2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

奈良の蕎麦屋

2017年4月21日 (金)

十割蕎麦のお店 ④ かわばた

出雲蕎麦を名乗って居られるので 見逃していた

自家製粉で 十割もある 一日 10食ぐらいらしい。

奈良 近鉄富雄駅から10分程度

P_20170412_121314_vhdr_auto_r

どちらかと言うと、ランチ客が多いと感じた。

丼もの 天ぷらもありました。

また、予約も受けて居られるので タイミング注意!


P_20170412_113445_vhdr_auto_r


P_20170412_114129_vhdr_auto_r

鬼皮も挽き込んでいます。

柚子の皮が 別添というのも 蕎麦湯に湯呑を出す気配りもうれしい。

P_20170412_120108_vhdr_auto_r


P_20170412_120114_vhdr_auto_r

サービスされるアイスクリーム

P_20170412_121046_vhdr_auto_r

HPがあって メニューやお休みがはっきりしているのもうれしい。

http://www.kawabata-soba.jp/

2016年5月 3日 (火)

三たて蕎麦六根亭 奈良県生駒市(宝山寺)

P_20160502_113928_r

久しぶりの新しいお店です。

まず、この写真をじっくり見てください

・・・懐かしい 名前が見えますよね

どうも その方のお店のようです。

生駒には縁があるようです。

堂島(話に聞いた程度)生駒(蕎麦コース)上六(居酒屋)と「春知」の高本氏が店主とのことらしい。

・・20cmの小型の電動石臼が2台見えます。

場所は

生駒ケーブルで宝山寺下車

P_20160502_112703_r

門前の 参拝道を上る

遠くはないが 暑い夏日or真夏日?、日ごろの運動不足で筋肉痛


P_20160502_113047_r

おかげ楼HP

http://www.okagero.com/

門前おかげ楼という ゲストハウス・レンタルスペース・ギャラリーなどの
複合施設のなかにて営業されているようです。

六根亭については 別途 facebook参照ください。


P_20160502_113159_r

靴を脱いで案内されて

P_20160502_113301_r

P_20160502_113446_r

P_20160502_113508_r


P_20160502_113531_r

日本酒は一手 300mlのみ

この暑さゆえに ビールとなる。

P_20160502_113618_r


そういえば 生駒の昔は コースだったとか・・・

一品メニューが見当たらない


P_20160502_113722_r

P_20160502_114127_r

蕎麦掻アップ


P_20160502_114131_r

ビールを飲んでいたので ビールが無くなったころに 蕎麦が到着


P_20160502_115058_r

恥ずかしながら 春知の蕎麦を食べたことがないので

比較はできませんが 可也の細い切り

蕎麦の太さと食感の違いについては 論文が書けそうです・・・

P_20160502_115104_r

全てに 蕎麦が 蕎麦の実が・・


P_20160502_115704_r

昼膳=蕎麦膳でした。

・・

2016年4月14日 (木)

百夜月 奈良市

奈良国立博物館にて 信貴山縁起絵巻が 久しぶりに公開されている。

この国宝は いつも博物館にあって 信貴山では 複製画がみられると言う仕組み

近鉄奈良駅からすぐ 開店から13年余りたつらしい

P_20160412_113159_r

手挽き=超粗挽きがある

P_20160412_113400_r

P_20160412_113408_r


今月のおすすめ酒が 超レアものSogga

香りが・・キタ!

P_20160412_113619_rP_20160412_114145_r

P_20160412_114959_r

P_20160412_115055_r


P_20160412_115100_r

十割を鴨汁にて


P_20160412_120431_r

本日は ここまで。。











2014年11月20日 (木)

そば小舎 (鴨神そば) 奈良県御所市

以前 同じ名前のお蕎麦屋さんを大和高田市で営業されていて

葛城の道歴史文化館に移転開店されて 約1年半

高鴨神社から 歴史文化館を池越しに望む

Dsc_0513

手挽きは玄挽き


Dsc_0500_2


Dsc_0499_2

数人可能な大きなテーブルと 普通のテーブルもい3席ほど


Dsc_0502_2


Dsc_0501


Dsc_0505


Dsc_0508


Dsc_0506

2014年8月28日 (木)

