2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

北海道の蕎麦屋

2014年5月16日 (金)

きむら 北海道小樽市 黒松内産 奈川在来

寝台特急 カシオペアで 北海道温泉旅行です。

Dsc_1155

旅の途中 蕎麦屋があればと探しました。

多くのお店では 玄挽きの微粉ということらしい。

札幌 此花、小樽 きむら、真狩村 いし豆の三店に興味をもった。

共通点は 黒松内町 奈川在来種を使っていること

Dsc_1171

住宅街の自宅兼店舗 すぐ横に大きな駐車場も完備

Dsc_1179

履物を脱ぐとすぐに見える 蕎麦打ち場

手挽き臼も見える

Dsc_1172

客席には 電動石臼(蕎麦自蔵)も置かれていたが 幸いカバーがついている。

粉を挽くと 煙のように 粉が舞上がる、石臼がむき出しだと ゴミも混入する可能性も あって 実に 不衛生

・・・スペースや 店主の考え方から 石臼の設置は 色々見かけるが 出来れば 場所にも こだわって欲しい部分です。

蕎麦打ち場が汚いなら 多分 蕎麦も美味しくないかも?

評判の良い希少種だとて 生かせるかは・・・

Dsc_1173

Dsc_1177

手挽きらしい 粗挽きの 蕎麦掻

蕎麦掻を食べると 粉の状態や 製粉具合が良くわかる。


Dsc_1180

粒がハッキリと見える

確かに 味も香りも高い!


Dsc_1181

鴨ではなく 鳥せいろ 

Dsc_1182

レベルの高い蕎麦でした。


Dsc_1184

細さと粗挽きのバランスが 丁度良いところでした。

北海道 恐るべし(笑)