2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008-05-31

石臼目立て

古い石臼があるが 実用化したい

そんな方に向いているかも・・・

一度 相談だけでも

(こちらの方と 特別な関係は有りませんので ご注意ください)

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d80680706

古石臼オークション

石臼や 粉を挽く前に 蕎麦打ちを人並みに

なる様にという 忠告は重々理解しているつもり(汗)

一寸 最近は ヤフーオークションで 古い石臼を

ウォッチングしています。

写真だけで見る限りですが

それなりに 実用性がありそうな物は 良いお値段が

付きますし ほとんど落札されます。

危ない賭けにも思うのは 私だけ

飛び石を買っても 500-1000円ぐらい

するので それなりの形から 再生ができるので

利用価値としては面白い

田舎のある方なら 貰うことも出来るんでは無いですか

万一 使い物にならないときは

ヤフオクで 売ってお小遣いに出来ます。(笑)

一例を リンクしておきます(写真なんかは すぐに

消えてしまいますが・・・・)

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p114924796

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n60161377

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/106767370

『石臼買ってどないするの!』の 厳しい言葉は

どのように 受け流しておられるか? 聞いて見たい。

巧く 蕎麦が挽けると良いですね

2008-05-25

石臼製作体験教室

石材屋さんや 石材の加工所を ネットで

探していたら 見つけました、

『石臼製作体験教室』

http://www.good-stone.com/hp/top/school/s-top.htm

随時募集ということなので・・

今現在参加が可能かどうかは不明です。

総額 34000円で 石臼が作れるなら

凄く楽しそうですね

2008-05-24

石臼つくり⑤

上下の臼のすり合わせです。

平らに削れているはずですが まわすと

ひっかかる。

0524_001

溝が無い 石臼もあるとか

試運転

0524_003

0524_004

なにやら 粉らしいもの

当然 石の粉も・・・・・・

少し挽けたところで 目つまりか

出て来なくなりました。

0524_006

0524_007

完璧に へばりついている

やはり 溝は必要な様子(爆)

0524_012

握ると 固まる 微粉が作れている。

多分 まだ 続くかも?

2008-05-22

石臼つくりの鉄人訪問。

京都のお蕎麦屋さんで 石臼まで 製作される

嵐山の 『いしたに』さんをを訪問。

石臼群が 完成したとのこと。

0522_001

向かって左が 岡崎 宇寿石

向かって右が 福井 小和清水石

向かって右から2番目が 幻の蟻巣石

本日の蕎麦は

0522_002

昨年 栽培された 例の広島の常陸秋蕎麦

どこかで見た 電動篩いもあります。

0522_011

細かい粉の挽ける臼なら 投入量で

粗い粉も挽けるが 逆は駄目ですと 一言。

微紛好きか 粗粉好きか その辺は趣味の問題。

0522_005

0522_006

要約すると 蕎麦屋の仕事で最も重要なのは

『自分の思い通りのそば粉をつくる事』

蕎麦の味は 大半そば粉で決まるので

理想のそば粉を作れるのは理想の石臼

そんな意味合いの事が書かれています。

4mm以下の ぬき実を想定して 目立てを

行い 15回転で 1時間300-400g程度の

製粉に設定して 100%近い微紛石臼が完成。

0522_012

細かい0.9mmの目がルターで刻まれて居る。

微紛を想定して 溝の深さは無い。

わざわざ 動かしていただいた 岡崎の

宇寿石は シャーというだけの回転音を

残すだけで がたごとや ガーという音とは

無縁の いい音がしていた。

0522_013

長々と色々教えて頂きありがとうございました。

ここでは 書いてはいけないお話も聞けました。

胸のうちに仕舞っておけるかな??

また、邪魔しに行きます。lovely

最後に思ったことを少し・・・

思い通りのそば粉を作れない蕎麦屋は

蕎麦屋でない 逆説的ですが

私も そば粉を操れてこそ蕎麦屋と言えると思う。

是非 こんな蕎麦屋さんが増えることを

希望いたします。

2008-05-21

石臼つくり④

ハンマードリルの中古をゲットした。

ビットも数本付属

10mmのがあったので

アンカーボルトで 取っ手の取り付け口を

取り付けた。

0521_001

0521_002

シャフトの穴も 10mmで貫通させた

最初に 4mmぐらいであけたら 流石に

ハンマー力か 最後が割れた(泣)

含みのところなので 何とかなるか

ならねば コンクリートで埋めるか???