百夜月 奈良市 手挽きの粗挽き蕎麦が目当てです。

また 行こうかな・・・みたいな店を リストアップしています。

近鉄奈良駅の前の大きな道路を北へ少し細い道を 2-30m入る。

開店時間 少し前でしたが、営業中のご案内がありました。

約2年ぶりの訪問

Dsc_0565

懐かしいテント張りのお店 少し前に新調したように青い

Dsc_0556

黒ビールが目に入った 二年前も同じものでした。(笑)

Dsc_0557

Dsc_0554

一品もあるが 今日は蕎麦を2枚食べる予定

最初は メインイベントの手挽き

惚れ惚れとする 粗挽きで 10割

Dsc_0555

見たところ 黒い鬼皮の残りも見えるのですが

ほぼ ヌキミ状態の実から手挽きしたと思われます。


Dsc_0559

お塩もつけられているので ほぼ お塩でいただく


Dsc_0560

冷たくしめているせいか 風味は 見た目ほど強くない

この辺が・・2年に一度としているせいかも

十二分に味も香りも高いのは間違いがありませんから ご安心ください。

Dsc_0562

鴨肉がわんさか入っていた 鴨汁 鴨肉を食べると言う汁ではありません

つゆの入った蕎麦猪口と蕎麦湯をいただきましたが・・・

鴨のつゆでも 蕎麦湯したかったので レンゲを所望しました。


Dsc_0563

厚みより幅が広い 二八と言う名前のそば(つなぎ1-2割)

通りは全面ガラス張りなので 双方から見える

厨房も ガラス張り部分が多いので 客席からもお店側からもよく見える

よって 注文や給仕のタイミングが良いといえます。

すでに10年以上営業、大きく内容が変わらない安心感もありました。

場所も便利なので 奈良観光の際には また訪れたい。






2014年6月29日 (日)

喜多原 奈良市 ①番蕎麦②番山椒ミル

名前が変って 3年ぐらい

店の前を 3分ほど歩くと 南大門と伽藍(金堂)の間に出る。

東大寺さまのすぐ近くと言うことで 観光客向けのお店と思っていましたが

実は 本格的な 手打ち蕎麦のお店だと 最近認識(汗)

ピークの12時30分ごろ 待つ心算でお伺いしたが

テーブル2x3 小上がり4x3に 一組のみと ラッキーでした。

Dsc_0557

Dsc_0558

蕎麦は 外一 大きな電動石臼で挽かれているようだ。

春鹿つながりで 超辛口を注文

じん六の お気に入りの鰊が食べられなかったこともあって

自家製にしんのこだわり煮

お酒には しいたけ


Dsc_0561

鰊には 一緒に炊いた大きな椎茸が だしを含んでいて美味


Dsc_0563

蕎麦の次に感動した 山椒のミル

良くある 塩や胡椒のミルに入れられただけだが

そのたびに 挽かれるので 香りも高い

京都へ向かうところの 道の駅になどに売られているとか?


Dsc_0564

蕎麦徳利も冷やしてあるし ネギもさらしてあります。

お塩も付けられているのも・・


Dsc_0565

蕎麦は かなり細い 細いからと言って 切りが甘いわけではない

最近では 京都千角以来の しっかりした角を持っている

細いゆえに 短くなった蕎麦も多少混じるが

何処にだしても 恥ずかしくない 綺麗な蕎麦でした。


Dsc_0566

30年ぶりに 東大寺さま大仏殿を 外から拝礼いたしました。

参道の観光客は 半分が修学旅行生、半分が外国人、そして鹿(笑)


Dsc_0570

2014年6月28日 (土)

玄 奈良市 ハードルを越えても・・

黒田多分 5年ぐらい前に お伺いしました。

蕎麦、蕎麦掻は美味しかった記憶が

その時は、予約で満員ゆえに 気になるところも多かった。

・・・この辺は 特に変わっていませんでした。

前日に 思い立って予約 田舎が2枚のみあるとのこと

1枚と 蕎麦掻を予約しておきました。

少し変ったのは 到着時刻をひつこく聞かれたのと

入店は 13時までと 何度も駄目押しされたこと。

Dsc_0540

竹やらいも修理されていたが 庭の草は目立っています。

ミシュランの☆は 味だけの評価で決まるらしい?

Dsc_0541


開店まえから 本日売り切れの表示がされていて

5分ぐらい前に到着したら これを見て帰られるお客さんも・・

名前を お伝えして 席に

Dsc_0542

梅たたきの 水蕎麦を TVで見ていたので

頼みたかったなぁ~~(せいろにて対応とか?)


