2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

愛知の蕎麦屋

2017年6月 3日 (土)

一心 名古屋市 十割蕎麦の店⑪

玄挽きの蕎麦ということで 余り興味はなかったが

チャンスがあれば お伺いすべき蕎麦屋さんである。

兎も角 粗挽きで十割、手挽きで粗挽きなど ラインアップが良い。

少し太めだが 手挽きの粗挽きは がんこそばと名付けられ

ある程度限定数があるらしい。

幸い、予約数のみ打つ、本日は無いということが無いらしいので

開店を目指す。

名古屋駅からは 4-50分の道のり それだけあれば 出発地点の京都に戻れる。(汗)

開店5分前 一組の待ち

P_20170531_105616_vhdr_auto_r

入口右側の小屋は製粉室と蕎麦打ち場の様で

ご主人が出たり入ったり 機械の音がしたりしている

ほぼ開店時刻に 順番に一組づつ席に案内される。

その後の客も必ず案内を待つスタイルである。

また、席はあるが 順番的に 時間がかかることを 後からの全ての客に説明されている。

P_20170531_110853_vhdr_auto_r

カウンターもあるようだが ボックス的に区切られている

メニューや蕎麦の事は HPなどで確認が可能

http://sobakokoro.fc2web.com/

P_20170531_110329_vhdr_auto_r


P_20170531_110320_vhdr_auto_r

P_20170531_110335_vhdr_auto_r


P_20170531_110522_vhdr_auto_r


P_20170531_110939_vhdr_auto_r

切子の猪口は箸を濡らして箸に蕎麦掻を引っ付かないようにするためのお水が入っている

テーブルに塩もあるが ミルも

・・・ミルの部分がむき出しにならない様な工夫が良い

P_20170531_110710_vhdr_auto_r

P_20170531_110608_vhdr_auto_r

蕎麦屋で70分はなかなか居座れないし 自分たちも並んでいたのを思い出せばよいだろう。

1000円程度の店で おもてなしを求めるのは酷です。

最低限のサービスを超える必要は無いと思います。

最低限のサービスが揃えば おもてなしレベルに昇華するものです。

・・・

蕎麦掻を食べたら どうしても箸に蕎麦掻がへばり付く

何時も隠れておしぼりなどで拭いて蕎麦に備えることが多い

または、言いにくいが 舐り箸を行っている((笑))

今回の最低限のサービスは 蕎麦掻が食べ終わったのを 何度か確認に花番さんが来られて いわゆる 「お声がかり」を行わず蕎麦が出てきました。

(笑) おしぼりで拭いていたお箸も下げていただけた

BOX式シートで アイコンタクトが出来ないから 見に来る必要があるのです。

P_20170531_112814_vhdr_auto_r

狭い店と謙遜されておられるが

ご主人と厨房一人 花番二人と贅沢配置に思える。

久しぶりに・・客が 最低限のサービスを受けられるお店でした。

席数と人員の兼合いは 永遠のテーマです。

・・

ボリューム感のある天ぷらも売り

蕎麦への取り組みも 素晴らしい、

口コミも高く 行列ができるのも納得です。

・・

がんこそば=手挽き

P_20170531_111901_vhdr_auto_r


P_20170531_111910_vhdr_auto_r

少し暑いこの時期 少し蕎麦の鬼皮の臭いが感じられた。

下は十割=電動石臼


P_20170531_111957_vhdr_auto_r

蕎麦粉を加えた蕎麦湯 熱々で良い。

濃いポタージュタイプは 温いと気持ち悪いものです。

P_20170531_112546_vhdr_auto_r

陶器にこだわって居られるようですね・・

蕎麦が良くて 最低限のサービスができる こんな贅沢なお店が有った(遭った)とは・・

ああ~最低限のサービスって 蕎麦を食べるものには とても贅沢なおもてなしですね。

2017年5月15日 (月)

竹うち 愛知県岡崎市 十割蕎麦の店⑧

新東名を走行予定 

高速ICから遠くない通り道で蕎麦屋が無いか? 自家製粉 十割

そんな条件で探すが なかなか見つからない・・・

・・

(十割だから二八より美味しいとは限らない

二八なのにとても美味しいなら 是非十割でお願いします)

・・

愛知で 越前蕎麦=おろしぶっかけとの事

P_20170510_114152_vhdr_auto_r

太打ちと書かれた 十割

P_20170510_114414_vhdr_auto_r

生粉打以外の二八そばが 一番に

二八ながら 少し太い目

生粉打ちの 太さが心配だ


P_20170510_115313_vhdr_auto_r

幸い 越前の太打ち(うどんぐらい)ほども 太くない 3mmぐらい

これなら もりでも大丈夫だったかも

P_20170510_115655_vhdr_auto_r

同じ製粉の粉に つなぎを20%入れるか入れないか

大きな味の違いが判るレベルであった。


2013年10月12日 (土)

手打ちそば みやかわ 愛知県岡崎市 完全自家製粉から・・

旅の通り道に 都合の良い蕎麦屋を探していて発見

蕎麦屋の二代目が 全て十割蕎麦に そして 玄蕎麦からの 完全自家製粉を行って居られます。

*完全自家製粉とは 玄蕎麦から 磨き 石抜き 脱皮 石臼製粉を 一貫して行う。 (自家製粉と書かれていても 会社などから 磨き、石抜きした玄蕎麦を購入、すでにヌキミ化された そばの実を購入している場合が殆どです。)

Shizu_108


更に 粗挽き蕎麦があるらしい

Shizu_107

一人前の蕎麦が 二枚で 1200円と 格安です。

Shizu_102

座敷が長く 4席x4の設置 カウンター3席で 5組で満席

Shizu_113

二八のような 細い長い


Shizu_114

玄の部分が 細かく挽きこまれた 茶色さが目立つが

透明感のある中に 少し 粗挽きの粉が混じっているのが見える

粗挽きという程の 粗挽きではありません。天笑の粗挽きぐらいでしょうか?

粗挽きとは 店が宣言しているだけで 玄から挽いている蕎麦と間違っているのかも。確かに ヌキに比べたら 粗挽きだとはいえる。

完全自家製粉から得られる蕎麦の味や香りを 十分ではあるが

十二分に引き出せていないと言わざるを得ません。 一寸 物足りない。

でも 高いレベル 良いと思います。

しかし、、、

一回転目で入店したが 土曜日ということもあって 30分ほどの間に

15台以上は停められる駐車場が満杯

二回転分ぐらいの待ち客ができてた。 一時間以上は待つだろう

この辺に 他に 蕎麦屋はないのだろうか?という疑問も・・(笑)

セットや簡単なコースなどもあって 休日のランチ向けというところが受けているのかな?

・・

大きなガラス越しに 待ち客が見えてプレッシャーです。

また 就学前の子供たちが 裸足になって 庭を歩いている

たぶん その子たちは そのまま 座敷に上がるのだろう

だから 座敷って 嫌な面もあるのです。

だから 子供は入店させない店もあるのでしょう

きっと そんな子供は 店内を走り回ることでしょうね(汗)

ある意味 粗い蕎麦が好きでも 細かい事が気になってしまいます。

客は店を選べるけれど 店は 客を選べないのです。