2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

福井の蕎麦屋

2016年12月13日 (火)

生蕎庵(ききょうあん) 福井県越前市

自家製粉 十割 + 電動石臼は自作とか

わかりにくいが 50cmはあるだろう大きな石

製紛室を見ると ある程度蕎麦屋さんの考えが見える。

P_20161208_121035_vhdr_auto_r_2


玄蕎麦を そのまま挽く 玄挽き →おろし蕎麦・かけ蕎麦

少し 奥に見えている エンペラー式の抜き機もあって→もり蕎麦

P_20161208_121003_vhdr_auto_r


メニューは 3種のみと至ってシンプル 福井の蕎麦屋に多いお店

玄挽きは 粗挽きだが 幅も広いタイプ

私の好みは 鬼皮を挽き込まない もり、 荒塩も添えられる

P_20161208_121753_vhdr_auto_r

P_20161208_121805_vhdr_auto_r


P_20161208_121757_vhdr_auto_r

私が 福井で 最もお気に入りだった 一滴庵のように

もり蕎麦のヌキミ系の蕎麦で おろしそばもいただけたら・・

 

2016年1月16日 (土)

そば蔵 谷川 福井県越前市

調べてみると 5年ぶりの訪問

1月なのに雪がない

P_20160114_113108_r

流石に 値段は↑


P_20160114_113310_r

手挽き太打と同じ粉

P_20160114_115441_r

思った以上に柔らかい目


P_20160114_115808_r

福井と言えば おろしそば

太いというより 幅が広い 手挽き


P_20160114_115812_r


P_20160114_115827_r

ずっと変わらない・・・

第二駐車場が出来て行きやすくなっています。

2014年3月 7日 (金)

一滴庵 福井県あわら市  行っとか無くちゃ・・

また食べたい

来年も食べられたらいいなーと 前回思った。

行っとか無くちゃ・・今のうちに(汗)

何度お伺いしても 変らないそばがある

35_003


35_009

メニューも変らない

35_001


変らない味が一番大事

35_004

騙さないけれども

騙されたつもりで行ってみてくださいね。

誰か 弟子入りしないかな?


35_005


35_006

毎日行ったら 何日目に嫌になるだろうか(笑)

定休日が 水曜 木曜で 休蕎麦日があるから 5日続けては可能かも(爆)

2013年11月14日 (木)

一滴庵 福井県あわら市 毎週でも行きたいお店

自分にとって ベストな蕎麦屋があるか?

是非 思い浮かべてください。

・・・

そんな蕎麦屋の一つ

ヌキミの粗挽き自体が少ないし、有っても美味しいとは限りません。

遠いながらも・・もう3から4回はお伺いいたしました。

一時間以内の場所なら 毎月お伺いしているイメージです。

近かったら 中毒的に 週一度行きたくなるお店です。

Dsc_0076


当初 ネームプレートも営業中の看板もなくて

お店の 常夜灯が点灯していたら営業といわれていましたが

今は わかりやすく なっています。

Dsc_0086

メニューは簡単

Dsc_0077


Dsc_0078


あっ 緑色  

あまり辛くないおろし大根 つゆと合う

Dsc_0080

Dsc_0081

もりには 薬味が直接蕎麦の上に

Dsc_0082

蕎麦やつゆに文句の付けようがありません。味の説明も無意味です。

もし この蕎麦の味がわからなければ 今後食べる蕎麦はインスタントだけにしたほうが良いだろう。(汗)

来年も食べられたら良いな~~

2012年11月27日 (火)

一滴庵 福井県あわら市 是非 何とかお伺いしたい

一年、その間には いろんな事が起こる様です。

約一年前 新規開店したお店 福井県永平寺の『夢庵』に もう一度お伺いしたいなと・・

福井大学病院まで行くと その場所は 最近開店された焼肉屋に変っていました。

とりあえず その場所では閉店された様子。

・・・・

今回 お伺いした あわら北潟には 3度目

前回は3年前 去年は閉店の噂も流れたが 最近はブログも更新され、HPも新しくなり、営業が確認できたので 是非行かねばと、

Yamane_078


以前は 表札もなく 営業中の札もなく

ただ 昼間でも 営業中は 行灯のようなランプがついているだけでしたが

一寸 残念な進化?

Yamane_067

釜あげそばなども増えています。下はメニューの裏面

Yamane_069

店舗カードには 福井県内の早狩り蕎麦とかかれています。

Yamane_070

つゆは 塩つゆ山葵と葱はトッピング的なのも この店の方式

Yamane_071

量は 福井おろし蕎麦と同様に 小盛

2人前で 一人前程度

故に 奥様は 一枚でよろしいですか?と聞かれることが多いみたい

福井では おろし蕎麦も食べたいが・・ここほどの蕎麦に 辛い大根をかけてしまって 蕎麦の味を台無しにすることは、悪い行動です。

辛い大根の味が蕎麦の味を引き立てるのも事実です。

もりの塩つゆも余っているので 辛みしぼりも注文

Yamane_075

Yamane_073

大根の辛さが蕎麦の甘さを気付かせてくれる。

ぶっ掛けても大丈夫なように 深みのある皿に載ってきました。

久しぶりに 刻み海苔が

手挽きして できるだけ粗挽きで 甘皮の色を残し 鮮やかな緑色だけれども、通常の二八蕎麦のように細い綺麗な長い蕎麦

適度な粗挽き故に 啜れる蕎麦に仕上がっているのに

味も香りも 太くしかできない粗挽きぐらいか それ以上の味が感じられる

良い仕事!です。

福井に行ったり 福井を通ることが少なくなって来ているが

また 是非 お伺いしたいお店です。