0521_003

30cmx10mmぐらいの ねじ切りの棒を

貫通させて ばねで押さえておき

強く力をかける方法としようとしている。

30cmmx7cmmぐらいと 上臼が可也軽い

蕎麦の実で浮かないようにするためです。

細かい粉がほしければ 締めればよいこととなる。

理屈は成り立っているようだが・・・

0521_004

2008-05-18

石臼つくり③

途中で投げる予定だったんですが・・

また すすみました??

0518_004

上臼=もっと削れば 庭の

蹲(つくばい)ぐらいには? 金魚鉢とか?

上臼の 含みも適当に 削ってみました。

0518_003

下臼の底シャフト用の軸受けをとおす時ナット部分が入るための凹みを開けようとしています

0518_002

あとはノミで四角くして行こう・・・

2008-05-16

石臼つくり ②

上臼の そばの実などを置くところ

少しへこませるため ダイヤモンドカッターで

碁盤の目のように切れ込みを入れる。

コンクリートブロックなどを割る 槌を(1000円程度)

ハンマーで叩いて少しずつへこみを作る

0516_003

0516_010

気持ちがいいぐらいに割れていくが

顔にも破片が当たるので 防護用めがね

マスクなど 必ず必要です。

0516_005

ダイヤモンドカッター(3枚1000円ぐらい)恐るべし

石を持ち上げる取っ手も すぐに出来ます

砥石タイプのサンダーより

平面にするときも 早いし使いよい。

砥石タイプは 平面を滑らかにするとき

だけで 良いかも知れません。

0516_008

薄い塩ビなどの透明な板で、180度線を

引いて置くと 中心や位置関係がわかりやすい。

大体の形が出来てきたが

軸受けや 物入れの穴が必要なので

近くハンマードリルなどで穴あけに

挑戦したい。

ヤフオクなどで 安い程度のいい

はつり作業もできる(ハンマー代わりになる)?

3モードタイプを 物色中です

本体より ビットのほうが良い値段しています。

マ、あせらずゆっくりと・・・・

2008-05-06

石臼つくり

コンクリートサンダーや ジスク用の砥石 

0506_001

左が 16番(3枚で800円) 右が24番(1枚800円)

ザラザラした 表面を 少し削ってみた。

0506_008

ジスクサンダーの 保護カバーが当たるので

周辺だけ 磨けた。ことのほか 早く簡単だが

粉が舞い上がる。

中央部は 厚みのある24番で

0506_009

ただし 凄い粉が舞う。

0506_012

ビフォーアフター 15分程度でできるので

場所を考えて また 出来上がりを

設計して 

日曜大工ならぬ 日曜石工となれるか?

2008-05-03

手挽きと 電動の違い

0502_002

一時的に 電動装置を外しています

左のほうは 愛用?の ステン アルミ 塩ビの

麺棒です 25-30mmぐらい

一番太いのが 34mmの介護用手すりの

集成材を磨いたもの

のし棒は 25mmx50cmぐらいの

目の詰まった年輪の無い南洋材?のような物

1000#で磨いて 太白ごま油を塗っています

すでに 20回以上 ツルツルです。

少し前に・・・

15回転で 500gを電動状態で 約6分間で

挽いています。

手挽きと電動は 同じ臼なら

あまり関係なく 粉が出来るとの事

ほんまですか?が 本日のテーマ

多少 科学的にはいい加減です

     電動    手挽き

20以上  9%    18%

20-30  17%    23%

30-50  24%    20%

50-100 22%    21%

100以下 28%   18%

左が 電動 右が 手挽き

1分間 15回転になるよう

時計を見ながら挽いてみました

粒度の分布は 粗い目が多く

細かい目が 少なくなりました

どちらの挽きかたも 上臼は

押さえつけずに 重さだけで挽けています。

20メッシュ以下の部分で蕎麦打ち

2mm以上の太さにしか出来ません

加水率58%

0502_037_2

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »