2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008-12-23

石臼メカ 100vモーター

1220_001

オークションで手に入れた モーターで

電動メカを作成

石臼4号の専用とする

シャフトの接続は 手作業で 12.7mmの

ソケットが 入るように 削った

1215_024

ソケットを入れると

1215_025

精密には出来ないが マー良し

1217_001

1217_004

1220_001_2

その他の 粉受けなどは 他の台の

方法を 流用しています。

1220_003

臼の粉挽きの能力は 現在調整中で

今は 可也の粗い目に振れます。

2008-12-21

メーカー手挽き臼で

某蕎麦屋さんで 手挽き蕎麦をはじめるため

気仙沼工房の 手挽き臼を購入されました。

現在は 研究中ですが

1218_005

面白い仕組みなので 挽かせてもらいました。

1218_002

1218_003

上臼は半分ぐらいステンレスと合体

ステンレスの比重は8程度なので

花崗岩に比べて3倍程度の重さが

あるようなので 下臼に比べると

4倍ぐらい重さがあるのかも

全質量が30kg程度とのことなので

下臼 5kg 上臼20kg 台など5kgというところか?

1218_007

1218_009

材質は安山岩と言う事だが 比較的

幅の狭い平らな面の無い目である

直径24cmと小ぶりだが 摩擦力が

強いのか 抵抗が大きい

面に そば粉がいきわたると軽くなり

それに合わせる様に ヌキミを投入

私の最新臼7号と 同じぐらいのスピード

3kg/hぐらいの能力で 挽いたら

20上  5%  (0)

20-30 11%  (5%)

30-50 22%  (30%)

50下  62%  (65%)

3分の2ぐらいは 細かいが

粗い部分にも 偏らず満遍なく粉が出来ている。

( )は 石臼7号のデーターです。

1220_002

20メッツシュ下で蕎麦打ちです

1220_008

1220_013

粗挽きは粗挽きであるが

比較的絞まった固めの食感である。

割合的に モチモチ感が出ても良いのだが

気仙沼の石臼は 電動や 加重をかけられるもの

なども 全て同じ石臼なので 

投入量と 上臼の重さで 挽き具合を調整して

好きな粉を作ることと成ります。

流石にメーカー物ゆえに 精度も 仕組みも

しっかりしている。

石の部分を 薄く 交換できるようにして

上臼を 鉄製にすれば コンパクト で

性能の良い臼が出来ることがわかります。

加工の技術が無いが 良い仕組みを

見ることが出来て参考に成った。

2008-12-15

そば粉の研究 そば蔵谷川

福井県で有名なそば蔵谷川で

細切り用の そば粉を買ったので

篩分けてみました

1215_002

20上   4%

20-30  10%

30-50  22%

50下   64%

3分の2が 細かい粉

1215_004

粗い部分は 甘皮ばかり

1215_015

1215_022

1分茹でだと 角が辛い

2008-12-14

AC100Vギヤードモーター

一週間ほど前 何気なく yahooオークションで

石臼をみていたときに 気の迷いで ギヤードモーターで

検索すると・・・

AC100V(家庭の電気)の 90Wモーターで

ギヤーヘッドが 中間 10、先端120の 1200分の1を発見

すでに 再出品中で 希望価格で 一発落札可能な ¥4980

1214_001

1年ほど前 初めてギヤードモーターなるものが

世の中にあるのを知ったぐらいの私は 猛勉強の末

三相電流から 調べ始めたのが 実際のところでした

AC100Vのモーターの 中古が無く 新古品も

見つからない スピードのコントロールも 方法がわからず

先人が 石臼を 電動化するために お知恵を拝借して

三相200V インバーター制御を 今の石臼の電動化を

失敗しながら行って来ました。

AC100V電源なら何処にでもあるので スピードコントロールさえ

希望しなければ 実に簡単に 電動ユニットを動かせます。

1214_003

100Vで 毎分1550回転 120分の1にすると約13回転と

それなりの良さそうな回転をうる事が出来ます

万一 それで不満なら ギヤーヘッドだけを交換可能です

(15000円ぐらいします)

1214_008_2

中間ギヤーをはずして 組み合わせると

1214_010

コンデンサーも スイッチもついているので

試運転も簡単に完了しました。

少し時間をかけて 100V版の臼を試作です。

そんなに石臼いらんやろの 突っ込みは 受け付けません!(笑)

