2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

岡山の蕎麦屋

2018年9月15日 (土)

一心庵 岡山県真庭市

少し出遅れたら 満員

・・

岡山というには 山の方 県外の車が半分はある。

車で行くお店で県外の車が多い(わざわざ来ている)

観光地の 近くという訳でもない

インタビューしてはいないが 引き付けるところがあるのか

わざわざ 行きたい、来させる店の秘密は何か?

・・

十割無篩い無玄そば の店

石臼自家製粉で 篩いを通さない 粗挽きの蕎麦

無玄=黒い鬼皮が入らない ムキミ使用

・・

車で 2時間半~かかるが リピーターとなっている(新名神で便利に)

中国道を走る時 昼頃に通れるので=通り道だからだけでは無い

P_20180906_111507_vhdr_auto


P_20180906_112129_vhdr_auto


P_20180906_111452_vhdr_auto


P_20180906_112414_vhdr_auto

P_20180906_112621_vhdr_auto


本日の十割蕎麦(無玄)の産地表 

長野 信濃1号、古河市 夏新 常陸秋そばの両方に〇

壁に本日の蕎麦の表示はよく見るが・・蕎麦に添付される

させているご主人の 気持ちが伝わる

・・

手挽きの 40目という 蕎麦もあるが・・

P_20180906_113438_vhdr_auto


40番=40目とすると 微粉なので パス

一寸 鴨が気になる

P_20180906_112929_vhdr_auto

本日 私がイメージしている 粗挽き度より 少し粗挽き度が低い

水きり、長さ、茹でも もう一つ 忙しそうなので・・

・・目茶目茶 高いレベルでの 比較だから 無問題

・・・

調べたら もう4回目

一番忙しい時に 一番良い料理が出せるは。難しい。。

2017年11月17日 (金)

蒜山手打ちそば 叉来(またぎ) 岡山県真庭市

大山の紅葉のピークは10月末 麓では まだまだ 綺麗な状況

ご主人 手作りのお店とか

10時30分より開店で 11時過ぎには すでに満席

P_20171113_112742_vhdr_on_r

一巡目が終わり 余りまたず席に

十割自家製粉

P_20171113_110435_vhdr_on_r


P_20171113_111159_vhdr_on_r

丸抜きか 玄粉か 皆さんに聞かれている

と、いう事は リピーターではない客が多いのだろう想像

P_20171113_111801_vhdr_on_r

玄粉=玄挽きながらも 良く鬼皮がとられていて

粗挽きではない。


P_20171113_111849_vhdr_on_r

丸抜きも 微粉系


P_20171113_112043_vhdr_on_r


P_20171113_112047_vhdr_on_r

分散加水をお勧めです。


P_20171113_111311_vhdr_on_r

満員御礼 行列の理由が良くわかりました。

2017年6月17日 (土)

一心庵 岡山県真庭市 十割蕎麦の店 ⑬

「蕎麦が主食」といたしましては 新地、祇園などの接待にも喜んで対応いたしますので・・お声がけください。(笑)

思った事(主観)を述べるのも難しい世の中

思わないことを 利益誘導的に 述べるのも難しい

などと、思ってしまう今日この頃。

ましてや!人の言うことを信じることも・・人は平気で嘘をつきます。

・・

なんと!今回で 3回目の訪問 車で 3時間ぐらいかかりますが

こちらの オリジナル蕎麦 「十割無篩い無玄蕎麦」に魅せられて

・・

玄が入らない=無玄=ヌキミ

無篩=挽いた粉を全部使う=挽きぱなし

・・P_20170616_110255_1_vhdr_auto_r

先ずは 同じ粉の そばがき

P_20170616_110726_vhdr_auto_r

そして そばがきを蕎麦にしたような 無玄蕎麦

本日 信濃1号

P_20170616_111033_vhdr_auto_r


P_20170616_111045_vhdr_auto_r

本日も ごちそう様でした。



2016年5月17日 (火)

そば切り 來輪(くるり) 岡山市

兄弟子 『からに』で ショップカードを もらっていた

P_20160513_110200_r

外観からは 昔からある 町の蕎麦 うどん屋さんみたいな印象

よく見りゃ~~違うけれど


P_20160513_110218_r

お店を出た状態で 左手の向かいの駐車場

10人のテーブル 2人のテーブル3

外と中のギャップが楽しい。

お若いご夫妻?での営業の様だ

P_20160513_110456_r


P_20160513_111154_r

壁の小窓からは 蕎麦打ち場と 電動石臼が 覗ける。

P_20160513_110445_r

一品が ラインナップされている以外は師匠のお店と似ている

P_20160513_111347_r


撮影禁止とか 子供不可とかになって 長らくお伺いしていない

お店と同じ仕上がりの 蕎麦掻が グッドジョブ

ここで、スーパーコピーなどと 書こうものなら 各方面から お叱りを受ける可能性もあるかも・・・

P_20160513_112149_r

+@450の鴨汁は バーゲンです

P_20160513_112155_r


細さ 長さ 蕎麦の量もすべて 超えているので

もう、私は スーパーコピーと書いてしまったことを お詫びしなければならない。

・・『青は藍より出でて藍より青し』・・

次回は 蕎麦前からゆるりとまた訪れたい。

2-3種のお酒の銘柄が書かれていたが・・見ないフリで

追伸:

ここから徒歩 数分の 人気店↓の情報を聞いて うせにけり うせにけり

P_20160513_114102_r_2

お取り寄せは 長く待つが・・行けば食べられる(( ´艸`))

蒸したて@340 テイクアウト

ランチタイムでなければ 店内でも食せる

http://www.47club.jp/32M-000058xpc/goods/detail/10031022/

2016年5月15日 (日)

一心庵 岡山県真庭市(中国勝山)

タイヤガイドでは 旅の目的にしてでも 行くべしというランクがあるが・・

P_20160512_115713

P_20160512_113431

この蕎麦の概念は 私の希望に近い

ヌキミの粗挽きを可能な限り細く仕上げた蕎麦

無篩=何もたさない ひかないから 自動的に十割となる。

P_20160512_113337_r

P_20160512_113837_r

P_20160512_114008_r


P_20160512_114443_r


P_20160515_065414_r

丸印が二つ=ブレンドか?

P_20160512_114501_r

前回よりも 確実に細く長くなっていた。


P_20160512_114606_r

40番の篩にかける

通常 番というときは 40目と同じと考えられる

・・・インチか寸かの違い 寸が細かい

の割には 粗い粉(粒)も残る


P_20160515_065421_r

関口良平キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

関東で独占されていると思っていたらキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


P_20160512_114610_r

二種類の蕎麦を上下に並べる。


P_20160512_114652_r

前回の記事 4年前

http://soba-ishiusu.cocolog-nifty.com/alog/2012/03/post-099c.html

2012年3月 1日 (木)

一心庵 岡山真庭市 なんと!ヌキミの粗挽きだ

米子方面への通り道 米子道久世から 真庭市 中国勝山方面

勝山木材ふれあい会館(木の駅)と同じ建物の中

0229_130

石臼挽き・・・

0229_097

店内からは見ることが出来ないが 2台の石臼で自家製粉

店内からは 立派な蕎麦うち場が見えた

0229_094

刃が薄く曲がり手のそば切り包丁から 一茶庵系のDNAを受けて居られると

考えましたが 聞いていませんので不明です。(汗)

0229_088

店主オリジナル 十割無篩い蕎麦

0229_106

0229_104 0229_115

大きな写真にしていただくとよくわかりますが・・・

大きな粒が 粒粒粒と見れる

残念ながら 可也短い目 10cm以上の蕎麦はありません

蕎麦の種類については メモがつけられています

0229_122

大きなくくりで 具体性は見えないが 十二分に蕎麦の味が出ていたので

どこでもよいかと(笑)

一方 細うち田舎では

0229_100

0229_102_2

サンルチンとのことです。

0229_092

そばがきも 無篩い蕎麦粉だったら良いが・・

0229_096

江戸風の蕎麦屋の仕組みも備えています。

・・・御前酒の蔵元を訪問して お酒を買って帰った。(涎) 

この時期 私たち以外のお客は全て温かい蕎麦を注文されていて

折角の美味しい蕎麦が勿体無いなぁーーと思う。

が、逆説的には 無篩いが消えずにあるのは 十分注文があるということでもある。

その後 勝山で冬のみ営業の蕎麦屋を訪ねたが・・定休日以外のお休みでした。

それなら、ここ 一心庵で もっと色々蕎麦を試せたのにと、心残り

良いお店に出会えた。