2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

長野の蕎麦屋

2018年7月17日 (火)

そばのさと 長野県茅野市

長野にお伺いするなら・・

多少の無理をしてでもお伺いしたいお店

(遠回りしてでもお伺いしたいと思うぐらい)

P_20180708_123207_vhdr_auto_hp

諏訪ICで降りるので 関東からの方がとても近い

20台以上は停められる駐車場には 他府県が90% 関東方面が80%と

わざわざ 来られたらしいお客で 満員

P_20180708_121018_vhdr_auto


製粉の仕方で 大きく2種類に

先ずは どうづき

P_20180708_122058_vhdr_auto


P_20180708_122108_vhdr_auto

あらきりそばとどうづきを並べる 上の部分があらきり

P_20180708_122341_vhdr_auto


本日のみか? 大きな見た目の差はない

細い為か 水が切れていない 柔らかい食感

大混雑の為か 前回までのイメージとは違う感じ(汗)

やはり 混雑回避は必要

2018年7月12日 (木)

山の実(石臼挽き蕎麦香房 山の実) 長野県下高井郡

竜王スキーパークの ゲレンデ内で グリーンシーズンのみ営業のお店

P_20180709_113109_vhdr_auto

HPによりますと 土日の営業(+金曜とか+月曜とか)

http://hdayi.com/yamanomi/info.html

営業時間を外せば 電話で 蕎麦の予約が可能

遠くからお伺いするときは大変助かる

山の実というセットを頼む

下の写真でほとんど情報がわかる

P_20180709_113820_vhdr_auto

P_20180709_114411_vhdr_auto_hp


P_20180709_114830_vhdr_auto


六角のお箸 販売もあり

P_20180709_113953_vhdr_auto

P_20180709_115026_vhdr_auto


P_20180709_115825_vhdr_auto

細く長く角が立ちこりこり感の強い仕上がり

もっと粗挽きと思っていたのだが・・・

蕎麦の好みは 人それぞれだが お勧めしても 誰からも怒られないお店


P_20180709_115828_vhdr_auto


P_20180709_114407_vhdr_auto

蕎麦ピザ

P_20180709_122048_vhdr_auto


自家栽培もある

完全自家製粉をご主人一人で蕎麦打ちまで対応

超がつく本格派

やっと お伺いできました。

・・

雲海がみられるかも?のテラスにも行きました。

P_20180709_124916_vhdr_auto_hp_2

2018年2月 4日 (日)

蕎麦カフェ ぐりんでる 長野県松本市(奈川あたり)

幸い、 今年も 恒例の乗鞍高原でスキー

昼は こちらにて

P_20180129_135844_vhdr_auto_r

P_20180129_132124_vhdr_auto_r

玄蕎麦、手挽きの粗挽き蕎麦掻

P_20180129_132935_vhdr_auto_r

ヌキミで微粉の

P_20180129_135018_vhdr_auto_r


玄 手挽きの 繋ぎあり

P_20180129_132130_vhdr_auto_r

P_20180129_134347_vhdr_auto_r


P_20180129_134356_vhdr_auto_r


P_20180129_132034_vhdr_auto_r

本格的な 蕎麦だけで十分だが

超邪道な カレー蕎麦の季節限定という言葉に負けた。

ご主人は 料理やお菓子にも・・腕を発揮されるのが悩ましい。

天かすやカツオなどもトッピングされていて

ビーフカレーと玄挽き蕎麦が融合


P_20180129_134012_vhdr_auto_r

カレーのメニュー(うらメニューという)もあるから

お腹が空いていたら食べてみたい。

P_20180129_132328_vhdr_auto_r

と、いう事で 一年で一度ぐらいの訪問では

グレンデルを味わいつくせない。

・・・

警告!

P_20180130_111152_vhdr_auto_r




2017年3月11日 (土)

そばカフェ ぐりんでる 長野県松本市

1月にも前を通ったが・・お休み

1年に一度は行かないと、何かカレンダーが消えない感じ。

・・冬は 不定休ということなので ご注意ください!