Dsc_0543

和再美というのも TVで見ましたが・・・

何せ お酒の価格設定が 私的には 高い

みんな生酒ということで レアではある。(=原価は高い?)

(薬九倍) お酒倍販売ぐらい 蕎麦は蕎麦の実の5倍ぐらいかな

蕎麦は 技術がプラスされるから 10倍までは良いと思っています。

と言うことで 表側の 春鹿本店で 定価で購入

和再美は 倍でした(汗)

Dsc_0573

本山葵を少量加えて(ニューヨークスタイル)=赤字参照

Dsc_0574





Dsc_0544

お酒が高いので ビールと 旨味辛味噌の蕎麦の実和え

Dsc_0546

辛いので ビールやお茶で 痺れを取らないと

蕎麦掻の味がわからない


Dsc_0549

ことのほか やわらかい!

スプーン付けるの 忘れてますよ!

高いハードルを越えてきて良かったと思える。


Dsc_0551

この時点で お腹が一杯

最近は 余程のことが無いと 蕎麦の味をコメントしない・・・

普通などと書くと 私的には 高評価の心算も お叱りを受けます(汗)

・・・普通は とても大変なことです。

だから 9割本当のことは書いていません(謝)9割はくみ取ってくださいませ。。

また 長く営業されていて 尚且つ 一般的評判の高いお店では

一蕎麦食べ人の意見や感想は 全く無視されてしまいます。

そうでしょう~別に今更努力しなくても 儲かっているんですから 客が途切れないのだから。

その他大勢の方からの評価は なぜか高いのだから、意見も聞く必要がありませんよね。

特に流行っていない、特に儲かってもいなそうなお店で

感想を求められたりしたりしても・・・ こちらも頑固ですが(笑)

ご主人が 聞いてこられた割には、また、賛同されていた様に見えていても

次回 全く変わっていないこともあるなどで 見放す店もあります

ほとんど、ご主人と話すと 努力不足の割りに 自信過剰な方が多いようです。


Dsc_0553

異常に細くするためか 蕎麦の切りが 非常にバラバラ

以前 こんな感じでしたか?

下の写真でもわかるとほどです。

食感的には 粉っぽい、そして蕎麦がヌカル感じでしょうか

Dsc_0554

いろんなの意味で お伺いするハードルが高いので

次回は また 5年ぐらい先のことでしょう・・・

PS

蕎麦の切りそろえが大事な理由は そばもん①をご覧ください

2013年9月30日 (月)

薬庵 奈良県葛城市(當麻寺) 甘い玄挽き

一年前ぐらいに訪問

もっと 訪問できたはずですが・・意欲は強かったが・・どうも 京都からは遠い

暑さも 一服したので

Yz_002


當麻寺の門 見難いが左の電柱あたりがお店です

Yz_003


Yz_004


2名から要予約で夜のコースが出来ていました。(右側)

Yz_008

大根に蕎麦味噌

歩くと ビールが飲みたい。

Yz_010

蕎麦徳利の口が掛けている?。


Yz_011

見難いですが 金接ぎ施されていた。

蕎麦のタイミングを見計らっていただいた様で タイミングよく登場

可也 細い目に切られていて 口どけも良い

一口 食べると 蕎麦なのに甘い

Yz_017

勿論 味も濃い

何か テクニックを感じるが・・秘密はわからない。

最近は しらみつぶし的に 未訪問のお店を訪問して ある程度消しこみが出来ました。

これからは 新店の情報以外は ぐるぐるお気に入りを周ることになると思います。

残念ながら

箕面の 大久庵 よしかわ 京都三条 たくみやが閉店など

また、先日開店したばかりの 『京都 なかじん流 鴨音』が閉店され 元のなかじんに戻るなど

目まぐるしい移り変わりも有った。

ぐるぐるまわるお店も減ったり増えたり やはり、行ける時に 行っておかなければと、思う。

予備校先生のギャグのように 今でしょう!というのは 本当ですね。

2013年5月11日 (土)

彦衛門 奈良市 混雑?

