2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009-02-23

6号 まだまだ すり合わせ中

仮に 挽いてみたら 半分近くが20メッシュ以上

これでは 私の技術では 蕎麦になりません。

0217_018

サンドペーパーを挟んで回転させる方法です。

先日の TVダッシュ村では 金剛砂を使っていたが

近所のホームセンターでは 手に入らなかった。

0217_020

下臼も同じ様に

0217_021

0217_023

テスト挽きでは 20メッシュ上が25%ぐらいまで

下がってきたが

やはり最後は すり合わせ面に色付けして

あたりの調整が 一番良いようだ。

2009-02-11

6号臼 すりあわせ後の試運転

上臼の周辺に細かいスジを入れて

面あわせの 実際のテストです

含みが少なくなったので

何時もの 漏斗による投入で低回転だと

供給が上手く行かないので

毎分15回転です

0209_001

向かって 右側の粉の付いていないところは

片減りした部分で 未だにまだ少し低い

左の上のほうは 面あわせが 内側過ぎるようだ

どちらにせよ まだ 調整の余地ありです

0209_002

下臼も 左下の部分は粉が残っているところから

多少 低いのかも知れない。

挽いてみた結果は 20-30メッシュ部分が

25%ほどあって 細かい粉を目指している

6号再生臼の目的には 届かない

一回挽きで 殆どが30メッシュより

細かい粉が作りたい。

2009-02-02

6号臼 すり合わせ

6号再生臼の片減りをもう少し解消したい

上臼を全体に削って 摺り合わせを見る

第一回目

全体で細かくなっている

含みを 大きくしなければ・・

0127_003

2回目

含みの効果が出たが

摺り合わせの 最後のところで

粉が滞留している

0128_002

3回目

摺りあわせに 墨を塗って当たりを調整

空挽きを何度かして 更に 面あわせ

中々 ぴったりとこない。

ダッシュ村の 摺りあわせでは

最終 金剛砂を使っていた。

私には無いので サンドペパーを挟んで

面あわせ。

木工用のサンダーで 更に 面あわせ

調整したい上臼だけではなく 下臼も

削った まだ 摺りあわせがぴったりではない。

Ca3a0001

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »