2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 石臼5号 目立て | トップページ | 石臼5号 2段→実の違い »

2008-08-11

5号 2段にて

三段での試運転が終わったので

2段 (20kg)にて試運転

0811_002

石臼台も新調 塩ビシート1mm厚で

丸い蕎麦粉を受ける枠を作成

丸く板を切り抜いて サイドに貼り付け

回転時のそば粉の飛びだしと

上下臼の掃除のときの粉が飛び出すのを

防ぐため 10cmぐらいの高さがあります。

今回は 八ヶ岳 信濃1号丸抜き350g

330gの粉が出来た 20gは石臼の中です。

20メッシュ上 2g 0.6%

20-30     33g 10.3%

30-50     97g 30.1%

50以下    190g 59%

前回の 3段より 細かい

蕎麦が変わったのと 取っ手を長くして

ゆっくり低速(定速)に挽けたためか

原因はわからない?????????

0811_003

蕎麦に味をつける?のはどうだろうかと

5%の塩水で打ってみた

やはり切れ易い 伸ばすと割れる

茹でると切れやすい。

確かに塩辛いが 飛躍的に 味があがったわけではない

加水率55%

08111_003

08111_008

« 石臼5号 目立て | トップページ | 石臼5号 2段→実の違い »

石臼5号自作臼」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5号 2段にて:

« 石臼5号 目立て | トップページ | 石臼5号 2段→実の違い »