2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 蕎麦の水分測定 | トップページ | 最上早生完熟 »

2008-11-17

石臼5号(電動化)を 3段30kgで

粗くしか挽けないのは ヌキミの水分量と

目星をつけて 水分量を測ったり

今回は ヌキミを水に漬けておく方法を試してみた。

大きくは粒度は変わりませんでした。

1113_001_r

出来た粉はしっとりして 簡単に固まります。

可也ゆっくりしか挽けなくて

石臼に 糊化した粉がへばりついて

ワイヤーブラシでも取れにくい

1113_005_r

   最初     加水

20上  20%    25%

20-30 24%    15%

30-50 18%    17%

50下  38%    42%

加水は 密閉容器に200gのヌキミをいれ

約1時間 水を流し 24時間 

ザルに揚げて 重量が230gに成るまで乾かした。

上記のように大きな変化は無く・・・

どうも蕎麦の甘皮の硬さによるものと思料した。

・・今回は 重い臼の状態ではと試した。

毎分10回転 ヌキミの供給も同じです。

1117_015 

結果は

20上  26%

20-30 28%

30-50 15%

50下  31%

更に 粗い目に振れてしまいました。

理論的な推論も今のところ思い浮かびません。

後 1週間ほどで 新しいヌキミが届くので

比較することといたします。

« 蕎麦の水分測定 | トップページ | 最上早生完熟 »

石臼5号自作臼」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石臼5号(電動化)を 3段30kgで:

« 蕎麦の水分測定 | トップページ | 最上早生完熟 »