2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

大阪の蕎麦屋

2017年11月13日 (月)

笑日志 大阪市中央区

先月 10月から 金 土 日が通し営業

現在、お試し中らしい

P_20171110_135506_vhdr_on_r


一品でお酒をちびりちびり こんな客の私は

ランチタイムの 混雑時には 何かと 気がひける(汗)

昼と夕方との間の 「二時四時(五時)」の時間帯が 一番寛ぎタイムであると

蕎麦屋好きの 某作家も書かれておられます。

とは言え 基本的に少ない客に対応するのは非効率

ランチ客、居酒屋客を避けられるから

蕎麦を食べたい 蕎麦前をしたい客の為に 寛ぎタイムを提供していただけるのは とてもうれしい。 

関西では 一部、観光地以外(ずっと客が多い又は商店街)では 中々見当たらない。

P_20171110_135750_vhdr_on_r


最近は 壁のメニュー書きから選ぶことが多い

冷やしたぬき豆腐 お酒は 雁木ひやおろし

P_20171110_141057_vhdr_on_r

ご主人とお話できましたので 情報交換。

現在 テスト中の 手挽き臼なども見せていただけました。

P_20171110_143511_vhdr_on_r


今年も 地域的に 不作を伝えられている在来種もあるとか

P_20171110_143922_vhdr_on_r


もちろん 蕎麦は 粒せいろ(つなぎ有の粗挽き)

ごちそう様でした。

2017年11月11日 (土)

寒ざらしそば 芦生(あしう) 大阪市住吉区

長らく難波にあったお店が 移転されて またまた移転されて

9月に 南海電車住吉大社駅すぐの 高架下店舗に開店とか

ご案内の意味合いで記事に・・・

P_20171110_125625_vhdr_on_r

残念ながら 難波の時にはお伺いしたような?しなかったような?

P_20171110_125647_vhdr_on_r

福井大野 自家製粉 十割につられて訪問

P_20171110_131109_vhdr_on_r


入口の 蕎麦打ち場には 電動石臼が 二台見えた

P_20171110_130407_vhdr_on_r

寒ざらし蕎麦の仕組みにあまり興味がわかないので

http://www.konaya.jp/knowledge/kanzarashi.html

とりあえず 初めての店では 冷たいもり蕎麦

ランチタイムには ごはんとお漬物がつくらしいが・・

P_20171110_125807_vhdr_on_r


蕎麦を追加する可能性を残すため 単品にて注文


P_20171110_130439_vhdr_on_r

P_20171110_130444_vhdr_on_r


最初から 塩 追加の蕎麦つゆも付く

写真のように 切り揃えもよく 微粉の蕎麦であった。

という事で もり蕎麦で終了。

P_20171110_130447_vhdr_on_r


一品もお酒もそろっている様子

・・・

・・・

特におことわりしていない場合は 店は禁煙です。

全ての 喫煙可のお店をお勧めいたしません

Xypjhlw_400x400




2017年11月10日 (金)

そばがきや ぐーちょきぱ 大阪市東住吉

あべの橋から 大阪市営バスで10分という方法が見つかったので

天王寺まで出たついでに訪問しやすくなった。

現在 昼のみの営業で メニューも簡素化されていた。

https://www.facebook.com/GCPCG/

P_20171109_114421_vhdr_on_r


お酒のあても 選択が増えた

P_20171109_122759_vhdr_on_r

先ずは 鯨波で 常温のレアな日本酒もあった

P_20171109_114941_vhdr_on_r

お昼ご飯の中の ごはんのお供も 日本酒にあう

P_20171109_120809_vhdr_on_r

通常 そばがきは 福井のヌキミ

宮古島の蕎麦屋さんが送ってくれたらしい

沖縄で栽培されている「さちいずみ」も 少量残っているという事で

P_20171109_121159_vhdr_on_r

先入観はいけないのだが・・気温などから 蕎麦が出来るんだろうかなどと

思うと・・・

P_20171109_121908_vhdr_on_r

そばがきは 蕎麦切りと違って 蕎麦の実の味が よりストレートに

感じることが出来る=蕎麦の実次第という事

実の実力と 鮮度などが 食感を大きく左右する。

特に 注文を受けてから 蕎麦の実を挽くのだから・・・同じまな板


P_20171109_122229_vhdr_on_r

蕎麦掻を 実の加工品に見立てれば

揚げそばがき、蕎麦掻のあんこ添えのようなバリエーションが増える

P_20171109_123140_vhdr_on_r


つゆに馴染むので 鴨汁にも合う

P_20171109_122601_vhdr_on_r

蕎麦掻が定番化されている店は非常に少ない

有っても 粉が良くなければ・・形だけのそばがき

まして 挽きたてで食せる店は 更に稀有

何故か いわゆる蕎麦屋では そばがきすらなく 販売に力が入っていない

・・

蕎麦掻が蕎麦になればよいのだが

捏ねたり ゆでたりと 蕎麦の本来の味を大きく損ねる作業が蕎麦切りゆえに

蕎麦の本当の味を 改めて知るのは こんな時であろう!

