くはないが 暑い夏日or真夏日?、日ごろの運動不足で筋肉痛


P_20160502_113047_r

おかげ楼HP

http://www.okagero.com/

門前おかげ楼という ゲストハウス・レンタルスペース・ギャラリーなどの
複合施設のなかにて営業されているようです。

六根亭については 別途 facebook参照ください。


P_20160502_113159_r

靴を脱いで案内されて

P_20160502_113301_r

P_20160502_113446_r

P_20160502_113508_r


P_20160502_113531_r

日本酒は一手 300mlのみ

この暑さゆえに ビールとなる。

P_20160502_113618_r


そういえば 生駒の昔は コースだったとか・・・

一品メニューが見当たらない


P_20160502_113722_r

P_20160502_114127_r

蕎麦掻アップ


P_20160502_114131_r

ビールを飲んでいたので ビールが無くなったころに 蕎麦が到着


P_20160502_115058_r

恥ずかしながら 春知の蕎麦を食べたことがないので

比較はできませんが 可也の細い切り

蕎麦の太さと食感の違いについては 論文が書けそうです・・・

P_20160502_115104_r

全てに 蕎麦が 蕎麦の実が・・


P_20160502_115704_r

昼膳=蕎麦膳でした。

・・

2016年4月14日 (木)

百夜月 奈良市

奈良国立博物館にて 信貴山縁起絵巻が 久しぶりに公開されている。

この国宝は いつも博物館にあって 信貴山では 複製画がみられると言う仕組み

近鉄奈良駅からすぐ 開店から13年余りたつらしい

P_20160412_113159_r

手挽き=超粗挽きがある

P_20160412_113400_r

P_20160412_113408_r


今月のおすすめ酒が 超レアものSogga

香りが・・キタ!

P_20160412_113619_rP_20160412_114145_r

P_20160412_114959_r

P_20160412_115055_r


P_20160412_115100_r

十割を鴨汁にて


P_20160412_120431_r

本日は ここまで。。











2014年11月20日 (木)

そば小舎 (鴨神そば) 奈良県御所市

以前 同じ名前のお蕎麦屋さんを大和高田市で営業されていて

葛城の道歴史文化館に移転開店されて 約1年半

高鴨神社から 歴史文化館を池越しに望む

Dsc_0513

手挽きは玄挽き


Dsc_0500_2


Dsc_0499_2

数人可能な大きなテーブルと 普通のテーブルもい3席ほど


Dsc_0502_2


Dsc_0501


Dsc_0505


Dsc_0508


Dsc_0506

2014年8月28日 (木)

百夜月 奈良市 手挽きの粗挽き蕎麦が目当てです。

また 行こうかな・・・みたいな店を リストアップしています。

近鉄奈良駅の前の大きな道路を北へ少し細い道を 2-30m入る。

開店時間 少し前でしたが、営業中のご案内がありました。

約2年ぶりの訪問

Dsc_0565

懐かしいテント張りのお店 少し前に新調したように青い

Dsc_0556

黒ビールが目に入った 二年前も同じものでした。(笑)

Dsc_0557

Dsc_0554

一品もあるが 今日は蕎麦を2枚食べる予定

最初は メインイベントの手挽き

惚れ惚れとする 粗挽きで 10割

Dsc_0555

見たところ 黒い鬼皮の残りも見えるのですが

ほぼ ヌキミ状態の実から手挽きしたと思われます。


Dsc_0559

お塩もつけられているので ほぼ お塩でいただく


Dsc_0560

冷たくしめているせいか 風味は 見た目ほど強くない

この辺が・・2年に一度としているせいかも

十二分に味も香りも高いのは間違いがありませんから ご安心ください。

Dsc_0562

鴨肉がわんさか入っていた 鴨汁 鴨肉を食べると言う汁ではありません

つゆの入った蕎麦猪口と蕎麦湯をいただきましたが・・・

鴨のつゆでも 蕎麦湯したかったので レンゲを所望しました。


Dsc_0563

厚みより幅が広い 二八と言う名前のそば(つなぎ1-2割)

通りは全面ガラス張りなので 双方から見える

厨房も ガラス張り部分が多いので 客席からもお店側からもよく見える

よって 注文や給仕のタイミングが良いといえます。

すでに10年以上営業、大きく内容が変わらない安心感もありました。

場所も便利なので 奈良観光の際には また訪れたい。






2014年6月29日 (日)

喜多原 奈良市 ①番蕎麦②番山椒ミル

名前が変って 3年ぐらい

店の前を 3分ほど歩くと 南大門と伽藍(金堂)の間に出る。

東大寺さまのすぐ近くと言うことで 観光客向けのお店と思っていましたが

実は 本格的な 手打ち蕎麦のお店だと 最近認識(汗)