移転開店から3年半が過ぎて 3度目の冬が 来年も健康ならまた来ますとご挨拶して帰りました。

P_20170306_125554_vhdr_auto_r


ぐりんでるの蕎麦は 地元奈川在来の蕎麦の実を手挽きして居られます。

P_20170306_130017_vhdr_auto_r


あらびき蕎麦がき 黒=玄挽き

P_20170306_131209_vhdr_auto_r


P_20170306_132136_vhdr_auto_r


P_20170306_132145_vhdr_auto_r

P_20170306_130010_vhdr_auto_r


P_20170306_131808_vhdr_auto_r

もう食べすぎ感は否めないが・・

手作りケーキもたまには食べておきたい

次回は カレーなども

大雪や大雨や強風など スキーが出来ない時には

いつか おたずねしようと思いますが、幸い そんな日がありません。


P_20170306_130901_vhdr_auto_r


P_20170306_133530_vhdr_auto_r

P_20170306_133417_vhdr_auto_r


P_20170306_133410_vhdr_auto_r

今年も ごちそう様でした。



2017年1月29日 (日)

ももも 長野県駒ケ根市

昼には松本到着の予定が

高速の予期せぬ渋滞で 13時ごろやっと駒ケ根

予定していた蕎麦屋さんには何とか営業時間内に通ったが

本日休業との看板でした。旅には そんな事も・・・

P_20170123_131452_vhdr_auto2_r

何時ものように自家製粉十割を探して巡礼も

こちらは ご主人の主義で二八蕎麦

HPによりますと とてもリーズナブルな価格の 

栃木県益子の蕎麦屋さんが手掛ける

電動石臼が2台映っていた。 直接 拝見もしたいところ

http://momomo.grupo.jp/

厨房にあるのだろうか 石臼は見えなかった。

P_20170123_125956_vhdr_auto2_r

蕎麦の実のつけたれ

P_20170123_125906_vhdr_auto2_r


P_20170123_130112_vhdr_auto2_r


P_20170123_130029_vhdr_auto2_r


P_20170123_130602_vhdr_auto2_r

つけたれ完成

ほんの少し粗挽き感がある蕎麦

小盛の150gで 注文・・通常イメージしている1人前はあります。


P_20170123_130226_vhdr_auto2_r


P_20170123_130347_vhdr_auto_r

甘いだしまきもセットされる そばの実のつけたれは別料金なので 通常のつゆもいただける。


P_20170123_130352_vhdr_auto2_r

一般的に 長野の蕎麦は 微粉の玄挽きで太い目、自家製粉はしていない、

なおかつ、乱切りであるが・・・ 

幸い 大きく違うタイプの蕎麦で、

HPで調べていたから 承知してはいました。(笑)

・・・・

1月は 多分 前出の ABCと こちらの 2軒のみとなるようだ。







2016年10月13日 (木)

そばのさと(信濃路遊膳 蕎麦の郷) 長野県茅野市

もう3回目

当方からは 高速利用で 約4時間

この割合からすると 近くなら可也の回数お伺いしている計算

『どうづきそば』で検索すると

東京、香川、長野県茅野など 少しお店が増えたようだ。

・・

そもそも、どうづきそばは何か?

http://www.chinocci.or.jp/doduki/seihou.html

・・

5分前に到着

すでに 岐阜県Noの車、

私 京都No

そして 千葉No

帰るころには さらに 他府県Noと・・

・・

P_20160927_110227_r

P_20160927_110451_r

P_20160927_111203_r


P_20160927_111208_r


早狩りなら もっと緑がほしいが・・


P_20160927_110518_r

P_20160927_111015_r_4

P_20160927_111309_r

太さは 十割と同じ 1.5mm程度

 

2016年2月 5日 (金)

そば処 井川城 長野県松本

スキーの帰り

HP参照 http://igawajyo.jp/top/

全ての蕎麦を手挽きとして3年目とのこと

住宅街、

大名そば=更科蕎麦の粉も 自家製粉とか?

P_20160129_113419_r


P_20160129_113454_r

長野方式では・・最初に 色々な一品がついてきます。

P_20160129_113557_r

手挽き十割 60メッシュ

P_20160129_113933_r

塩で食べると 蕎麦の味が甘く感じられるので・・と、


P_20160129_114102_r

粗挽きは繋ぎ有の 30メッシュ 粗挽き感は薄い

P_20160129_114127_r

食べる順番的には そばがきから~

お願いしたいところ・・・

言わなかった 私が悪い?