2008-12-08

石臼電動化

石臼を電動化する場合

① 上臼を回転させる

   A:電動機を 上臼上部から

   B:下臼を貫通させ上臼を回転させる

② スピードのコントロール

   A:100V単相電源(家庭用)

      Ⅰ:100vギヤードモターで希望の減速機つき

      Ⅱ:モーターコントロールユニットで 自在に減速

   B:200V三相電源(家庭用100Vや200Vをインバーターで

                200V三相電源に変換する)

      Ⅰ:3相200V電源のギヤードモーター

      Ⅱ:インバーターを利用して 自由にスピードをコントロール

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

① A:電動機を臼の上からの場合

  素人加工では 臼の中心が出せない モーター固定フレームの強度を確保できない

    1号石臼電動化参照

  B:多くの電動臼が採用している 蕎麦の投入装置が

    場所的に 取り付け易い 精度はそれなりで可能

    下臼に シャフトを通す穴が必要・・プロに依頼(お金が必要)

    4号 5号電動化 6号参照

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

② A:Ⅰ 固定になるが 変速ギアと組み合わせて希望の

    速度で回転させる 関西60Hz関東50Hzで 元のモーターの

    回転速度が異なるので ご注意ください

    関西なら 1700-1800回転の 100Vモーターを

    100分の一か 120分の一にすれば 10-20回転が得られる

    ギヤで トルクが大きくなるので 100Wぐらいのモーターで

    必要十分とのこと?

   A:Ⅱ コントロールユニットと ギヤモーターの組み合わせで

     販売されています

     ・・・電気に詳しくないので 調べてくださいm(.....)m

      B 小型インバーターで 単相100V 単相200Vを

    三相化 (20000円前後の機械です)

    運よく中古が 手に入ると良いですね・・・

    200V化参照   

    (家庭では 単相200Vのエアコン、IH料理器具が

    普及しつつあるので 既に配線済みの場合もありますが

    通常の 3相200Vのモーターは 回せませんので ご注意ください)

   * 通常インバーターでは 減速させる為に使います

      増速も可能ですが モーターの能力を超えて

      事故に至る場合があるそうです

     また 無段階に 周波数を下げる設計ですが

     30%以下の周波数では 巧く機能しないことが

     あるようなので ギヤードモーターの 変速機との

     組み合わせを 考えてください

     ギヤードモーター参照

 

    

      

石臼7号自作臼 蕎麦うち

サンダーで目を入れたところを

ルーターで V字型に削った 方法は5号のときと同じです。

08061_0091

同じように粉にすると 250gを5分ぐらいで投入 臼は7分ぐらい

回しています。前回と ほぼ同じです。

20-30メッシュ 5%   (8)

30-50      30%   (34)

50以下     65%   (58)

( )は前回削っただけのときの割合です。

わずかながら 細かい目に振れた。

1208_001

20-30メッシュには黒い皮の部分がのこったので

30メッシュ以下部分で 蕎麦うちです

手が汚れないように 泡だて器で 水回し

1208_004

延しは 2mm厚だが 切りは1mm程度

辛み大根のぶっ掛けおろし

1208_008

1208_011

蕎麦は 福井県大野産 早刈りそばのヌキミ

写真は失敗だが 2mmx2mmの 太目のものも作成。

いずれかの方向に 石臼を進化?させたら また実験予定

1段15kgで実験か 更に細かい目を 石に刻むか・・?

2008-12-07

石臼入手法

石臼の入手方法について

① 中古

   A:オークションで落札

   B:骨董店 知人宅から

② 新品

   NETで検索すると出てきます 30cm20kg以上がよさそう

③ 自作

   A:中古を削りなおす

   B:石屋で円柱の石臼を発注

   C:庭石から削りだす

・・・中古の場合 

   使えるかは不明 使って初めて判る

   古いものは 万能臼で そば用でないものが多い

   (例えば、蕎麦と大豆だと 大きさが違いますので 

   挽け方も 違ってきます)

   取っ手や 軸の作成  目立てなどが必要

・・・新品の場合

   値段で選ぶと 結局 再調整が必要

   どんな粉が挽きたいかを 製造元に説明

   サンプルなどを見せてもらいましょう

   余り小さいもの 大きすぎるのも使いにくい

   そば用なら 30cm上臼20kg以上が良いようだ

・・・自作の場合

   石屋で特注すると 高い 新品のほうが安かったり

   (国産 御影石は高いですよ)