ピークの12時30分ごろ 待つ心算でお伺いしたが

テーブル2x3 小上がり4x3に 一組のみと ラッキーでした。

Dsc_0557

Dsc_0558

蕎麦は 外一 大きな電動石臼で挽かれているようだ。

春鹿つながりで 超辛口を注文

じん六の お気に入りの鰊が食べられなかったこともあって

自家製にしんのこだわり煮

お酒には しいたけ


Dsc_0561

鰊には 一緒に炊いた大きな椎茸が だしを含んでいて美味


Dsc_0563

蕎麦の次に感動した 山椒のミル

良くある 塩や胡椒のミルに入れられただけだが

そのたびに 挽かれるので 香りも高い

京都へ向かうところの 道の駅になどに売られているとか?


Dsc_0564

蕎麦徳利も冷やしてあるし ネギもさらしてあります。

お塩も付けられているのも・・


Dsc_0565

蕎麦は かなり細い 細いからと言って 切りが甘いわけではない

最近では 京都千角以来の しっかりした角を持っている

細いゆえに 短くなった蕎麦も多少混じるが

何処にだしても 恥ずかしくない 綺麗な蕎麦でした。


Dsc_0566

30年ぶりに 東大寺さま大仏殿を 外から拝礼いたしました。

参道の観光客は 半分が修学旅行生、半分が外国人、そして鹿(笑)


Dsc_0570

2014年6月28日 (土)

玄 奈良市 ハードルを越えても・・

黒田多分 5年ぐらい前に お伺いしました。

蕎麦、蕎麦掻は美味しかった記憶が

その時は、予約で満員ゆえに 気になるところも多かった。

・・・この辺は 特に変わっていませんでした。

前日に 思い立って予約 田舎が2枚のみあるとのこと

1枚と 蕎麦掻を予約しておきました。

少し変ったのは 到着時刻をひつこく聞かれたのと

入店は 13時までと 何度も駄目押しされたこと。

Dsc_0540

竹やらいも修理されていたが 庭の草は目立っています。

ミシュランの☆は 味だけの評価で決まるらしい?

Dsc_0541


開店まえから 本日売り切れの表示がされていて

5分ぐらい前に到着したら これを見て帰られるお客さんも・・

名前を お伝えして 席に

Dsc_0542

梅たたきの 水蕎麦を TVで見ていたので

頼みたかったなぁ~~(せいろにて対応とか?)


Dsc_0543

和再美というのも TVで見ましたが・・・

何せ お酒の価格設定が 私的には 高い

みんな生酒ということで レアではある。(=原価は高い?)

(薬九倍) お酒倍販売ぐらい 蕎麦は蕎麦の実の5倍ぐらいかな

蕎麦は 技術がプラスされるから 10倍までは良いと思っています。

と言うことで 表側の 春鹿本店で 定価で購入

和再美は 倍でした(汗)

Dsc_0573

本山葵を少量加えて(ニューヨークスタイル)=赤字参照

Dsc_0574





Dsc_0544

お酒が高いので ビールと 旨味辛味噌の蕎麦の実和え

Dsc_0546

辛いので ビールやお茶で 痺れを取らないと

蕎麦掻の味がわからない


Dsc_0549

ことのほか やわらかい!

スプーン付けるの 忘れてますよ!

高いハードルを越えてきて良かったと思える。


Dsc_0551

この時点で お腹が一杯

最近は 余程のことが無いと 蕎麦の味をコメントしない・・・

普通などと書くと 私的には 高評価の心算も お叱りを受けます(汗)

・・・普通は とても大変なことです。

だから 9割本当のことは書いていません(謝)9割はくみ取ってくださいませ。。

また 長く営業されていて 尚且つ 一般的評判の高いお店では

一蕎麦食べ人の意見や感想は 全く無視されてしまいます。

そうでしょう~別に今更努力しなくても 儲かっているんですから 客が途切れないのだから。

その他大勢の方からの評価は なぜか高いのだから、意見も聞く必要がありませんよね。

特に流行っていない、特に儲かってもいなそうなお店で

感想を求められたりしたりしても・・・ こちらも頑固ですが(笑)

ご主人が 聞いてこられた割には、また、賛同されていた様に見えていても

次回 全く変わっていないこともあるなどで 見放す店もあります

ほとんど、ご主人と話すと 努力不足の割りに 自信過剰な方が多いようです。


Dsc_0553

異常に細くするためか 蕎麦の切りが 非常にバラバラ

以前 こんな感じでしたか?

下の写真でもわかるとほどです。

食感的には 粉っぽい、そして蕎麦がヌカル感じでしょうか

Dsc_0554

いろんなの意味で お伺いするハードルが高いので

次回は また 5年ぐらい先のことでしょう・・・

PS

蕎麦の切りそろえが大事な理由は そばもん①をご覧ください