2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 福井 大野産 在来種 早刈りそば | トップページ | 石臼7号自作臼 作成過程 ② »

2008-12-02

石臼7号自作臼 作成過程 ①

性懲りも無く・・ 石を見ると石臼になるかな?と

思う、病気的な 今日この頃。

過去の経験や学習から得た集大成の 自作臼7号のお話

1010_015

最初 こんな飛び石を発見

過去の自作臼 5号は 正方形の飛び石から

大変苦労して 丸くしたが 今回は 不揃いながら

既に 円柱状

更に

この中の一部の 表面は 磨きがかかり平ら

(臼のすり合わせ面が上手く作れないと 良い臼にはならないようだ

石屋さんでの加工はとても高いとか)

1201_001

表面が 平らで バーナー仕上げというらしい。

墓石などの様な 全く ツルッとした 磨きほどのものではない

上手く カッターできれば こんな風になるのかも。。??

今回は ドライカップという 石やコンクリート用の

研磨デスクが ネットで¥3000と安かったので

周辺を荒削りすることが出来て 早く円柱に出来た。

1201_003

多少 厚みにばらつきがあり 80-85mmぐらいで

約15kgの重さになった

2段かさねで 上臼は30kgとなる

1201_008

仕組みは ほぼ5号と同じで

もの入れは 今回25mmのハンマードリルビットで

穴をあけ 25mmのアルミパイプを通し 内径22mmとした

すべりが良くなると想像した。

« 福井 大野産 在来種 早刈りそば | トップページ | 石臼7号自作臼 作成過程 ② »

石臼7号」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石臼7号自作臼 作成過程 ①:

« 福井 大野産 在来種 早刈りそば | トップページ | 石臼7号自作臼 作成過程 ② »