2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 4号 6号電動臼用 そばの実供給装置 | トップページ | 6号の再々生 »

2009-04-21

両刃(超硬付叩き両刃)

よく 目立て時に 使われる

両刃をついに購入 1300gで 刃の幅は50mm

刃先に 超硬といわれる部分が 挟み込まれている。

早速 4号に 目を入れた

0421_001

柄の最終を支点として 両刃の後辺りを

力点とするような持ち方で 刃の重さで

傷つけていく感じです。

ダッシュ村で 見たやり方です。

0421_002

大きくして見ていただくと何とか判るかな

上臼 下臼とも 刃の幅ぐらいの部分を

叩いてみた

・・・・

叩く前の 製粉結果は(時間700gの投入)

50メッシュ下が 65%で

今回は 76%と 目をつけることで細かくなった

・・・・

目を入れる前

ボリュームで 絞れるだけ絞ると

4分の1ぐらいの回転になる予定だが

実際に 絞ると ヌキミの抵抗などで 止まって

しまった。 連続運転可能な 回転は

2分の1程度 (時間350g)だった

結果 50メッシュ下が 82%となった。

目をつけることで 細かくなる以上に

ゆっくり投入するほうが 細かくなるようです。

実験が待たれるが・・推論すると

目をつけた状態で 時間350gで投入すると

同じ割合で比例するなら 95%の 50メッシュ下が

出来る計算になる。

50メッシュ上の 粗い部分は 茶っぽい

甘皮の様なので そこまで 挽き込めるかは

判らないところです。

0421_008

« 4号 6号電動臼用 そばの実供給装置 | トップページ | 6号の再々生 »

石臼4号」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両刃(超硬付叩き両刃):

« 4号 6号電動臼用 そばの実供給装置 | トップページ | 6号の再々生 »