P_20160129_114809_r

信州そば大福

P_20160129_115653_r

2016年2月 1日 (月)

そば カフェ ぐりんでる 長野県松本

今年も 雪が やっと積りました。一年ぶりの訪問。

昨年の訪問記 参照

『スキーですか?元気ですね!』と オーナーのお出迎えを受けて・・・

・・・事実、平日のスキー場は 老人化しています(汗)

この日も含めて 連続4日間 ドピーカンでリフト待ちなし

リフト券も 色んなサービスで半額となります。

P_20160125_133623_r


P_20160125_133052_r

P_20160125_125331_r

粗びきは 玄蕎麦からの挽きぐるみとなります。

乗鞍溶岩の手挽き臼で 地元奈川在来を 自家製粉で繋ぎあり

ウラメニュー(笑)単にウラにもメニューがあります。

P_20160125_131748_r


山盛りの 京鴨の鴨汁は健在

フレンチ系 オーベルジュのオーナ シェフの 料理は 完璧

P_20160125_131753_r





P_20160125_125338_r

剥き実も気になったが・・ぐりんでるは玄挽きの店!!

P_20160125_130728_r


掻き揚げ半分 蕎麦半分の

P_20160125_131353_r


店名のように カフェとしても・・

P_20160125_125724_r

サービスしていただいた

P_20160125_132514_r

蕎麦だけではないお店です。

またまた、『乗鞍にお伺いするときは来ます』と、

オーナー御夫妻と 再会を約して・・・






2015年3月17日 (火)

そばのさと 長野県茅野市

今回 二回目の訪問 →一回目参照

あれから2年経ったのですね

中央道 諏訪ICより 10分

 

『どうづき蕎麦』を 大都市で始めたら・・爆発的集客が期待できると、、

Dsc_0507


Dsc_0508


Dsc_0509


Dsc_0511

まずは 水蕎麦 お塩から食べ始めてくださいと、


Dsc_0512


Dsc_0513


Dsc_0516


Dsc_0519


Dsc_0517

前回より 細く仕上がっている分 少し短い目


Dsc_0520

蕎麦つゆは こちらに捨てて量を調整してくださいとのご案内

2015年2月 3日 (火)

ぐりんでる(そばカフェ ぐりんでる) 長野県松本市稲刻

オーベルジュ グリンデルは 2013年 店舗前国道の付け替え工事のため立ち退き

2014年夏 少し松本駅よりの 道の駅 風穴の里の前に 蕎麦メイン+カレー+ケーキ+カフェという飲食専門のお店として 移転開店

オーベルジュで無くなりましたので 『ぐりんでる』と、なりました。

Dsc_0486


Dsc_0485

あの 真空管のアンプや あの大きなスピーカー

記憶にあるような テーブルは 健在です。

漫画や 蕎麦のVHSテープは??

ここ10年ぐらい乗鞍には スキーに通っていますが・・

昼ごろに開店していたことは無くて 宿泊時のみ 蕎麦をいただいています。

冬場ゆえに 客が少なければ 開店されない可能性があるため

電話にて 開店を確認+蕎麦の取り置きをお願いして 向いました。

Dsc_0489

奥様、ご主人とも 再会が出来ました。


Dsc_0487


Dsc_0488

当店の蕎麦は在来種です。

溶岩の手挽き臼で 玄から挽いている。

投じ蕎麦も予約でOK


Dsc_0492

だし巻き=甘いタイプ

Dsc_0495

粗挽きそばがき(仕組み上、蕎麦100%と思われる)


Dsc_0496


Dsc_0497

何も 変わっていませんと、・・確かに。。。

どうして分かりました??・・Netで。。。見てないです。

色々、お話したいところであるが、後続のお客様が・・・


Dsc_0499

汁は 辛い目ですと、


Dsc_0501


Dsc_0503

汁より鴨が多い 鴨汁


Dsc_0504

その後 3日間も よい天気だったので、体がくたくたになりました。


Dsc_0511