・・

久しぶりに 家蕎麦流で 蕎麦掻を作りたくなった。

お暇な方はどうぞ

http://karajiru.dtiblog.com/blog-entry-54.html

http://karajiru.dtiblog.com/blog-entry-53.html

http://karajiru.dtiblog.com/blog-entry-52.html

2017年8月15日 (火)

そば切り 荒凡夫 大阪市中央区

今頃、緑粒とツィート

JA花咲福井が 熟成させて ヌキミにした後

色彩選別機でより緑色の蕎麦の実だけ取り出したものが 緑粒

通常は 5月-6月ぐらいの発売だが・・

本日 いわゆるお盆休みの真っただ中

周辺のお店もお休み


P_20170814_112930_vhdr_auto_r

空いている予想だったが・・

法律事務所の多いオフィース街・・

人通りは無い・・

3組5名がウエイティング 6人目ということで 7席にかろうじて。。間に合う。。

P_20170814_113545_vhdr_auto_r

P_20170814_114127_vhdr_auto_r


そば焼き味噌なるものが増えていた

ビールだけでと思ったが

P_20170814_115432_vhdr_auto_r


P_20170814_115454_vhdr_auto_r


白みそ 

順番が来るまで読書はかかせない(笑)

P_20170814_121057_vhdr_auto_r

十割

P_20170814_121157_vhdr_auto_r

手挽き粗挽き


P_20170814_122026_vhdr_auto_r

予約のみではあるが 夜の営業も始まっているそうです。










2017年7月 5日 (水)

笑日志 大阪市中央区

京阪電車 北浜から徒歩10分程度 歩くと暑い

そんな時は 生ビールに限る 生ビールのある蕎麦屋さんはそんなにないが・・

この時期 客の気持ちになれば ビールの選択肢が欲しい

P_20170702_120516_vhdr_auto_r

((暑いのに 近くのカレー屋に行列 11時30分に開店していないのが理由?))

そんなで開店時刻を少し回っていたら テーブル席は満席

P_20170702_113338_vhdr_auto3_r


生ビールを頂いた後(写真前に終了~~)

タクシードライバーのおりがらみとおつまみカモアブラ

P_20170702_114718_vhdr_auto2_r

http://www.jizake.com/html/kikuzakari2.html

調べたら注目の価値がある これからが楽しみな風味

こってり系の料理にもベストな感じ

・・どこかで 手に入れなくては(汗)

P_20170702_115852_vhdr_auto_r


P_20170702_115856_vhdr_auto_r

毎度 お馴染み 粒せいろ

・・・・

ご主人に拠りますと・・

現在、手挽き臼を注文中 届きましたら・・またまた 蕎麦の種類が増えるらしい。

悩ましい事ではあります。




2017年4月30日 (日)

荒凡夫 大阪市 十割蕎麦の店 ⑦

毎度お馴染みのお店

最近は 一四時までと、営業時間が短くなり、今回も 一三時まえには

すでに 準備中の看板(売り切れ)

お取り置き(予約)をお勧めします。

P_20170427_130416_vhdr_auto_r


P_20170427_131607_vhdr_auto_r

手挽き粗挽き十割 超粗挽きでヌキミ

・・・

・・・

微粉が好みでないのは どこにでも有って 蕎麦の風味が薄いからで

(=私には感じにくい)

小麦を加えたり 粉を買ったりと 過去の経験上、さらに、風味を薄める工夫?がされたお店が微粉店に多いからでありま。(汗)

・・店の技術としては 自家製粉、十割は最低限

・・店の体制としては 禁煙 清潔

私の好みとしては 超粗挽きでヌキミ 蕎麦前も楽しみたい。

そんな感じでお店を選ぶと 蕎麦が美味しい店にあたることがある。

美味しいは人それぞれなので・・すが・・蕎麦の風味だけを味わうとき

喫煙で 購入した粉の 二八蕎麦などを 美味しいと言われる御仁とは

蕎麦の話以外をしたいものです。

そんな御仁の美味しいが蕎麦屋の評価を決めている傾向も。

また そんなお店は 蕎麦+料理みたいな総合力で営業されています。

(=ランチなどには悪くない、昼飲みにも良い、昼禁煙の店がほとんど)

以上、個人の感想です。まずは お確かめください。

・・・

そこまで 蕎麦!蕎麦!と考えるのもしんどいかも

2017年4月28日 (金)

粋人 大阪府東大阪 十割蕎麦の店 ⑥

約7年前に訪問

十割蕎麦 大阪で検索すると必ずヒットするお店

地下鉄中央線から相互乗り入れの 新石切から10分もかからない。

前回、田舎蕎麦は 手挽きでしたが・・今は 表示がありません。

蕎麦打ち場には 大きな石臼と 小型の石臼が 二台見える。

P_20170427_112001_vhdr_auto

蕎麦はすべて生粉打ちです

本日の 田舎は 島根県松江産

ざるの福井に気持ちを残しつつも・・鴨ざるにて

P_20170427_112546_vhdr_auto_r

玄も微粉に近い。

切り幅にムラがあるが 薄いのしの為 噛まずに手繰れる

P_20170427_113013_vhdr_auto_r

蕎麦湯には 猪口も提供されてたり 蕎麦には塩も、などなど

花番も3人も居られて 最後は 出口まで お見送りと

お客に向いたおもてなしに 感謝して 終了。

・・

な!なんと! 前回の記事にも 同じような感想を書いていました(汗)

2017年3月21日 (火)

荒凡夫 大阪市中央区 西天満 + コーヒー店

粗挽きをお願いしておいて、開店時刻を目指したが

京阪電車の事故により 一駅手前の天満橋から 歩くことに・・遠い!

本日の計画は 軽く 蕎麦を食べた後は

お腹を減らすため歩いて

西梅田の ラーメンバトルに参加と思っていました

http://ramen-battle.com/

・・

三人一組が行列中 一席空いていたので 了解を得て もぐりこむ

7席あったつもりが 6席となっているようです?

こちらでは レアな日本酒が ある時無い時

私のお気に入りは まず他所でお目にかからない 而今がある

P_20170320_120801_vhdr_auto_r

P_20170320_120841_vhdr_auto_r

休日ということもあり わざわざ来店されたお客様は

皆さん寛ぎ中 私が素早く食べても席の回転は望めない

蕎麦屋の空席には 運不運が付きまとう

P_20170320_123124_vhdr_auto_r


P_20170320_123250_vhdr_auto_r

そんなこんなで・・本日は蕎麦のみで終了となりました。

ラーメンバトルは 何とか 後半戦に参加したいところです。

・・

オフィス街ゆえに 休日は空いている店は少ないが

店主が喫煙者で お店の空気の悪い

近くの有名 コーヒー店も 覗いたら客がいない=煙害が少ない?

久しぶりに

P_20170320_131450_vhdr_auto_r

P_20170320_130437_vhdr_auto_r

濃い、苦いものを希望して 抽出を見学

極深煎り 低温(60℃+)でネルドリップの 多分 マンデリン

 

2017年3月13日 (月)

笑日志 大阪市中央区

最近 いろんな蕎麦を打たれている話は 前回の記事にも書きました

P_20170312_113817_vhdr_auto2_r


本日は 「十割 絹挽きせいろ」 「笑日志の更科蕎麦 白せいろ」がラインアップ

通常メニューは 田舎、絹挽き、粗挽き粒せいろであるが・・

それぞれに 十割がある。

他にも 「星せいろ」という 玄挽きをブレンドした蕎麦もあるとのこと

全部で8種類?

お伺いしたら 奥の壁のメニューを 一度は見たいものだ。

・・

更科蕎麦の 白せいろと 粒せいろを注文

P_20170312_114207_vhdr_auto_r


サミットで有名になった 作+房島屋

たたみいわし

P_20170312_120115_vhdr_auto_r


P_20170312_120809_vhdr_auto_r


P_20170312_120813_vhdr_auto_r


お忙しいので、更科粉の秘密は聞くことが出来ませんでした。(汗)

定番の粗挽き粒せいろ↓

P_20170312_121315_vhdr_auto_r

本日もごちそう様でした。

2017年1月17日 (火)

笑日志 大阪市中央区

新年蕎麦屋はじめはこちら

ご主人とお知り合いの蕎麦屋さんからのお誘いを受けて訪問

一言二言以外で初めてお話が聞けました。

ブログも見ていただいているとのこと、

多少は 影響も与えているらしい(汗)

・・当然、お話は オフレコです。・・久しぶりに蕎麦が打ちたくなりました。(笑)

幸いにも

細切りの十割 粒せいろがほぼ定番化

私が一番美味しいと考えている ヌキミの粗挽きを可能な限り細く切った蕎麦

この蕎麦が出来てから 訪問三回目も 粒せいろの食べ比べです

粒せいろ(15%のつなぎ有)少し太い目と おかわりで 粒せいろ十割 細切り

P_20170116_113753_vhdr_auto_r

P_20170116_114401_vhdr_auto_r

下は 同行者の 三色蕎麦の中の 田舎

P_20170116_114029_vhdr_auto_r

他にも 十割の絹せいろ、更科など 本日は6種類も蕎麦があります。

色々と食べる為には またまた お伺いしなければならないが・・

なんと贅沢な蕎麦屋さんなのか~!!

より以前の記事一覧