2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

北海道の蕎麦屋

2017年9月13日 (水)

蕎麦の里 びばいろ 芽室町

同じ 芽室町の 自家栽培の紀山に向かいましたが 本日 臨時休業の札

有名店のこちらに向かいました

P_20170912_122431_vhdr_on_r

今年の ガイド本にも掲載されたとのこと

北摩周産の きたわせとのこと

メニューの蘊蓄には 常陸秋そばが 一番うまいと書かれていた・・・・

兎も角 脱皮からの完全自家製粉

P_20170912_114629_vhdr_on_r

P_20170912_114947_vhdr_on_r


P_20170912_115108_vhdr_on_r


細い麺のせいろと太い田舎

細い麺は こりこりとした食感で 北海道で初めて食べた 100%きれいな切りそろえ

本日 冷たい雨の日 来客のほとんどは 温蕎麦

わざわざ 遠くまで来て・・・ 

音を立てて手繰ってと書かれているご亭主の期待を

8-9割の客は 大きく裏切っている

逆に 温蕎麦や 天ぷらを止めるのは 営業上難しいか?

P_20170912_121109_vhdr_on_r


P_20170912_121121_vhdr_on_r

見た目太さに変わりがないように見えるが↓↓

断面積で 3倍 太い分 少し黒く見えるが こちらは ヌキミの微粉

柔らかく 9割程度の切りそろえ


P_20170912_121441_vhdr_on_r

以上

 

2017年9月 9日 (土)

蕎麦屋 此花 札幌市中央区

三年ぐらい前 売り切れで食べられず

今回 再度 チャレンジ

情報によると 北海道黒松 奈川在来種を 冷蔵保管庫にて保存

自家製粉で 一部 手挽き石臼挽き ヌキミで粗挽き感のある 細い蕎麦

十割らしいとのこと(=未確認)

お店は 郊外 自宅併設型

P_20170908_115820_vhdr_on_r


P_20170908_115745_vhdr_on_r

例のガイド本掲載されて 天ぷらを廃止

奈川在来だけでは・・・

蕎麦掻は 手挽き粉使用とされていたが・・


P_20170908_115532_vhdr_on_r

見た目 超粗挽きです


P_20170908_120542_vhdr_on_r


P_20170908_120546_vhdr_on_r


P_20170908_115641_vhdr_on_r

メニューはシンプルに・・・

関西辺りの二倍はある量

P_20170908_121116_vhdr_on_r


P_20170908_121124_vhdr_on_r

2017年9月 3日 (日)

和寒雪割そば 北海道旭川市

蕎麦屋が目的ではないので・・通り道にあれば 検索して・・

稚内に向かう途中

なんと! こちらも 自家栽培 自家製粉 さらに10割のお店を発見

P_20170902_110146_vhdr_on_r


P_20170902_110605_vhdr_on_r

自宅開業型の店舗  製粉関係の写真がありました

P_20170902_110721_vhdr_on_r

お品書きの値段に驚き!

P_20170902_111101_vhdr_on_r

P_20170902_111106_vhdr_on_r

平打ちの太い切り 量も 多い

P_20170902_111218_vhdr_on_r

プラス300円の 天ぷらそばもこのボリューム

・・・

サービスの 白金美瑛青い池

P_20170902_124411_vhdr_on_r



2017年9月 2日 (土)

そば哲 本店 北海道勇払郡

久しぶりに 北海道

苫小牧にフェリーにて

P_20170901_112747_vhdr_on2_r

P_20170901_105831_vhdr_on2_r


支店の遠浅店は 例のガイド本に掲載されている

自家栽培 自家製粉

中でも 田舎蕎麦は 手挽き

P_20170901_105957_vhdr_on2_r

P_20170901_111018_vhdr_on_r


P_20170901_111027_vhdr_on_r


十二分に粗挽きながら 太い切り

P_20170901_111212_vhdr_on_r

通常のもり蕎麦と並べてみた

P_20170901_112533_vhdr_on_r

入口横の製粉 蕎麦打ち場

テーブルも多く ドライブイン的なお店ながら 取り組みは 本格的

沢山の蕎麦を打つ必要があるのだろうと推測いたします。

2014年5月16日 (金)

きむら 北海道小樽市 黒松内産 奈川在来

寝台特急 カシオペアで 北海道温泉旅行です。

Dsc_1155

旅の途中 蕎麦屋があればと探しました。

多くのお店では 玄挽きの微粉ということらしい。

札幌 此花、小樽 きむら、真狩村 いし豆の三店に興味をもった。

共通点は 黒松内町 奈川在来種を使っていること

Dsc_1171

住宅街の自宅兼店舗 すぐ横に大きな駐車場も完備

Dsc_1179

履物を脱ぐとすぐに見える 蕎麦打ち場

手挽き臼も見える

Dsc_1172

客席には 電動石臼(蕎麦自蔵)も置かれていたが 幸いカバーがついている。

粉を挽くと 煙のように 粉が舞上がる、石臼がむき出しだと ゴミも混入する可能性も あって 実に 不衛生

・・・スペースや 店主の考え方から 石臼の設置は 色々見かけるが 出来れば 場所にも こだわって欲しい部分です。

蕎麦打ち場が汚いなら 多分 蕎麦も美味しくないかも?

評判の良い希少種だとて 生かせるかは・・・

Dsc_1173

Dsc_1177

手挽きらしい 粗挽きの 蕎麦掻

蕎麦掻を食べると 粉の状態や 製粉具合が良くわかる。


Dsc_1180

粒がハッキリと見える

確かに 味も香りも高い!


Dsc_1181

鴨ではなく 鳥せいろ 

Dsc_1182

レベルの高い蕎麦でした。


Dsc_1184

細さと粗挽きのバランスが 丁度良いところでした。

北海道 恐るべし(笑)