たまに行ったぐらいで混雑と書いても良いのかは・・? 参考程度に ま、全部参考程度の記事では有ります。

お店の 「そばごとの季 9」で 『彦衛門のお礼とお詫び、ついでにお願い』と、題した チラシがありました。=お店も自覚されています。

奈良もタイヤメーカーのガイドの地域となって選ばれたためなのですが、

予約が取れない 15食限定のお昼の膳がすぐに売り切れ 当日製粉のため多く用意できない 駐車場が一杯になる、、私に理解では このようなことが書かれていた。

Hiko_012_r


何とか 電車でいけるのですが 駅からは 10分程度かかります

開店 10分前に到着 すでに一組、暖簾が出る前に 更に4組

予約済みの席が5席と 開店と同時に満席で 開店と同時に待ちが出来ました

ガイドのほとぼりが冷めたと思っていましたが・・・平日はランチ客が多い傾向にあるようです。他業種でも そんなお店がありますね。

予約組は おまかせ膳、他の組も注文されているので 本当にすぐになくなる?

こんな風だと 肴を頼むのを遠慮?躊躇?してしまいます(汗)

Hiko_016_r


歩いて来たので のどを潤すのみとする。

・・・車の客が多いのか 私のみが飲んでいます。

そして 15人程座れる大きなテーブルで ただ一人 粗挽きそば(玄)を注文しています。→ 鴨せいろで

ランチの おばさん会、食事を楽しむ(ただ長居する)お客なので ほぼ回転しない様子。そして とても五月蝿い。

状況は・・・

私どものおそばは 水切りが良くないが そんな長居の 天せいろの客の 蕎麦は すでに 持ち上げると 周りが引っ付いてくる状態 死体(しにたい)の蕎麦になってしまっていた。

良いところは

入店の順番にあわせて 注文を取り始めるなど 不公平感はありませんでした。

もう一つ、

待っている間から 天麩羅を揚げる臭いがしていたので、見切りで用意はされているのも有って、段取りは良い。

恒常的な混雑のために手際が良くなったのだろうか?

Hiko_018_r

Hiko_021_r_2

結構粗い 幅広タイプではあるが 長さは20cmはある。

繋ぎと ヌキの絹挽きの粉が混ぜられているとか

不必要な硬さと多少のぬめり、玄の割には そばの香りは薄い目

Hiko_024_r

前回 3年ぐらい前の記事 と、余り変らない・・・

Hiko_025_r

絹挽きは 標準以上の蕎麦

蕎麦湯も 滞りなくでて 新しい蕎麦猪口とそば汁もついてきた

惜しむらくは 鴨汁を 蕎麦猪口に移す方法が無かったことです。

一寸 気になるのは

・・・お会計のありがとうございましたは丁寧でしたが 身体は 途中から もう別の仕事に向かう状態でした。忙しいのですね。

蕎麦を味わいたい私には これらは 無問題です。

ぼやき・・

単価 1000円程度の客には うわべだけの挨拶で十分ではあります。

期待しても せんない事でございます。

京都でも 余程の料理店以外では お見送りはありません。

主人や女将がお見送りならほぼありません。

もう少し お金を出して 良いお店に行きなさいの 突込みは受け付けていません(笑)

 

2013年5月 1日 (水)

ふじい 奈良市 食べ比べも出来ます

大きな通りに面した 店舗専用の建物で 前に駐車場があるタイプ

Nara_078

店内は禁煙です。

Nara_081

三種の食べ比べ

Nara_090

色々 肴が

Nara_084

L型のカウンター テーブルが3箇所

カウンターには 一部 上の写真のような 簾がつけられていて

私の場所からは 厨房が見えませんし ご主人と話すことはできません。

また ランチタイムで 次々と客は入れ替わる・・・

奥様と二人での営業の様子

鴨の甘露煮に興味↓ 

Nara_089

コースも 蕎麦屋らしいメニュー構成が良い

Nara_085

甘いつゆ+辛いつゆの 2つのつゆで比べてくださいと

結局 辛いつゆばかりで戴きました。

Nara_097

製粉室には 蕎麦の銘柄と産地

Nara_088

八ヶ岳 北海道などを ブレンド使用だそうです

Nara_098

十割 可也細い=微粉 切り揃えもそこそこ良い(汗)

Nara_101

九一のヌキミ

Nara_102

玄挽きの九一

Nara_105

食べ比べというほど 大きく蕎麦の香り味に差はないので

次回は ヌキミ系だけ 戴けば十分です。

色々肴があって・・多少 ランチピークを外せば 寛げる可能性が・・・