   特注に応じてくれる石屋が見つけにくい

結論

   新品以外は 多少の加工技術が必要

2008-12-02

石臼7号自作臼で蕎麦うち

実際に蕎麦を打たないでは 成果は見られない

ヌキミは 福井大野産在来種早刈りそば 250g

1202_005

何時ものように 漏斗に入れて 自然供給

約5分で 全部吸い込まれた 臼が軽くなるまで7分

約3kgで1時間 回転数は 休まずに回しているとき 毎分20回転

1分50gの投入で 1回転辺り 2.5gの計算になります

(そんなに正確ではないと思われます。)

1202_007

228gの粉が出来ました。

何時もの篩い分けだと

20メッシュ上  黒い鬼皮だけ 

20-30メッシュ 8%

30-50メッシュ 34%

50メッシュ下  58%

溝を削っただけの臼としては上出来?

1202_008

1202_010

20メッシュ上の 鬼皮だけを捨てて 蕎麦うちです

1202_012

この日は 鴨汁蕎麦

1202_024

1202_025

早刈りそばらしい緑の蕎麦が出来ました

(写真をクリックすると大きくなりますよ)

53%の加水で少し固めのため 2mmx2mmの切り

何時もより細かいそば粉だと 角がふやけずに残りました

久しぶりに 蕎麦らしい蕎麦が出来ました。(爆)

石臼7号自作臼 作成過程 ③

1201_013

テストです。

1201_014

大きな甘皮の塊が出てきていません

1201_015

特に問題が無いようだ

1201_018

出来た粉を握ると形になる辺りから 細かい粉と見た

1201_019

30メッシュで篩うと 混ざっていた玄蕎麦の皮

1201_020

10%以内か?

次回は 蕎麦うち

石臼7号自作臼 作成過程 ②

良くない石臼のたとえとして

「グラインダーで削っただけの目立て」という表現があるが

今回は まさに そのまんまです。

1202_001

目標は 細かい粉が挽けること

50メッシュ以上の粉が 1回挽きで 90%近くできればという目標

丸抜きからの挽きぐるみで 殆どの甘皮も

挽きこむような 高橋名人や 石臼の鉄人 いしたにさんの様な

石臼を目指す予定。

・・・細かい粉を挽くためには・・・

① 石臼の中に 長く そば粉を滞留させる

② ふくみを小さくして 周辺までに細かい粉に出来ること

③ 最終接合面に 強い重さが掛かること

④ 石の表面が荒れていること

・・・・

こんな事が思い浮かぶが・・・

8分割等にして 溝による 排出力を減らす

ヌキミの供給量を減らし 挽けた粉が 強制的に排出されない様にする

直径の大きな臼を採用

最終接合面積を減らす。

重い石臼を使う

細かいビシャン仕上げや ルターでスジをつける

当初の作成では 上臼30kg 8分割 含みを少しにするを 実行

1201_009

1201_011 

1201_010

周辺の接合面を 今まで40-50mmに設定していたが

30-35mmぐらいとして 含みも 最大2.5mmぐらい

8分割6溝の目も 浅く 薄めの ダイヤモンドカッターで

スジつけを行っている。

石臼7号自作臼 作成過程 ①

性懲りも無く・・ 石を見ると石臼になるかな?と

思う、病気的な 今日この頃。

過去の経験や学習から得た集大成の 自作臼7号のお話

1010_015

最初 こんな飛び石を発見

過去の自作臼 5号は 正方形の飛び石から

大変苦労して 丸くしたが 今回は 不揃いながら

既に 円柱状

更に

この中の一部の 表面は 磨きがかかり平ら

(臼のすり合わせ面が上手く作れないと 良い臼にはならないようだ

石屋さんでの加工はとても高いとか)

1201_001

表面が 平らで バーナー仕上げというらしい。

墓石などの様な 全く ツルッとした 磨きほどのものではない

上手く カッターできれば こんな風になるのかも。。??

今回は ドライカップという 石やコンクリート用の

研磨デスクが ネットで¥3000と安かったので

周辺を荒削りすることが出来て 早く円柱に出来た。

1201_003

多少 厚みにばらつきがあり 80-85mmぐらいで

約15kgの重さになった

2段かさねで 上臼は30kgとなる

1201_008

仕組みは ほぼ5号と同じで

もの入れは 今回25mmのハンマードリルビットで

穴をあけ 25mmのアルミパイプを通し 内径22mmとした

すべりが良くなると想像した。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »